« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007/07/31

バレエまつり、アップしました

 「舞踊館・BALLET」にマールイの「夏休みバレエまつり」をアップしました。しかしアレですね、ダンサーたちには「サマー・バレエ・フェスチバル」とかいうふうに理解されてるんでしょうね(ほかにどうせいと言われても困るが)。「バレエまつり」と「バレエ・フェスチバル」とではだいぶイメージが違うな。「東京のバレエ・フェス」というととんでもなく誤解されたりして(笑)。

 自分的には「ロバノワ!」でした(笑)。前から気になるダンサーでしたが、完全に応援モードに入りましたねぇ。いやー、今年のギュリナーラがほんとに可愛かったんだけど(←よっぽど気に入ったらしい)、今回のオデットは予想以上に柔らかく、丁寧な踊りでした。基本的に女の子は「気が強い」「ピンで立つ」が好きなので、こういう「可愛いくて、感情表現が強い」子は好みです。基本的に「育成好き」なのかな>ぢぶん。

 企画とか、客席とかについてはいろいろありますが、また稿をあらためて。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

小田さんの訃報

 小田実さんが亡くなりました。以前から病状については知らされていたので、「ついに」という思いです。

 私の最初の師匠は小田さんの盟友のY川さんでした。東京のY川、関西の小田が両輪となって88年にスタートした「意見広告運動」で、私のキャリアが始まりました。以来、本職の仕事/転職や結婚/離婚などの一方で、今のミニコミに移籍(?)するまでの7年半をその事務所で過ごしました。小田さんとの直のつきあいはその7年半でしたが、その後も様々な形で関わりはありました。
 あの人のテープはホントに起こしにくくて困るわ、とか、どうしたらあんな読めない字が書けるんや、とか、実務畑の私にはそんな想い出ばっかりです(笑)。いきなり何か思いついて回りを慌てさせる一方で、若い人への面倒見もよくて、私もあれこれお世話になりました。

 朝日の訃報記事を読みながら、「アンタ自分で考えぃ!」という小田さんの声を思い出しました。集会などの質疑の時に必ず「どうしたらよいでしょう」という特効薬的な回答を求める発言が出ます。その時々によりますが、小田さんは「自分で考えろや、そんなこと」と答えることが何度もありました。「そんな特効薬あったら、とっくにやっとるわ」という気持ちとは別に、「アンタらが自分で考えるための話を自分はしたんや」「自分で答えを出さんかったらなんの意味もない」という思いもあったのだろうと思います。
 多分、私がいちばん小田さんの影響を受けたのはそこではなかったかと思います。他人の意見や分析は聞くけれど、最後の答えは必ず自分で出す。いくら相手が偉い人でも、「どうしたらいいか」は自分で決める。

 折しも、龍平当選のニュースと入れ違いの訃報。関係のないことはわかっていても、こうして世代が変わっていくんだ、という思いがよぎります。今月はベトナム戦争中に日本で米軍を脱走したテリー・ホイットモア氏も亡くなったとのことです(彼についての自伝「兄弟よ、俺はもう帰らない 新版―ベトナム戦争の黒人脱走米兵手記」と90年代に彼を迎えて行われた日本での集会報告集「帰ってきた脱走兵」)。私もこうやって、近しい人を送る時間に入ったのかと、そんな気持ちもしています。いつか来る時ではあるけれど。

 小田さんの告別式についてはこちらの「News」から。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/29

やったー!!

 龍平、当確 キタ━━(゚∀゚)━━!!!

