« ダンスマガジン今月号しょにょ1 | トップページ | ジゼル、放映終了 »

2007/03/03

ダンスマガジン今月号しょにょ2

 ついつい、明日のためにというわけではないが、マラーホフの「ジゼル」のDVDなど見てしまうぢぶん。で、ついでにこれも「大画面対応仕様」だったことに今ごろ気づいているぢぶん(笑)。うーむ。パソコンで見るとテレビ(15インチブラウン管)より画面が明るいから、後ろの面々の演技まで見えて面白いなー。地デジになるまで今のテレビで頑張るつもりなんだけどな(笑)。

 さて、ダンスマガジンの続き(←久しぶりに真面目に読んでいる)。越智久美子さんのインタビューもなかなか面白かったな。生で見る機会はないのだけど、なかなかすごい人ですね。冷戦下のバレエ状況というのは前から興味を持っているテーマであるので、こういうインタビューなどから抜いていくと、面白いものが見えるんじゃないかと思うんだけど、なかなかそういう暇がない(笑)。しかし、越智さんとこくらい老舗のカンパニーでも、プリマに関しては「育つのを待っている段階」になっちゃうのか……。

 BBLのベジャール誕生日特集。あのペンギンの写真は何かと思っちゃった(ぶっちゃけ、ぴっころかと ^^:)。「ダンサーの生涯」はいかにもベジャールな感じ(最近こういう再構成ものが多いなぁ)だけど、やっぱり見たいねー。それよりも「眠りの森のチェーホフ」はぜひ! 次の来日(いつだよ)には持ってきて欲しいけど、日本ではもうチェーホフは流行んないかな(私もそれほど読んでるわけじゃないし)。

 東バベジャールシリーズ特集。役人のキメ写真が見慣れたものより数段イイ!気がしたので、チラシのと見比べてみた。ちょっとした角度なのかなぁ。もちろん舞台写真というのは動きを切り取っていくものだから、どの瞬間を抜くかで見た感じがずいぶんと違うものではあるけれど。それでも今回の方が数段イイ顔。それにしても本当に人民服の似合う人だなー(笑)。火の鳥の冒頭も一人だけ八路軍みたいだもんな(^^;)。役人がもう1枚、師直が1枚でなかなか大盤振る舞いだけど、投稿欄の写真がいちばん好きだったりする。もちろんキメシーンの写真は欲しいけど、こういうちょっとはずしたカットの方が、舞台の雰囲気は伝わってくる。平野くんの目つきもすごいし、古川くんの表情もいい。それにしても古川くんの大腿、凄過ぎ(笑)。木村さんより太いんでないか? カブキの方は、とにかく判官の平野くんがやたらと色っぽい。切腹の最中とは思えない色っぽさだよ。どうもこの人も最近、色気とすごみが出てきたような気がする。

 その平野くんが「New Dancer's File」の方へ登場(まだだったのね)。公式サイトの方に「ザ・カブキ」「火の鳥」「ドンキ」の衣装で撮影とあったので、妄想がいろいろと……(笑)だったのだけど、順当に判官とパルチザンと闘牛士。判官そのポーズかなあ(←瀬戸さんに文句つけるわたくし)。パルチザンの写真はデカイだけあっていいね。ああっ、見たいよぉ。平野くんのパルチザンで木村さんの火の鳥(←平野くんのフェニックスならさらによし!)。なんで日本でやってくんないかなー。この秋のギエムツアーでは絶対やって欲しいよな。

 それはおいといて(笑)。「ドンキ」の衣装で撮影、というので、いくらなんでもロレンツォじゃないだろうと(着替えに時間かかりすぎるしー)思って、もしやエスパーダか? とちょっと妄想したわけです。そろそろ来てもおかしくないしね。以前も書いたけれど、木村さんの持ち役は、これからは平野くんと大嶋さんとで分ける感じになるのではないかと思っているので。平野くんに大きい役が来るのは嬉しいし、そこで木村さんの登板が減るのは淋しい(←特に今は絶好調だからな)。ま、よくあるジレンマではある。

 なにがどうあれ、ファンとしては、ひとつひとつの舞台を大切に見続けていくことしかできないんだけどね。

 そんなわけで、
「ジゼル」放映
 3月4日(日)10:20〜12:15 NHK教育テレビ(芸術劇場)

 です。ぎりぎり120分で録画できますな。って、前にルグリのインタビューとかついてるのか? すると120分超しちゃうの? 尻切れになるのはサイテーだし。ううむ。

 どうぞお忘れなくー♪
 

|

« ダンスマガジン今月号しょにょ1 | トップページ | ジゼル、放映終了 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ダンスマガジン今月号しょにょ2:

« ダンスマガジン今月号しょにょ1 | トップページ | ジゼル、放映終了 »