« プリマダム6回目 | トップページ | 雨が降ったのでランキンを買った »

2006/05/19

「男たちの大和」アップしました

 「映画館・MOVIE」「男たちの大和/YAMATO」をアップしました。
 当時、母の家が三田尻にあったので、伯父(肋膜で徴兵猶予だった)は大和が出航するところを見たという話だ。まあその後「宇宙戦艦ヤマト」にはまりまくったこともあって、「大和」というのは何となく、近い気分はある。そんなわけで、高校の感想文課題図書(5冊くらいの中から1冊選ぶ)で、「戦艦大和ノ最期」を書いて文集に載せられたりした。「大和」を選んだのが、1学年250人強の中で3人しかいなかったのだと記憶している(女子校だからね。この映画よりよほど面白いし考えるところも多いので、これはぜひ読んでみてください)。
 まあそんなことはどうでもいいのだが。

 ある一定層の「大和びいき」がいるのは事実で、おそらくそれは「滅びの美学」とやらが支えているらしい。だけどその「滅びの美学」とやらのおかげで殺されてしまった3000人(とそれに連なる人々)にはいい迷惑だ。「国」の存在意義が「国民を守る」ためにあるのだとするならば、「国民」に犠牲を——しかも「命」という犠牲を——強いる「国」など存在する意味がない。「国のために命を捧げる」という言葉は、一見美しいようだが、大きな矛盾をはらんでいる。そもそも「国」とは何か、それは「郷土」とはどうちがうのか、明確に説明できる人が、今の「愛国心」論議をしているだろうか? 「国」とはどのように定義しようとも、政体を含んだ国家そのものだ。それは「郷土」とはまったく違う。「愛国心」と「郷土愛」の間には、14万8000光年以上の距離がある。
 何度でも確認しよう。「身捨つるほどの祖国」など、ありはしないフィクションなのだと。

|

« プリマダム6回目 | トップページ | 雨が降ったのでランキンを買った »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101065/10145124

この記事へのトラックバック一覧です: 「男たちの大和」アップしました:

» NO.142「男たちの大和/YAMATO」(日本/佐藤純彌監督) [サーカスな日々]
集中砲火を浴びる大和が、 伝承したかったことはなんだろう。 小さい頃、父の書斎にあった一冊の写真記録集。横長のアルバムサイズで、海軍の太平洋戦争の記録であった。日本の連合艦隊をはじめ、主たる戦艦は、巡洋艦クラスまで収められていたが、やはり旗艦「大和」と姉妹艦「武蔵」は、圧倒的な威容を誇っていた。 「菊の御紋」が入ったような特別装丁の本で、上質のアート紙を使い、1頁ごとに、パラフィン紙が挟まれてい�... [続きを読む]

受信: 2006/05/26 19:03

« プリマダム6回目 | トップページ | 雨が降ったのでランキンを買った »