 公式はこちら
(↑ 心霊写真ぽくなってるよ……orz)。もっともNHKは時々当確フライングで取り消しが出たりするので、まだ油断はならん。

 糸数さんは早々と来たけど、山内さんはどうかな。
 
 速報見ながら今日の親子まつり書いてます。今夜寝るのはいつだろう(笑)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

DANZAとか…

 はあ。ようやく雷が遠ざかっている感じ。夏ですね。

 親子まつりに行く前に、昼前に投票に行きがてらコンポを買いに。10キロですよ、ミニコンポとはいえ。ええ、持って帰りました(笑)。店から出て路上でカートに縛ろうとしたところで、「そう言えば以前、ダンナが壊したといっていたような……」と思い当たり、袋から出してみたところ、壊れてました(笑)。でも持って帰りました。なまじ、持ててしまうところがキツイんだよなー(笑)。いや、万一を考えて、最寄りの駅前に自転車置いといてよかった、よかった。しかも行きに百均で荷台ひもまで2本も買っておくという周到さだ(笑)。先ほどまで汗みどろでひっくり返っておりました。うえっっぷ。今、肩が笑ってますよ。雨が降る前で助かった。

 さて、昨日は渋谷に行ったついでにチャコットで「Dance More」と「DANZA」をゲット。Moreの方は、新国立の小野さん、井倉さん、大湊さんの紹介と、フェリのプチインタビュー。下村さんのインタビュー付きの記事。あとは「ポワントの悩み解決」。「胸にパッドを入れるのは常識だから、甲パッドだってOK」ってなんか強引だな(笑)。

 「DANZA」の方は、ペレンが表紙ですよー。店頭でびっくりしちゃった。シヴァコフとの白鳥の写真つき。あとはKの橋本さん。熊さんの代役を務めた時の話をなさってますが、その後を考えると「うーむ」な感じ。モスクワ時代にもケガなさってるそうなので、大事にして欲しいですね。ほかに谷の高部さんとか、フェリとか。「バレエガイド」は「牧神」と「ペトルーシュカ」で、まあマラーホフの前振り(笑)。去年の首藤さんと井脇さんの「牧神」の写真が出てますが、やっぱりあのニンフの衣装は謎だな。ルジさんのガラレポは阿修羅の写真。

 「ラ・シル」レポは木村・吉岡組。オンブルの例の写真ですねー(^^)。ああ、エフィが健気だ(涙)。私は上手から見てましたが、下寄りから見るとこんな感じだったのね。「折り目正しいダンスが、ジェームズの生真面目さと重なり」……。ジェームズがそもそも生真面目かどうかはさておき、そういう感じでありました。

 インフォメ欄の「マンナバレエ団」の公演で、久しぶりに植村さんの名前を発見。「ジゼル」と小品集だけど、名前の順でいくとアルブレヒトなのかな? マンナって、以前ぴっころの公演でそこの団員さんがゲストで出ていたことしか思い浮かばないなぁ。小林恭さんところの「バフチサライ」は、大嶋さんだけじゃなくて窪田さんも出るんですね。10月だし見にいくかなぁ……。 

 さて、シャワーを浴びて、シビックに行きますか。てっきり6時半だと思ってたら4時半からで、焦っちゃったよ。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

いよいよ投票日

 ああ、暑い。今日は流石に暑かった。自分の部屋も今年初めてエアコンを入れました(←日中いないからね)。

 昼はひたすら新聞と書類の整理。夕方から渋谷にでかけて、チャコット→タワレコと回り、R平の最終日の街頭に。
 自分がいたのは18時半くらいから20時まで。T田栄氏がベタで参加。ほかにE6さんが飛び入り応援。順不同で、写真家のH川氏、ピンクゲリラとその家族、HIV訴訟原告団の人、ドキュメンタリー作家のKさん(多分)、高槻市議、世田谷区議のK川さん、都議で選対委員長のFさんがシメ。まだいたかもしれない。その間に本人が3回ほど話す。選挙戦序盤で彼の演説を聞いて「これなら応援してもいいやと思った」という友人が、沿道でビラ捲きをやっていた。

 なんかね。しみじみしちゃいました。自分は本人と面識があるわけじゃなくて、それでもそう遠くない場所で見てたわけで、あるいは知っている人が近くにいる、とかいう位置で。
 だから「おっさんになったなー」と正直思ったけれど、彼の場合は「おっさんになった」こと自体がやっぱりたいしたことなわけで。

