« ハイ、それまでよ | トップページ | ♪背(びれ)が179 »

2007/03/29

例によってダンスマガジン

 というわけで、今月のダンスマガジン。このところ(今年に入ってから?)、表紙の色味が妙に古くさいような気がする。多分、地(背景幕)の色のせいかと。それとロゴのノセ色。PPかけるとちょっと違うんだけど、この紙質だとな。

 中はまだパラ見です。おー、6月の「ラ・シル」の広告じゃと思ったら、木村さんのプロフ写真の上のところにさりげなく「初主演」の文字が(^^;)。そんなもん入れるかいっ、てんで思いきり笑かせてもらっちゃいましたよ。いや、いいですけど。キャッチは斉藤・高岸組が「あふれる詩情、豊かな表現」。吉岡・木村組が「繊細にして端正、しなやかな魅力」。美佳さんが「繊細」で木村さんが「端正」か。最近は「しなやか」も売りらしいし……。しかし広告ひとつでここまで楽しめるぢぶんって……orz。

 でも広告をばらばら見てたら、やっぱりフェリの引退公演をパスして、グルジア(ニーナの日は無理にしても)に行った方がいいかなあ、という気もしてきたり。大体日程が詰まりすぎなんだよ……ぶつくさ。ルグリもマールイもあるし。夏のボーナスは今度こそ、眼鏡を買わないとなんないし。そういえば、ニーナの広告は1ヶ所だけ、「アンドレい・ウヴァーロフ」になっていたのが妙に可愛かったな。熊さんところの「海賊」は、珍しく熊さん抜きの広告(熊さん抜きの日の広告なのね)。で、この日は「くるみ」に引き続いて、感想文コンテストとか、輪島さんと康村さんの握手会とかがあるそうな。でも「来場者のなかから「海賊」をテーマにしたベストドレッサー賞」って(^^;)。どおゆう格好をしていけばもらえるのか? 「我こそは」って人が受付に申請するのかしらね?

 中はほとんど読んでませんが、ハイデのインタビューと鈴木氏の連載のプリセツカヤとは面白そうです。プリセツカヤとベジャールの77年に撮った写真がいい。ベジャールが若いっ。マラーホフ&フレンズの方では、カレーニョとポリーナの「ディアナとアクティオン」の写真。好きな演目ではないのだけど、この二人だと「無敵」って感じがする。「アリア」ももう一度見たいなー。今年の来日公演は「ニジンスキー」だからやらないだろうな。いやそれよりロビンズの「牧神」が見たいんだがな。ABTの「ファンシーフリー」もぜひ見たいけれども、せっかく「緑のテーブル」をやったなら、「死」の写真も載せて欲しかったっす。スタダンのジゼルレポは、新村さんの写真がないのが残念。

 目玉の(楽しみにしていた)グリゴロ特集はまだちょっとしか読んでいないけれど、グリゴロも今年80歳だったのね。しかも1月2日。ベジャールとグリゴロが1日違いで生まれ出た、っていうのも、そのこと自体に意味があるかどうかはさておき、なんだか面白いっすね。タランダのアブデラフマン(見たいよー)と、ニコラの「イワン雷帝」(見たいよー)の写真がなかなかです。

 広告と写真だけでも結構書くことがあるもんだ(笑)。

 夜中にテレビつけてネットしてたら、いきなり熊さんが出てきたので、慌ててそこらにあったビデオを突っ込んで録画。踊ってる熊さんを見るのはあまりないんだけど(トーク番組では時々見るんだけどね)、「ああなるほどなー」と思いました。跳ぶ、回る、ぶれない、早い。だけど私の好みではないな、と。なんか忙しいんだよな。ラコットの振りが忙しいのとはまた別の意味で。あれを踊れるのは相当のテクだというのはわかるけれど、熊さんのためにあの料金を払うことはないだろうな。ガラかなにかで簡便に見られれば見てみたいけど、そういう機会もなさそうだしなぁ。熊さんの出ない低価格の日については、無理のない範囲で行ってみたいのだが。


 

|

« ハイ、それまでよ | トップページ | ♪背(びれ)が179 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 例によってダンスマガジン:

« ハイ、それまでよ | トップページ | ♪背(びれ)が179 »