« チケット予約とか、槇村さとるとか | トップページ | 「読書館」図書リストとか »

2005/05/22

「舞踊館」アップそのほか

 サイドブロックの下の方に、nifty-booksのアフィリエイトを付けてみました。日記の中で紹介した本の表紙くらい見られるといいなと思って。本文中でリンクを貼って見られるようにした方がいいのですが、アマゾンとかだと無闇に(というのは無断で、と同義)貼るわけにいかないようだし、そのためにアマゾンのシステムにわざわざ登録するのも、個人情報の観点からいかがなものかと思ったので。要するに登録する手間を省いたわけです。アマゾンの方がDVDも見られていいんですけどね。とりあえず「参照用リンク」だと思って、「ほうこんな本か」と見てやってください。物によってはレビューがついているので便利かも。そこからお買いあげの方がいらっしゃれば3%だかが収入になるのですが、まあそこまでは(笑)。本当は「読書館」にあった方がいいようにも思うけど…。それでサイドブロックが長くなりすぎると思うので、「ココログ検索」をはずしました。あった方が便利なのかしらん。
 
 「舞踊館」のライブラリに「キーロフ・イン・パリ」をアップしました。シャトレ座で行なわれたフォーキンのガラのDVDです。半分くらい書いてほってあったのを、ダンナが出張に行っているスキに何とかまとめました。彼はバレエとかネットとかのことにあれこれ言わない人ではありますが、家にいる時にDVDなど観ていると「あれは何だ」とか「これはどういう人だ」とか結構うるさいので、集中できないー。いや、普通に考えれば贅沢な言いぐさなのは百も承知ですが。
 
 ちなみに昨日は出勤。異動になってから、前の部署の1年分の残業時間を上回る残業をしている(笑)。前の部署が残業禁止(予算がない)だったからなぁ。今日はオフだったので、煩悩の館のジュンク堂へ。ウズベクとキルギスあたりのことが気になるので、中央アジア史の本を見ようと思ったのだけど、結局ない。あるのはみんな、シルクロード時代ばっかし。ソビエト以降の中央アジアって日本ではマイナーな存在なんだなとつくづく…。頼みのユーラシアブックレットも使えそうなのはないし。結局、チェチェンものと、バードウォッチング用の新刊と、荷宮和子など買って帰る。それでも買っちゃうところが煩悩の館だよなー。チェチェン問題もわかりづらいけど、グルジアはいつ飛び火してもおかしくない関係だし(グルジアといえばニーナとゼレだし)、モスクワはじめロシア自身がチェチェン帰還兵問題(帰還兵の精神的問題による暴力事件とか)を抱えていて、起きていることだけでもきちんと見たいと思うのだけど、なかなかそこまで手が回らないのが実情。うーん、1日が30時間くらいあればいいのにといつも思う。

|

« チケット予約とか、槇村さとるとか | トップページ | 「読書館」図書リストとか »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「舞踊館」アップそのほか:

« チケット予約とか、槇村さとるとか | トップページ | 「読書館」図書リストとか »