 彼の演説を聞くのはもちろん初めてではないけれど、心にすっと入ってくるんだよね。自分の薬害という問題から、ほかの問題への広がり方に無理がないというか。きちんと自分に引きつけて、ひとつひとつを自分の問題として考えてるんだな、というのがよくわかる。こういう問題が有権者にアピールするから、というのじゃないんだな。とっかかりとしてそういうことはあるのかもしれないけど、それについての自分の関わり方、どういう切り口でその問題を理解するのか、ということがちゃんと体験に則して整理されている。
 選挙だから熱いのは当たり前なんだけど(熱くなくちゃ困るんだけど)、その熱い感じが気持ちいいんだよね。

 動けば変わるとは限らないけど、動かなければ変わらない(あるいはより悪い方へ変わる)というのは常なので、変わらないことを動かないいいわけにはしたくないよな、と改めて思ったり。

 あとで、もう1エントリ書くかも(書かないかも)。なんせ明日は「親子バレエまつり」だからさ(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/27

あの人の写真、この人の写真

 27日です。ダンマガの発売日です。
 えーと。ルジさんガラのレポ。シヴァコフの写真は1枚。こうして見ると、髪はもう少し短くていいな(意外と短かめ好きかも知らん>ぢぶん)。衣装もグランパの青系の方が似合うような気がする。マハリナの顔が見える写真がないよー 。・゚・(ノд`)・゚・。 。ペレンとコルプが上下別写真なのにユニゾンしてるのが粋だ。監督インタビューは多分ほかの人が語ってくれるであろう。隣のページのザハロワの脚がすごい。

 で(笑)。木村さんの顔が怖いっ。ここで「怖い」っというのも「コワイ(笑)」「コワイ(^^)」「怖い 。・゚・(ノд`)・゚・。 」「怖い……orz」とまあニュアンスはいろいろなんですが、もう好きなものをチョイスしてくれ。だって何度見てもコワイんですよ(苦笑)。当たり前ですけどね。それがこう、最初に見た時は「怖い……orz」だったのがだんだん「コワイ 。・゚・(ノд`)・゚・。 」になり「コワイ(^^;)」になり、とりあえず現在は「コワッ(^^)」ってな感じ。えーと「憂いを帯びた風情」。そう来たか。異論はないです。そろそろ深読みで遊ぶのはやめよう、と毎回思うぢぶん。

 ギエムの確認書はまだですが、光藍社のDMは来ました。チャイコセット+エキゾチックセット+ドンキ追加、かなぁ。セット券の申込期限に間に合うようにキャスト出してくれるかなぁ。でないと、買いようがないよ。白鳥は民代さんの日はシヴァで鉄板だけど、ほかの相手とも見たいしねぇ。ドンキやくるみも文化会館でやってくれれば、会社休まなくてすむのになぁ。個人的には文京シビックでもいいんだ、この際(定時で間に合うから)。高田馬場以南だと無理なんだよねぇ。

 さて、トップ写真はサイトのトップと同じ、シヴァコフとペレン。何気にシヴァ満載ですよ。トップと「白鳥」の湖畔の写真は比較的新しいですが、「眠り」は定番4人の王子のリフト写真。それから「エキゾチック」のところにエスパーダですよ(^^)。03年に最初にエスパーダをやった時のですね。今見ると子どもだよ、子ども(笑)。隣のジークフリートと比べると使用前使用後というか。これだけだと思うでしょー。ぢつは、下のドンキにもいるのだよ。いちばんはじっこのエスパーダ。これは一昨年の写真か? 
 結局、写真しか語ってませんが、だって中身はサイトの方と同じだからさ(笑)。日程的にアニーのコンサートは難しそうだなぁ。土日全部を埋めたくはないしね。

 明日は最終日とて、R平の応援で渋谷まで。その後は……orz。何かしらのご加護がありますやうに。

 さーて、スシ王子を録るか(笑)。

マールイ全国ツアー中!
【華麗なるクラシックバレエ・ハイライト】

7/28(土)15:00開演 伊丹市立文化会館(民代さんゲスト)
7/29(日)15:00開演 八幡市文化センター(民代さんゲスト)
【親子で楽しむ夏休みバレエまつり】
7月28日(土)  14:00 三島市民文化会館
7月29日(日) 13:30 文京シビックホール /16:30 文京シビックホール

| | コメント (0) | トラックバック (0)

