« パイの皮のような決意 | トップページ | マールイ日程&スリッパを履いた薔薇 »

2006/03/21

フィーリンのジゼル、アップしました

 「舞踊館・BALLET」東京バレエ団「ジゼル」ft.フィーリンをアップしました。例によってネタバレバンバンですので、これから東京の舞台をご覧になる方は、その辺を考慮して見てから読むか、読んでから見るか、よしなにー。
 
 大雑把に言うと、子どものような娘と、洗練されたプレイボーイと、野暮な幼なじみ、というジゼルでした。本来的ジゼルの王道なはずなのに、一人逸脱してるのがいるから……(苦笑)。今回のヒラリオンは「幼なじみだし青年団長だから、お母さんからは将来の婿(候補)として信頼を得ているが、ジゼルがあまりに子どもっぽいので手出しもせずに待っていたら、どっかからきた偉そうなヤツに取られちゃったよー」バージョンとでもいうか。ま、ヒラリオンの方はいくつかのパターンを組み合わせつつなので、東京でどうなるかはお楽しみ(私は見に行けないんですけどね……。だって年度末だもの)。ヴィシ+マラーホフの時も、DVDになった初日と私が見た2日目とではかなり違えていたようだし。以前「アッサンブレ」の通信のインタビューで、「ヒラリオンはすごく体力を使うので、ゲネではなるべく感情を入れないようにやっている」という趣旨のことを言っていたのはよくわかりますだ(笑)。マールイの「白鳥」を見に行ったときも思ったけれど、4時開演だと、中華街で夕飯食べて帰るのにちょうどいい時間なのになあ。
 今回ダブルキャストなのは、バチルド、ミルタ、ドゥ・ウィリのみ。東京では順に浜野香織、井脇幸江、小出領子+長谷川智佳子(敬称略)になるそうです。今の東バに足りないのは老け役だな……(母の人は確か客演)。

|

« パイの皮のような決意 | トップページ | マールイ日程&スリッパを履いた薔薇 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: フィーリンのジゼル、アップしました:

« パイの皮のような決意 | トップページ | マールイ日程&スリッパを履いた薔薇 »