« ロマンティック・バレエ・シリーズ | トップページ | モバイルなバレエ »

2007/03/11

「春と秋」と芽キャベツ

 えーと。昨日、給湯器は無事に交換され(噂のP社製からN社製に変わった)、1週間ぶりにお湯が出るようになりました。いやー、文明の有り難みを感じるよ(笑)。

 昨日の昼、メンバーが風邪で倒れたので作業延期、との一報があったのでのんびりしてたら、夜になってからいきなり「熱が下がったから通常作業」とのメールが……。おかげで2時間半しか寝てません(笑)。性格的に「仕事が終らないと寝られない」タチなんですね。翌朝起きてやるんじゃ間に合わないかもしれない、というのがイヤなのさ。危うく、ルグリ先生の時間まで起きてるところだったよ。

 さすがにそこまでは起きていなかったけど、起きたのはルグリ先生の終った時間(笑)。今回は無事に録画できていたよ。ああよかった。だもんで、ビデオからDVDに落としつつ眺めてみた。……「スプリング・アンド・フォール」というのは、生の舞台で、五楽章通しで観るから面白いんだなーと、思いましたよ。元々いちばん好きなのは一楽章だけど(音楽も振りも)、四楽章のデュエットも、舞台で見た時はドキドキだったんだけどなぁ。三楽章の最後、男性ソリストが主役の男性の背中だか肩だかを女性の方にぽん、としていくのが好きなんだけど、そういう全体の流れとそれぞれのソリストの位置づけみたいなものが面白いのかもしれないな。もちろん、振り自体もきれいなんだけど。……「ユカリューシャ」に収録されなかったのが、いまだに未練だ(涙)。
 ルグリ先生の指導はとにかく「正確に」。体の向きも、音の取り方も。その上で「自分の世界を創りあげること」。振りを越えた何かを、肉体が伝えられるかどうか、ということなんだろうなぁ。また舞台で観たいな。

 Pa0_0004_1
さて。土曜日、月に一度とっている産直野菜で芽キャベツが届いた。会社の後輩が「芽キャベツの収穫前の姿を見たことがない」というので写真に撮った。せっかくなのでこちらでも公開。こんな感じなのー♪(クリックすると大きくなります。一緒に写っているタバコは「大きさ指標」ってヤツね)。

 Pa0_0003_3
上から見るとこんな感じ。上もキャベツなのが可愛いでしょ?  でもこのまんま育つと、どういう格好になるんでしょうね?

Pa0_0002_2
 ついでに水菜も撮ってみた。スーパーで売っている水菜って、何をおいても早く食べなきゃ!というくらいすぐに痛みそうな細さなんだけど、ここの水菜は別の植物のようでしょ。しかも花が咲いちゃってるし(笑)。真ん中へんの黄色いのが花。これくらい大きくなると、おひたしよりも、豚肉とばんばん炒めるのがウマイ。うちでは葉物が余ると大概やきそばになります。

 友人の紹介でかれこれ15年近くとってますが、自分の中の野菜の先入観を覆されることも多くて楽しいですよー♪ 箱の大きさで注文し、中身はおまかせなので、何がくるかわくわくなのも長続きしてる原因だな。無理やりでも野菜を食べることになるしね。

|

« ロマンティック・バレエ・シリーズ | トップページ | モバイルなバレエ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101065/14230970

この記事へのトラックバック一覧です: 「春と秋」と芽キャベツ:

« ロマンティック・バレエ・シリーズ | トップページ | モバイルなバレエ »