« 文字化けとかニキヤとか | トップページ | 証明の耐えられない軽さ? »

2005/10/01

小遣い稼ぎ&エフセーエワのインタビュー

 だいぶ涼しくなってきたので、自転車こいで小遣いかせぎにブックオフへ。私の分が30冊で1440円、ダンナの分が20冊で1500円。私の方はほとんどマンガだからしょうがないなー。で、本日のブックオフでのお買いあげは
 山岸凉子 テレプシコーラ第7巻 400円
 市川ジュン 茗子センセーション 350円
 同 朱の群れ 350円
 新潮新書 天皇家の財布 350円
 講談社文庫 戦争広告代理店 300円
 新潮文庫 禁色 450円
赤字だ(笑)。
 「禁色」は月末の「M」の予習用。「M」でモチーフになってる三島作品で読んでないのはこれだけなんだけど、月末までに読み終わるとは思えない厚さだな(笑)。
 市川ジュンはちょっと教条的フェミニズムになりかけて鼻につくときもないではないのだけど、その辺りの潔さも含めて割と好き。大河ドラマの「陽の末裔」はなかなかのものだけど、外伝の「洋食シリーズ」の方が好きだな。「朱の群れ」はちょっとだけ後日談ぽいのが入っているもよう(まだちゃんと読んでない)。お気に入りのかの子さんと操さんが、ちょっとだけでも出てくるのが嬉しい♪ 絵柄はちょっと柴田昌弘に似てるのかな。
 
 マールイの冬公演でシヴァコフの「くるみ」! という情報をいただきました〜(いつもありがとうです♪)。ソースはe+のエフセーエワのインタビュー、ということで早速見てきました。エフセーエワとステパノワのインタビューですね。エフセーエワは12秒ほどの動画つきですが、ISDN不対応なので、うちではすごいブツ切れ。なんだか大人になったというより痩せちゃったな、エフセーエワ。バレリーナとしてはいいのかも知れないけど、むちむちなエフセーエワも好きだったのになぁ。いやいや、インタビューの話だった。その中に「くるみのパートナーがシヴァコフに変更になった」というくだりがありました。えらいぞ、エフセーエワ! というわけで「くるみ」1枚お買いあげ〜♪ あ、ということはカヴァリエは見られないのか(笑)。元のパートナーは誰だったんだろう…。ルダコ?

 ↑をアップしてから、「パートナーって、カヴァリエじゃないよな?!」と自分ツッコミ。ていうか、そもそもシヴァはカヴァリエ要員だったわけだから「変更」にはならんもんなぁ。光藍社さん、早いとこ正式発表を〜!

|

« 文字化けとかニキヤとか | トップページ | 証明の耐えられない軽さ? »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小遣い稼ぎ&エフセーエワのインタビュー:

« 文字化けとかニキヤとか | トップページ | 証明の耐えられない軽さ? »