« 東バブログ&全幕プロキャスト | トップページ | もう一度だけ、殺伐とした話題 »

2006/07/09

A Young Father's Song

 まだマールイの冬公演の最中だったから、もう半年も前だという恐縮な話。

 例によってタワレコをぶらぶらしていたら、懐かしい歌が聞こえてきた。
 ♪ I love you my boy, be a great man, be a tall man

 ちょっと待て。そんなはずがあるか。立ったままでしばし神経を集中させる。「あの曲」なら最終部にスキャットが来る。
 間違いない。こんなスキャットを歌う男性は、世の中に一人しかいない。慌ててカウンターに駆け込む。「今かかっている曲のCDはどれですか」。お兄さんが連れていってくれたジャズの棚に、あった。

 丸山繁雄「A Young Father's Song」

 まさか復刻されるとはなー。もっともその日は買わずに帰り、買ったのは3月も過ぎてから。

 ジャズを聴いている人でも丸山繁雄を聞いている人は少ないだろうと思ったのだが、最近は九州あたりのクラブで彼の代表作「I Sing Samba」(通称「丸山サンバ」)のリクエストが多く、復刻されたらしい。

 丸山繁雄。ジャズボーカリスト。いちばん有名なのは「♪シントミゴ〜〜ルフっ」の音ロゴだったりする(古いうえに関東限定か)。私が大学のビッグバンドに在籍していた時に、ちょうど彼とバンドが契約し、「丸山繁雄酔狂座」として共演していた。もっとも私はC年でジュニアだったから、バンドボーイと、運が良ければパーカスを少し、といった具合だったが、おかげで望月英明だの井上淑彦だのすっごいメンバーを目の当たりにできた。 
 とにかく何でも歌う。歌詞なんかいらない。「処女航海」だろうが「マイルストーン」だろうが、何でも「ダバディヤバ」で歌ってしまう。その頃はちょっとつぶれたようなダミ声のイメージだったが、この復刻されたCDはそれより何年か前に収録されたもので、すごくのびやかな声をしている。「本人か?」と一瞬思ったのは、古い曲だから、というばかりではない。本当にどこまでものびていくような、なんとも形容しがたい声。

 ラインナップはこんな。
Sprin Bargain 〜 Introduction
A Young Father's Song
Lonely Town
I Sing Samba
Taro The Cat
Malaika
Here There and Everywhere
 
 「丸山サンバ」は彼のもっとも有名な曲で、真骨頂。ソロまわしも最高。「A YOUNG FATHER'S SONG」は、彼の息子が生まれた時に作った曲で、「パパイは貧乏で歌うしか能のない男だけど、お前は大きな男に育てよ」というもの。明るくて、ノリノリで、いいんだよなー。彼はこの手の「家族ソング」が結構あって、「ラグビー組曲」の中の名曲「YU-YU」も息子へのララバイ。「ゆうゆうばっかりー」という娘のために「Rieのサンバ」という名曲も作った。このアルバムの「Taro」は猫だし(笑)。
 このアルバムでは「MALAIKA」がいちばん好き。アフリカ音楽を使ってるのだけれど、聞く時によって海だったり、平原だったりするイメージは、どこまでも広がっていく風景。そこで朝日が昇っていく。ベースが入ってくるまでのボーカルソロが長いんだけど、そこからがいいんだよなぁ(苦笑)。ちょっとだるいんだけど、のびやかで、ゆったりとしていて。

 私が聴いた中でいちばん好きなのは「真夜中のカウボーイ」の主題曲。主題歌(「うわさの男」)じゃなくて、主題曲の方ね。望月さんのベースのイントロが最高だったな(←結局望月さんのファンなのか)。彼のウッドは渋くていいのー♪
 というわけで、「ラグビー組曲」ともども、どこかで復刻していただけませんかねー。「ラグビー組曲」も「カウボーイ」も、当時ライブハウスで録音した(しかもラインじゃなくて「実況」)びよびよのカセットしかないのだけど、今聴いても名曲だわ。確か「組曲」は一度、全曲が発売されたはずだし。……ま、ジャズ聞き慣れていても、引く人は引くけどな。確かに。

|

« 東バブログ&全幕プロキャスト | トップページ | もう一度だけ、殺伐とした話題 »

コメント

「A Young Father's Song」の評と懐かしいお話、
とてもうれしく拝見しました。
ありがとうございます。今はどうしていらっしゃるのですか。きっと立派な社会人でいらっしゃることでしょう。お会いしたいですね。

投稿: 丸山繁雄 | 2011/04/11 19:35

わお! コメント、ありがとうございます!
お元気でいらっしゃいますか。
84年のGroovy Sounds Jazz orch.のジュニアのベースで、
早稲田の仮設テントの時は、シェイカーを振ってました。
今でもあの巨大ポスター、持ってますよ(笑)。
ご一緒できたのは短い間でしたが、すてきな思い出です。

今は書店の電算室で働いていますが、
たまにピットインに行ったりもしています。
またぜひ、ライブにうかがわせていただきます!

投稿: 綾瀬川 | 2011/04/12 00:38

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: A Young Father's Song:

« 東バブログ&全幕プロキャスト | トップページ | もう一度だけ、殺伐とした話題 »