« niftyってやつぁ再び。&鳥恋し | トップページ | チケット予約とか、槇村さとるとか »

2005/05/17

辺野古では

 日曜日、ダンナが辺野古から戻ってきました。その成果がここにアップされることがあるのかどうかは微妙だが…。そして、留守中にあれもやらねば、これもやらねば、あれも観ねば…となっていたことは、ほぼ何一つ終わらなかった私であった。あはは。
 その辺野古です。11日、女性ダイバーが業者から暴行を受けています(こちらの記事で読めます)。潜水中に足を引っ張り、フィンを脱がせ、シュノーケルの口(というのか? 水面に出る方の口)を手でふさいだとのことです。以前も、潜水中のダイバーに対し、ウェイトを外す、レギュレーターに手をかける、といったことがなされています。一体、何を考えているのか。
 16日の現地からの電話では、やぐらを組むための単管(鉄パイプみたいなものだと思えばいいのか)を投げ込み、それを反対派のダイバーが海中に拾いに行く、持って上がってきたところを狙って別の方向に投げる、ということを繰り返しています。「まるで犬にフリスビーを投げるように、楽しそうにやっている」とのことです。フリスビーというよりも、まさに「取ってこい」。全文はこちら。もしも1台でもマスコミの船がいれば、こんなことはしないでしょう。報道されることがすべてではありません。報道されることがすべて正しくもありません。土曜日だったでしょうか、NHK教育で、サンゴ礁の特集番組(科学番組)を放映していました。サンゴ礁の生態系がいかに地球にとって大切なものであるかを検証し、強調した上で、「日本は先進国でも数少ないサンゴ礁を持つ国なのだから、積極的に世界に訴えて行かなくてはいけない」と締めくくられました。世界どころか、政府に訴えてみろよ、と思わずテーブルの上に突っ伏しました。その貴重なサンゴ礁で起きていることを、お前ら、報道する気があるのか。ええ、もちろん、ないよりあった方がいいですよ、こういう番組は。ちなみに、かりゆしウェアの好きな沖縄通のジャーナリストがキャスターをしている番組は、19日(木)に特集を組むそうです。要チェック!

|

« niftyってやつぁ再び。&鳥恋し | トップページ | チケット予約とか、槇村さとるとか »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 辺野古では:

« niftyってやつぁ再び。&鳥恋し | トップページ | チケット予約とか、槇村さとるとか »