« 小節のない音楽のように | トップページ | イメージ、といったところで »

2007/01/31

まだノワールな余韻

 ぼちぼちと「ベジャールのアジア」についても書こうとしてはいるんだけど、何となくなー、もう少し、とぐずぐずしてる。でも木曜にはシヴァコフの白鳥なので(今シーズン最後のシヴァだ。くすん)、それまでにはなんとかしなきゃ、な。ううむ、この濃ゆいノワールな嵐の後で、どうやって「白鳥の湖」を見ればいいんだか(笑)。「アジア」の方は2月半ばにでもしてくれれば、もう少しバランスがよかったんだけどなー(←わがまま。でも、立て続けに4日、ていうのももったいないやん)。どうせなら「カブキ」を日曜マチネ、公演時間の短い「アジア」は平日夜7時から、とかにしてくれれば勤め人にも楽だったんだけど。「アジア」の方は東京都の芸術祭かなんかがらみだから、そうもいかなかったのかな。

 東京バレエ団の公式ブログが久々に更新。カブキとベジャールのアジアの楽屋風景。井脇さんの「白塗り教室」の様子や、リハ写真など。伴内の高橋さんがすてきだー♪ 後藤さんもかわいい。井脇さんと木村さんのツーショット……。ジャージ(?)に師直メイクの木村さんが激コワ(笑)。井脇さんはあんなに可愛いのに。「即興コント」の中身が気になるー。

 でもまあ、なんのかんの文句をつけたりもしてるけど、4日間も(シリーズでいうと6日間まるまるも)ベジャールを踊る木村さんを見られたのは幸せだよなぁ。欲を言えば切りがないけど、全日舞台に乗ってくれただけでも。あと1日ボーナスのような荒川公演があるし。大好きな人を大好きだと思えることほど幸せなことはないかも、と思う今日この頃(←煮詰まってるなぁ)。4月にもたくさん見られるといいなあ。頼んます。

 そうそう、討ち入りのあとの「判官の亡霊」は、写真をあれこれ見る限り、高岸/後藤のうち、由良之助じゃない方がやってるようだ。今回もそうだったのかな。何しろ判官本人は討ち入っちゃってるし(笑)。そうすると、高岸さんのいない荒川公演はどうするんだろ。まさか師直自ら首持って歩くのか? (……魔界転生だな、それじゃ。ははははははははは ←ネタが古い)

【次回マールイ公演】
「ジゼル」
1月31日 (水)18:30開演 東京文化会館 ルジマトフ、シェスタコワ
「白鳥の湖」
2月1日 (木)18:30開演 オーチャードホール ペレン、シヴァコフ
「バヤデルカ」
2月3日 (土)15:00開演 オーチャードホール ルジマトフ、ペレン
2月4日 (日)15:00開演 オーチャードホール ルジマトフ、シェスタコワ

マールイの冬シーズン、終了。さびしい〜。

|

« 小節のない音楽のように | トップページ | イメージ、といったところで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: まだノワールな余韻:

« 小節のない音楽のように | トップページ | イメージ、といったところで »