« パスネット…… | トップページ | ゆうぽうとの座席の想い出 »

2007/04/25

軽やかに美しく踊る者は……

 読者層が違うからここに書いてもしょうがないんだけど、ミニコミの方のサイトがサーバーダウン中です。ホストがバージョンアップをしようとして失敗したらしい。もう5日も落ちてるんですけどー……orz。この忙しい時にっ!

 都さんの番組は……寝過ごしました。あんな時間でも寝過ごすヤツっているんだよ(笑)。夕飯の後に「ちょっと横に」はやめるべきだな、うん。まあ再放送があるさ。

 で、今日は寝過ごさずに「踊れ、グローズヌイ!」を観てきました。アテネフランセにしては人が入ってたんじゃないかな。

 とても美しい映画です。2002年製作なので状況的にはやや古いですし、ドキュメンタリーといっても「解説映画」ではなく、状況についてわかりやすいかというとそういうわけでもないので、林克明さんの事前解説は確かに必要だったかも。ヨーロッパではチェチェン関連のドキュメンタリーはいくつも作られているそうですが、これは林さんがいちばん好きな映画だそうで、それも納得できました。

 映画の冒頭に掲げられた「軽やかに美しく踊る者は、観る者と自分とを幸福にする」(←正確ではないかも)は、彼らの舞踊団がかつて使っていた稽古場に掲げられたレリーフのことば。これが全体のモチーフでもあります。舞踊団の子どもたちは、日本でいうと小学生から高校2年生くらいまで。これがまたみんな可愛いんだ。花嫁のような衣装の女の子たち(写真がリンク先に載ってます)も、民族衣装(風?)の男の子たちも。ついでに舞踊団の主催者アフマードフも渋いオヤジでモロ好み(笑)。

 かつて民族舞踊の有名なダンサーだったアフマードフは、引退後に自分の踊りを伝えるために子どもたちを集めて舞踊団を作る。それがチェチェン戦争で散り散りになってしまい(60人中20人が消息不明に)、稽古場も破壊される。それでもアフマードフはもう一度子どもたちを集めて舞踊団を再結成し、国内のみならずヨーロッパへもバスツアーを行う。

 大人たちの口からは、子どもたちにとって舞踊団が精神的な成長の場であり、支えであったことが語られる。子どもたち(といってもハイティーンだと思うが)からは、戦争によるトラウマ、父を失った悲しみ、ロシア兵の横暴などが明かされる。バスの中は哀しみでいっぱいだが、それぞれが支え合いながら、次の公演地へと旅は続く。

 「我々はテロリストだと思われている。普通の人だとわかってもらうためには、最高の芸術を見せるしかない」。アフマードフの指導は厳しい。子どもとはいえプロフェッショナルな舞踊団だ。男の子たちの回転の切れも速度も半端じゃない。女の子たちの腕の柔らかさといったら……。アコーデオンと打楽器のちょっと物悲しい音楽に乗せて、男性は激しく情熱的に、女性は静かにエレガントに(でもそこはかとなく挑発的でもある)。アフマードフがリハーサルで見せる短刀捌きは呆れるほどすごい(刺さんないとか言ってる場合じゃないよ!)。

 子どもたちとアフマードフの「踊る覚悟」とでもいうようなものが、ひしひしと伝わってきます。むしろ、ダンス好き(踊る人も観る人も)に観て欲しい。甘ったれてらんないなぁ、まったく。特にドラマがあるわけではないけれど、バックステージものとしてもある程度観られる。ステージ前に揃って祈りを捧げたり(チェチェンは基本的にイスラム教)、緊張でいっぱいになったり。男の子たちの顔をチェックしていくアフマードフからは、子どもたちへのいっぱいの愛情が感じられるし。まあダンス好きとしては、踊っている時の子どもたちの表情もいいけれど、もう少し「レズギンカ」という踊りの全体像が観られるとよかったなとは思いますが。ダンスシーンはそれなりの量がありますが、細切れに挿入されるのと、アップが多いのとでちょっと欲求不満かも。でも、概ねどんなものかくらいはわかるし、とにかくパワーがある。……レズギンカって、「ロシア民族舞踊」というよりも「コーカサス民族舞踊」とか言った方がいいのかいな?

 この映画は海外ではいくつかの賞を取っていますが、日本ではアムネスティが1年間の期限付きで上映許可を取っているだけらしいので、機会がある方はぜひ「次に」といわずに「今」観ることをオススメ。
 今のところの上映日程はこちら

 映画もいいけど、舞踊団も呼んで欲しいだす。無理だろうけどなー。

|

« パスネット…… | トップページ | ゆうぽうとの座席の想い出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101065/14848267

この記事へのトラックバック一覧です: 軽やかに美しく踊る者は……:

« パスネット…… | トップページ | ゆうぽうとの座席の想い出 »