継続は力……だよな。多分。

 そんなわけで、頭がスケ調整を拒否してしまったので、マールイのチケットはDM待ち。明日辺りくるかなぁ。そういえば、ギエムの祭典追加の確認書も来てないな。まだ来ないということは、ちゃんと取れたということだろうか。信じてるからねっ>NBS。

 かれこれ2週間ほど前の話ですが、会社でこちらをチラ読み。

 「王家の紋章」52

「52巻ですよ、52巻」
  ……まだやってたんですね。
「またキャロルが売られてます」
  ……またですか。
「またハサンに助けられてます」
  ……またですか。
「またアイシスに見つかりかけてます」
  ……またですか。
「またメンヒス(笑)とアラゴン王がケンカしてます」
  ……(略)

 1巻の発売はなんと77年。30年これをやり続けてるところにカンドー。あの頃は結構遊びましたよねー。「うぬうううううっ!!」とか「ひぃぃぃぃぃぃぃぃっっっ!」とか「めんひすぅぅぅぅぅぅっっ!」とか(笑)。久しぶりに見たのでちょっと心配だったんだけど、ウナスがまだ生きていたのでホッとしました(結構好きだったんだよな)。

 ついでにもう少し前に出たこちらもスゴイ。

 「小さな恋のものがたり」第41集

 新刊なのに画像がないじゃないか>Amazon。こちらの第1集の発売はなんと70年。この調子じゃ40年は続きそうだな。さすがに絵柄は全然かわっちゃいましたね。ぱらぱら見ながら、岸本くんは好きだったんだけど松木さんとはその後どうなったんだー、と気になる、気になる(笑)。

 どちらも30年1日。無条件にスゴイと思うだよ。最近社内ヘルプに出ているので新刊が見られないのがつまらないなー。さ、明日はダンマガの発売日。あまり期待せんとこ……orz。

マールイ全国ツアー中!
【華麗なるクラシックバレエ・ハイライト】

7/27(金)18:30開演 豊岡市民会館
7/28(土)15:00開演 伊丹市立文化会館(民代さんゲスト)
7/29(日)15:00開演 八幡市文化センター(民代さんゲスト)
【親子で楽しむ夏休みバレエまつり】
7月27日(金) 13:30 大宮ソニックシティ
7月28日(土)  14:00 三島市民文化会館
7月29日(日) 13:30 文京シビックホール /16:30 文京シビックホール

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/25

キャストへの思惑、いろいろ

昨日はココログのメンテだったそうで、いろいろと失礼をいたしましたー。いや、確か24日だったはず、と(出勤してから)気づいて、昼休みにココログのトップを確認したのですが、出てなかったので23日のメンテとまちがってたのかと思っちゃいまして、告知を出すのを忘れてました。あわてて表紙の方には告知を出したのですが、直接ブログに来る方も多いですもんねぇ。何かのときには、表紙も覗いてみてくださるとありがたいです。

 柏崎在住の友人の無事がようやく確認されましたー。よかった、よかった。本人の家はあまり壊れなかったらしい。しかし、原発はひどいことになってるからな。幌延の時だって「この活断層は死んでるから大丈夫です」っつったのが工業技術院だし。

 さて、ルグリ一行も無事来日したというここへやってきて、ヤン・サイズが降板だそうです(こちら)。ううむ。ガラもともかく、問題は17日の「白鳥」ですよ。まあ私としては、脇キャスト次第なんですけどね。出るんだか出ないんだかわかんない人の5分足らずのために押さえたチケットや、所詮。でも「まあ出なくてもヤンのロットバルトは見ておいてもいいよねー」だったんだよな。脇キャストは初日までお預けなんだろうか。

