« 「ライフ・イズ・ミラクル」駆け込みで観る | トップページ | コンベンションセンターの思い出 »

2005/08/28

「戦国自衛隊」アップ&ロホのマノン

 「映画館・MOVIE」「戦国自衛隊1549」をアップ。観ている最中に震度4の地震があった映画として心に残りますわー(笑)。
 
 台風が来ていたせいかどうかはわからないけど、台風が近づいた頃から歯が痛くて痛くてしょうがない。もう、ものを噛むと浮いているのがわかる程痛い。昨年歯医者に通って神経を抜いたところと、その隣の歯で「すごく痛いんですけど」と訴えたのに「知覚過敏ですからしょうがありません」と言われたところ。台風がいなくなったのにまだ痛い。しょうがないから痛み止めを飲んでるけど、それでも結構痛い。ううううううう。
 
 「ダンスマガジン」最新刊購入。凄い表紙だ。いや、特に凄くないのかも知れないけど、いつものスタジオ撮影ではなくて舞台撮影を表紙にすると全然違って見えるということね。ロホのインタビューで「デ・グリューは偽善者だと思う」というのを読んで、最終幕のマノンとデ・グリューの「心のつながらなさ」は確信犯だったのかと思った。っていうと、全体から浮いて見えたテューズリーのデ・グリューも、「浮いて見える」意味があったということか。自分がレポを書いた後にこういうインタビューを読むと「答え合わせ」をしている気分になるな(笑)。ロホの考える「マノン」の物語は受け入れる/受け入れない人がいると思うけれど、こういう読み込み方は結構好きだ。実際にそれを舞台でやるのはチャレンジャーだと思うけど。「マノン」にしろ、「バヤデルカ」にしろ、「そうして最後に二人は愛を確かめ合ったのでした」で終わるのは美しいし、そう終わって欲しい人が多いだろうが、それだけでない舞台も私は割に好きだ。ひねてるだけかもしれないけど。いずれにせよ、ロホは今後も追いかけて観たい……ていうほど来日しないだろうなぁ(涙)。
 
 リンクページの素材関係コーナーに「月の歯車」さんを加えました。散々お世話になっておきながら今頃……(汗)。主にバレエページのライン(というかバナー)をお借りしています。リンクバナーもこちらの台を使わせていただいています。幻想系と和風とでなかなか使いやすいです♪ 

|

« 「ライフ・イズ・ミラクル」駆け込みで観る | トップページ | コンベンションセンターの思い出 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 「戦国自衛隊」アップ&ロホのマノン:

« 「ライフ・イズ・ミラクル」駆け込みで観る | トップページ | コンベンションセンターの思い出 »