« プリマダム最終回ほか | トップページ | ラスプーチン、書き足しました »

2006/06/24

プルートで朝食を

 夕方に銀座に行く用があったので、ついでにシネスイッチで「プルートで朝食を」を見る。「60〜70年代のアイルランドとロンドンを舞台に、母探しをするゲイ」という紹介文だけを頼りに行ったので「だいじょぶかなー」と半分心配しながらだったのだけれど、なかなかに良い映画でした。まあありがちな感じはしないでもなかったけどね……。でも、後味は悪くないし、この間言っていた「ゲイに対するイデオロギー」の件でも、いろいろと思いついたこともあるので、おいおいに書きたいと思います。なにより主演のキリアン・マーフィーが東バの後藤さんに妙に似てて(笑。公式サイトの写真だとイマイチ似てないかな)。いや、すっごくきれいなのよ、もちろん。でも途中まで(髪をブロンドにするまではダークブラウンの巻き毛なのだ)、「後藤(兄)が女装するとこうなるのかー」と思いながら見ちゃったりして(笑)。青い瞳がすごく澄んでいて、素敵でした。それとその親友のルース・ネッガがまたよかったな。この二人の女同士の友情が泣かせるの。この時代のグラム・ロックに詳しい人ならより楽しめると思うのだけど、ビートルズ以外の洋楽に弱いんだよな(メタルやってたくせにね)。

 で、空いた時間で有楽町のビックカメラへ。お目当てはMacの無線システムのステーション。「これ、ISDNで使えますか」「使えません」「ISDNで無線化するとすれば……」「ISDNで無線化はできません」。きっぱりわかりやすい説明をありがとう……orz。「ダイニングで仕事」から脱出するためには、有線でルータを自分の部屋に引き込むしかないのね。そうとわかればがんばってみよー(ステーション買うより安くは上がるだろうし)。それよりひかりを導入すべきだというのはわかってるんだけど、管理会社との交渉がめんどくさいしな(←こういう態度がよくない)。つうか、ひかりのあるところ(で今より広いところ)に引っ越したい……。

 

|

« プリマダム最終回ほか | トップページ | ラスプーチン、書き足しました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101065/10665318

この記事へのトラックバック一覧です: プルートで朝食を:

» Γプルートで朝食を」主人公に慣れるのに時間がかかる [soramove]
Γプルートで朝食を」★★★ キリアン・マーフィ 、リーアム・ニーソン主演 ニール・ジョーダン 監督、2005年、アイルランド イギリス へドウィックは、歌で激しい「生」を表現したが、 この映画の主人公は、生き方自体が 世間との戦いのようだ。 女の子に生ま...... [続きを読む]

受信: 2006/07/22 10:40

« プリマダム最終回ほか | トップページ | ラスプーチン、書き足しました »