« 使えないもの、いろいろ | トップページ | マラーホフBプロ、アップしました »

2006/03/09

さくっとマラーホフ

 「マラーホフの贈り物」Bプロに行って参りました。例によって詳しくはのちほどですが、さくっと。
 
 私的にいちばんだったのは、アレクサンドロワとフィーリンの「ライモンダ」。男前で孤高で女王がツボの私としては、まったくのダークホースだったアレクサンドロワにやられてしまいました(笑)。フィーリンもさすがだー。前の人の頭であの脚さばきが全部は見られなかった(1/3くらい隠れた)のが心残りだわ。
 シュピレフスキーは悪くないのだけど、確かにセミオノワと組むと分が悪いな。ラカッラはアゴンもよかったけれど、とにかくジュリエットが可愛らしくて、全幕で見たいくらい。マラーホフとケントのラシルは、無性に可愛くて幸せいっぱい。だけど考えたらエチュードの途中でシルフのシーンがあるのだから、何もBプロでやらなくてもよかった気も(笑)。
 そのエチュードはやっぱり体力勝負だー。中締め(コーダの練習の後)はもう、スタミナ勝負というか。これ1演目で45分もあるし、細かいシークエンスの積み重ねなので、初見の人は覚悟がいるかも。でも2年前よりはだいぶ上達していて、ホッ。大将、リリーフお疲れさまでした。
 
 そんなわけで、ボリショイの追加を本気で考え中。で、フィーリンとアレクサンドロワどちらを取るか。これ以上ゴールデンウィークに予定を入れるのは無理っぽいので「ファラオの娘」を取ろうと思ったのだけれど、フィーリンとザハロワの日は売れていたようだし。アレクサンドロワは役を選びそうな気がするけど、彼女の「ファラオ」はどんなだろう? と迷って、会場売りは買わなかったのだけど、どんなものかしらん。つか、ジゼルの時に買えばいいや、と思ったのだけど、私の行く神奈川でも会場売りが出るだろうか…。ちょいと心配。
 
 それにしても「巻き毛の男性」全般が鬼門になっていたとわ……orz。恐れ入谷の鬼子母神。

|

« 使えないもの、いろいろ | トップページ | マラーホフBプロ、アップしました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: さくっとマラーホフ:

« 使えないもの、いろいろ | トップページ | マラーホフBプロ、アップしました »