« バヤデルカ初日 | トップページ | あまりにもシヴァコフな最終日 »

2006/01/31

バヤデルカ、アップしました

 「舞踊館・BALLET」にマールイことレニングラード国立バレエの「バヤデルカ」をアップしました。ああ、くたびれた。
 結局、28日に持って帰っちゃったアンケートは、29日にも持っていって持って帰って来ちゃったよ…orz。だめだ、こりゃ。
 
 基本的には「エフセーエワはたいしたもんだ!」です。「バヤデルカ」という演目は、好きだけれどどこかで楽しめないんだよねぃ。プティパ時代の在ロシア・フランス人に何をいってもしょうがないのだが、そして何か作り替えろとかも思っていないのだが、「ドンキ」が「どこのバルセロナだよ(笑)」というのと、「バヤデルカ」が「どこのインドだよ」というのは、明らかに意味が違うからなぁ…。ちょっと言いたくなかったことも書いてあります。予防線は張ってありますので、……っていって、帰る人がいるのかしらね。まあたいしたことじゃないです。私的にはたいしたことだけど。
 
 そのほかにも言いたいことはいろいろあるけれど、頭がうごいていないので、しょーもないツッコミだけ。
 2場でラジャの宮殿の壁にかかっている「婚約者の肖像画」。あれはソロルが、ルジマトフでもシヴァコフでもプハチョフでも、あれなんだろうか(笑)。プハチョフの面が悪いとは言わないし(結構好きだ)、とはいえ3人全部一緒はムチャだよねぇ。ルジマトフの肖像画を見せられて、ヴェールをとったらプハだったら…。いや、夫にするならプハの方がいいような気はするが。こういうことはいわゆる「お約束」なので、ツッコむ対象ではないのだが、毎回気になっちゃうのさ。でもダンサーによって掛け替えていたら、それはそれでオカシイやね。

|

« バヤデルカ初日 | トップページ | あまりにもシヴァコフな最終日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バヤデルカ、アップしました:

« バヤデルカ初日 | トップページ | あまりにもシヴァコフな最終日 »