« 表現する技術……てほどでもないが | トップページ | ダンスマガジン発売日 »

2006/11/26

武蔵野シティに行ってきました

 「舞踊館・BALLET」に、武蔵野シティバレエ定期公演をアップしました。要するに、結局見に行っちゃったのね(笑)。後ろの席だったけど。

 非常に充実したいい舞台でした。楽しかったなー。メインの「ガーシュイン」と創作モダンがすごく力が入っていて、見ごたえもアリ。その分「パキータ」がちょっととってつけたみたいだったけど(笑)。ううむ、「やっぱりクラシックもないとー」みたいな感じだったのかな。パキータ役(木村さんと組んだ方ですね)の女性がとってもすてきでした(詳しくはレポを)。木村さんは「先生」でした(笑)。休憩時間が長く取ってあったので(それでもトイレはすごい行列)、こういう時は回りの声が耳に入るものだけど、「パキータ」の後の休憩で「男の人がすごく美しくてびっくりしたわーー」という声も聞こえまして。心の中でどでかいガッツポーズだっ♪ いや実際、適度に力の抜けたいい感じでしたよ。見てるこちらの力も抜けてたし(笑)。

 「ドナウ」の方は、いまだにふんふん鼻歌うたいながら遊んでいます。そのうち「雑記帳」の方にでもあがることでしょう。

 友達のサイトでいろいろな占いが紹介されていたので、やってみましたよ「のだめ占い」。ちなみに私は峰くん(笑)。てっきり真澄ちゃんだと思ってたわー。

ときに迷いながらも、おのれの道を模索して突き進んでいくあなた。根本的に単純直情的なあなたは、『のだめカンタービレ』のキャラでいうならば【裏軒の峰くん】がぴったりです。基本的にアホですが、単純で熱中的な性格がまわりの人たちを巻きこむムードメーカー的な役割をすることがありそうです。おのれの夢を的確につかむことで、そこに向かってたゆまない努力をしていくことができるでしょう。間が抜けているようでいて、意外とちゃっかりしている面もありそうです。 天賦の才能21%/野心27%/勤勉努力度67%/天然ボケ度100%

 どう評価したものか。
 

|

« 表現する技術……てほどでもないが | トップページ | ダンスマガジン発売日 »

コメント

こんばんは。
武蔵野シティバレエいらしたんですね。レポートありがとうございます。
やっぱりどんな木村さんも見たいなどど思ってしまったり。
パキータなんて東バじゃ見られないですものね。

ウチの「遅ればせながら・・・」の記事を展開して読んでみてくださいませ。注目情報ありです。

のだめ占い、なんと「のだめ」でした。うーむ、意外。でも部分的に当たってるかも。

投稿: ほみ | 2006/11/27 00:36

ほみさん、コメントありがとうございました! もう嬉しくて、嬉しくて。
やる気満々、意欲ばりばりの木村さんが好きだー♪ 
パキータも、見得を切り過ぎない品の良い踊りでした。 
衣装は上下白で、上はそれこそエスパーダ調で、タイ付きでした。
ああ、今日はダブルで幸せ♪

それにしても「のだめ」でしたか。私も部屋はのだめ状態です(苦笑)。月曜の帰りが遅いので、一度も見られないのがちょっと淋しいです。

投稿: 綾瀬川 | 2006/11/27 01:38

はじめまして。
通りすがりのガーシュイン出演者です。
レポ興味深く読ませて頂きました。
伝えたかったことを、丁寧にたくさん汲み取って下さっていて嬉しいです。
出演者も皆で楽しめた作品でした!

投稿: 出演者 | 2006/11/28 17:48

コメント、ありがとうございます! とても嬉しいです。
言いたい放題で申しわけありません(汗)。
違っていることは違っているとおっしゃってくださいね。
踊っている方々の楽しさやエネルギーが、
客席に伝わってきた舞台だったと思います。
素敵な時間を本当にありがとうございました。


投稿: 綾瀬川 | 2006/11/28 22:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 武蔵野シティに行ってきました:

« 表現する技術……てほどでもないが | トップページ | ダンスマガジン発売日 »