 キャストお預けといえば、マールイの冬公演も早々と発売開始だそうで(こちら)。でもね、光藍社さん。ついに私の頭の容量を超えましたよ(涙)。何を買えばいいのか、さっぱりわからん。なまじ、いろいろ組み合わせるとオマケが付いてきたりするので、それがわからなさに拍車をかけているだよ。私は何を買えばいいのー?!
 チャイコセットは「ペレン、シェスタコワ、エフセーエワなど人気ソリストのポストカード5枚セット」付き。今年も買うつもりだったけど、あと2人は誰だろう。シヴァコフとプハチョフか。ロマチェンコワとステパノワとミリツェワとコシェレワから2人来るのか。プロームかシャドルーヒンか。大穴の人気者ルダコか。あり得ないけどブレグバーゼか(←実は欲しい)。絞れないじゃないですかっ。
 ドンキとバヤデルカは「エキゾチックバレエ・ダブルセット」。ルジマトフ価格のようでいて「ルジマトフセット」ではない。しかもルジマトフのポストカードがつく。わかりづらいっ。
 「6演目セット」は以上2種類のポストカードセットのほかに、「マールイのソリストとのパーチイ参加券」がつく。しかし、6演目の中に「新春バレエ」が入っているのがミソ。
 
 ちなみにトップ写真はシヴァコフとペレンの白鳥。おっ、新しい写真だ♪ といいつつ、ラインがもう少しだなあと思ってみたり。シヴァが相手とはいえ、このポーズ(と下半身ライン)にはうるさいぞ、ぢぶんは(苦笑)。まあシヴァコフは今でも育成モードだからいいのさ(^^)。

 東バの公式ブログ更新。横内くん、グッジョブ。前川さんが男前でいいわー。小笠原くんの髪もすごいが、長瀬くんは時々何か踏み外してるような気がする。いや、余計なお世話ですが。ちなみに私は「巻物」だけわからず。あと、ポワント選びをしている氷室くんの後ろの悩ましいポーズのオジサンもわかりませんでした(笑)。靴屋さん?

マールイ全国ツアー中!
【華麗なるクラシックバレエ・ハイライト】

7/27(金)18:30開演 豊岡市民会館
7/28(土)15:00開演 伊丹市立文化会館(民代さんゲスト)
7/29(日)15:00開演 八幡市文化センター(民代さんゲスト)
【親子で楽しむ夏休みバレエまつり】
7月25日(水) 14:00 かつしかシンフォニーヒルズ
7月26日(木) 13:30 大田区民ホールアプリコ
7月27日(金) 13:30 大宮ソニックシティ
7月28日(土)  14:00 三島市民文化会館

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2007/07/24

マールイのごあいさつとか

 週末はダンチェンコの発売開始でもあったのですが、とにかく「白鳥」を1日だけ取りました。すごい日程だよなー、本当に。27日はすでに川口ギエム(←そういう名前みたいだ)を取ってしまったし、28日は仕事納めだから休むわけにいかないし、30日はさすがに所帯持ちはなー、ということで必然的に29日。チェルノブロフキナが見たいのはやまやまだけど、もう日程で決めるしかないですだ(しかもチェルノブロフキナ、「プリマドンナ」だよ ^^;。公式サイトなのに)。プーホフはちょっと好みかもしれないなぁ。スミレフスキの写真を見ると、なんとなくいつもサンダーバードを思い出すのはなぜだろう。「くるみ」はマールイの日程次第だな。

 そのマールイですが、携帯サイトの「バレエ・モバイル」に「ご挨拶動画」があがりました。例によって「何何を踊ります。見に来てね♪」ですけどね。「親子まつり」の方ですので、ペレン、プハチョフ、ロマチェンコワ、ステパノワの4人。ペレン以外は声を聞く機会はあまりないと思うのでファンの方はどうぞ。私は音声オフで見るだけ見て、まだ聞いてないんですけど。それにしてもプハチョフ、人前に出る時はもう少し髪を何とかした方がいいと思うぞ(日頃言われているのとは違う意味で)。

