« 証明の耐えられない軽さ? | トップページ | 「プライド」アップ&芸術劇場とか »

2005/10/08

アッサンブレ通信が来た。

 アッサンブレの通信が来た。原稿2本+週末校了2本を抱えていても、こういうものが来ればついつい丹念に読んでしまうのだった(笑)。ってただの逃避か。
 
 恒例初役舞台裏コメントは花盛り〜。今回多かったもんなぁ。表紙(4ページだが)からして、大嶋さんと古川さんの初役インタビュー(「M」の聖セバスチャンと「Ⅳ」)。木村さんの「スプリング…」も初役だったのか。途中で背中を強打して呼吸困難になったそうで。気付かなかったっす。ギエムプロまでにスタミナつけてね♪  高村さんのフロリナ初役も意外。「牛」の由賀子さんは、やっぱり楽屋でモジ男くんをやったらしい(笑)。こちらも初めは通しができないほどハードだったとか。中面のインタビューは飯田監督で、やはり「M」の思い出など。あの頭はベジャールの薦めで「Ⅳ」のために剃ったそうで、その辺りも「へえ」なのだった。確かに「ドンの最後のボレロ」の映像だと前髪前線負けいくさ、という感じだもんな。それでもかっちょいいけど。「M」は初演キャストの性格を振付にかなり反映させてあるそうで、それも楽しみ(Ⅲの性格が木村さんの性格なわけだな 笑)。次にやる時は(5年後?)、初演キャストはいなくなってるかもしれないものね…。あとは友佳理さんが小学校で「あきらめない!」というタイトルで講演した(すごい説得力があるな)とか、吉岡さんがベルリンに客演する話や、中島さんが「ターザン」に出たり、水香ちゃんの「マキア」の連載が新しくなるくらいかな。そういえば「ユカリューシャ」のDVD情報はなかったな。

 だらだら筑紫の番組など見ていたら、マッキーが「ヨイトマケの唄」を唄っていた。か、軽い! なんてこったい。美輪サマのドス声でないと凄みがないなー。美輪サマはノン・ヘテロの私にとっては「大先輩」だからなー。
 

|

« 証明の耐えられない軽さ? | トップページ | 「プライド」アップ&芸術劇場とか »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アッサンブレ通信が来た。:

« 証明の耐えられない軽さ? | トップページ | 「プライド」アップ&芸術劇場とか »