マールイ全国ツアー中!
【華麗なるクラシックバレエ・ハイライト】

7/27(金)18:30開演 豊岡市民会館
7/28(土)15:00開演 伊丹市立文化会館(民代さんゲスト)
7/29(日)15:00開演 八幡市文化センター(民代さんゲスト)
【親子で楽しむ夏休みバレエまつり】
7月24日(火) 13:30 習志野文化ホール
7月25日(水) 14:00 かつしかシンフォニーヒルズ
7月26日(木) 13:30 大田区民ホールアプリコ
7月27日(金) 13:30 大宮ソニックシティ
7/28(土)  14:00 三島市民文化会館

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/07/22

この週末は

 1週間というのは早いもので、もう日曜も終わり。見に行こうと思っていた映画が今日から「モーニングのみ」になってるし……orz。しょうがないから半日部屋の片づけをして、夕方から新宿へR平の街頭の応援。選挙の街頭応援なんて内田選挙以来……って、15年ぶりかよ! 
 
 そんなわけでアルタ前で立っていたら「スシ王子」のCM車が通る。「お前なんか握ってやる!」のキメ台詞につい「……どこを?」って毎回思っちゃう自分は腐ってるんだろうなぁ(笑)。

 昨日も久しぶりに家にいたので、久しぶりに「地球へ……」を見る。3回目くらい。前回見たのはシロエが抹殺されるところだった。もうナスカ攻防戦に入っていた。まだブルーが生きていた。……なんでっ? しかもブルー、少年じゃなくて大人だし。でもやっぱり好きなのはキャプテン・ハーレイだったりするんだよな(^^)。

 その後で見た「時をかける少女」のアニメ版はなかなかよかったな。高校生の頃って、あの関係が永遠に続くような気がするんだよ。切ないやね。自分は中高一貫の女子校だったから当然女の子ばっかりでたまってたわけだけど、理性では「祭りの終わり」がわかっていても、どこかでそれが続いていくような気がしていた。まあ比較的そのまんまだけどな、自分は。よくも悪くも。
 前振りで旧作が出ましたが、当たり前のことながら、尾美くんが若いよーー(涙)。いや実はファンでした。深町よりゴロちゃんの方がずっとよかったですけどね、自分的には。あれから四半世紀か……orz。

 ちょっとだけ昨日の続きというか。
 萩尾望都の「山へ行く」を読んでいて、「あー、あのジェイムズが何事もなくエフィと結婚してたら、こういうお父さんになったんだろうなー」とちょっと思いました。現実主義的なロマンチスト(^^)。本人の想いとは裏腹に、憧れの別世界の前には常に日常と現実が立ちはだかるのだ。まあ2・3作目は別世界に行ってましたけどね。

マールイ全国ツアー中!
【華麗なるクラシックバレエ・ハイライト】

7/23(月)18:30開演 ふくやま芸術文化ホール(民代さんゲスト)
7/27(金)18:30開演 豊岡市民会館
7/28(土)15:00開演 伊丹市立文化会館(民代さんゲスト)
【親子で楽しむ夏休みバレエまつり】
7月24日(火) 13:30 習志野文化ホール
7月25日(水) 14:00 かつしかシンフォニーヒルズ
7月26日(木) 13:30 大田区民ホールアプリコ
7月27日(金) 13:30 大宮ソニックシティ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2007/07/21

東バ「ラ・シル」2日目、ついにアップ

 「舞踊館・BALLET」に東京バレエ団の「ラ・シルフィード」2日目をアップしました。木村・吉岡組の日です。例によってファンモード全開ツッコミ版です(←ファンモードもツッコミも同じなんだな、ぢぶん)。

休憩時間。一緒にいった友人との会話。
「恋敵の人、太腿すごいよね」
  ……中島君の脚は木村さんより細いくらいだが。もしや、古川さんのことか(太腿といえば)。
「あ、青くて帽子のない人」
  ……古川さんですね、それは。
「すごくうまいのに、かわいそうだよね」
  ……かわいそう呼ばわりですよ……orz。がんばれ、古川さんの太腿。
「あの椅子はどうなってるの?」
  ……あれは後ろ側が人間椅子になっててね…
「あー!」 
  ……わかるなよ(苦笑)。
「で、話は「牡丹灯籠」でオッケー?」
  ……ま、そんな感じかいね?

終演後。
「結局、二兎を追ってはイケナイって話だった?」
  ……「お年寄りは大切にしましょう」かと。

 とても楽しんでいただけたようで、嬉しかったです(笑)。また行こうね♪

 年末・正月はベジャールだったのであまり感じなかったけれど、ジークフリートをやってから変わったような気がします。踊り、というよりマイムというか芝居というか立ち居振る舞いというか。もう少し根本的なニュアンスというか。……おっさんぽくなったという言い方もできそうだけどな(^^;)。次はいつ観られるのかなぁ。


 イラストを参院選仕様にしてみました。あと1週間か。

来週のマールイ公演
【華麗なるクラシックバレエ・ハイライト】

7/22(日)15:00開演 呉市文化ホール(民代さんゲスト)
7/23(月)18:30開演 ふくやま芸術文化ホール(民代さんゲスト)
7/27(金)18:30開演 豊岡市民会館
【親子で楽しむ夏休みバレエまつり】
7月22日(日) 14:00 ギャラクシティ西新井文化ホール
7月24日(火) 13:30 習志野文化ホール
7月25日(水) 14:00 かつしかシンフォニーヒルズ

| | コメント (6) | トラックバック (0)

マールイ夏のプログラムしょにょ2

 マールイの公式サイトに、今度はプハチョフのメッセージが入りました。親子まつりのプログラムが発表になっています(こちら)。こっちのプログラムはあまり把握してなかったのだけど、「4羽の白鳥」をガラでやるのも珍しい。眠りのハイライトは楽しみ。ダブルキャストになっているので、1度しか行かない私はどっちが来るのかなんだけど、ロバノワのリラは見てみたいし、ガラとはいえシェミウノフがデジレを踊るというのも興味深いところ。キャラクターが多いせいか、名前だけだとぴんとこないダンサーも結構いるなぁ。ロマチェンコワとプロームのドンキも初めて見るし。ペレンとシェミウノフは「エスメラルダ」と「マルゴ」のどちらか。どっちだろう(笑)。グランアダージョはロバノワとコリパエフ。今回はロバノワ押しなのかな。正月のギュリナーラが気に入ったので、今後楽しみではあるな。コリパエフは全然記憶にないんだけどジークフリートのほかに眠りの狼も踊るんだよね。ヴェンシコフタイプなのかな。ステパノワが何気に働き者だ。

 民代さん組のプログラムも出ました(こちら)。予定されていたグランアダージョを降りて(背中を痛めたので、長い演目は見合わせだそうです)、予定外の「瀕死の白鳥」を踊るそうです。それと、シヴァコフとのエスメラルダ。今年は「瀕死」はないのねー、と思っていたら、こんなところで出るとは。ちょっと見てみたかったかも。ほかはシェスタコワ組と同じ。

 光藍社さん、この調子でレポよろしくー♪ 次のメッセージは誰かな♪

 だらだらしている「ラシル」はようやく終わりが見えました。ダンマガよりは先に出すよ、いくら何でも(笑)。

【華麗なるクラシックバレエ・ハイライト】
7/21(土)15:00開演 米子市公会堂 JR「米子」駅より (民代さんゲスト)
7/22(日)15:00開演 呉市文化ホール(民代さんゲスト)
7/23(月)18:30開演 ふくやま芸術文化ホール(民代さんゲスト)
【親子で楽しむ夏休みバレエまつり】
7月21日(土) 16:00 松戸市民会館
7月22日(日) 14:00 ギャラクシティ西新井文化ホール

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/07/20

マールイ夏のプログラム

 だらだらとしている間にもう7月も半ば過ぎ。早いねぇ。

070720_00310001 そんなわけで、バジルはこんなことになってます(笑)。さすがにちょっとヘタレてきたな。バジルオイルは「こんなに詰め込んではまずいのでは?」という気もしたんだけど、とにかくぶち込んでしまいました。こういう大雑把さが……orz。白い部分がにんにくです。

 マールイのサイトに、エフセーエワのメッセージが載りました。ついでにシヴァ組(シェスタコワ組というべきなんだろうな)のプログラムも発表。こちらですね。今年のルダコはエフセーエワと「海賊」、ヴィジェニナと「黒鳥」です。わー。でもルダコが64回転するわけじゃないからな(←一瞬、わけのわかんない心配をしちゃったんだよ)。昨年の海賊で、最後にジャンプから倒れ込んでポーズ、のところで隣に座っていたお嬢さんが、ルダコが倒れ込んだ瞬間に「ああっ!!」(←本当に倒れたと思ったらしい)と叫んでしまったので、今年はがんばってくださいまし。シヴァコフはシェスタコワと「グランパ」「エスメラルダ」の2本。ミリツェワとマスロボエフの「騎兵隊」が楽しみ。あとは去年と同じだな。フィリモーノフがまた来てくれるのが嬉しい(←何気に好きなんだよ)。私は今回民代さんの日を見ないのだけど、どういうプログラムになるのかな。コシェレワとシェスタコワは演目が減るだけで、ほかの演目が増えるわけじゃないのかな。コシェレワなんて、エスメラルダのヴァリエーションだけになっちゃうのに。ちょっと気になる。まあマスロボエフも騎兵隊1本だけどね……。全体で40分、15分休み、60分の構成だそうです。初日はどうだったのかなー。まだ梅雨明け前だけど、体調管理をきっちりね♪

【華麗なるクラシックバレエ・ハイライト】
7/20(金)18:30開演 ロマン高原かよう総合会館(吉備中央町) 岡山自動車道賀陽ICから15分
7/21(土)15:00開演 米子市公会堂 JR「米子」駅より (民代さんゲスト)
7/22(日)15:00開演 呉市文化ホール JR呉線「呉」駅より徒歩10分(民代さんゲスト)
【親子で楽しむ夏休みバレエまつり】
7月21日(土) 16:00 松戸市民会館
7月22日(日) 14:00 ギャラクシティ西新井文化ホール

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/19

マールイ夏の陣開幕!

 うっかりしてたよっ。日付変わって今日から、マールイ夏の陣が開幕です。
 光藍社さん、サイトっ! せっかくできた公式サイトでフォローしてちょう!

【華麗なるクラシックバレエ・ハイライト】
7/19(木)18:30開演 丸亀市民会館 JR「丸亀」駅より徒歩10分
7/20(金)18:30開演 ロマン高原かよう総合会館(吉備中央町) 岡山自動車道賀陽ICから15分
7/21(土)15:00開演 米子市公会堂 JR「米子」駅より (民代さんゲスト)
7/22(日)15:00開演 呉市文化ホール JR呉線「呉」駅より徒歩10分(民代さんゲスト)
【親子で楽しむ夏休みバレエまつり】
7月21日(土) 16:00 松戸市民会館
7月22日(日) 14:00 ギャラクシティ西新井文化ホール

 今年は私はシヴァ組1回、ペレン組1回の淋しい予定。
 お近くにお住まいの方はぜひ〜♪

| | コメント (0) | トラックバック (0)

♪ドナドナドーナードーナー

 以前いた部署の1人が体を壊して休職することになり、急遽来週からヘルプで出戻りすることになりました。まあ建物は同じだからたいした変わりはないんだけど、就業時間が違うんだよ! 年間総労働数を部署の繁忙期に合せて按配してるからそういうことになるんだけど、ルグリの開演時間に間に合わないよ! とただでさえ少ない血の気がさあっと(笑)。トップ交渉で就業時間は今の所属部署通りにしてもらいましたが(でないと総務も混乱するしね)、定時であがれるかどうかが微妙だなぁ。定時であがれないと間に合わない日が計3日。シヴァコフのために有休をとる予定だったのが1日。うまく行くといいのだが、ちょっと不安だ。

 まあいざとなれば「白鳥」は3幕に間に合えばいいよね、と思いながら、それもそれで……orz。そもそも出るのか……。出ないのか……。

 今の部署は8月がいちばんヒマなので、ちょっとキツイ日程でも組めたんだけど、出戻り先は8月も忙しいんだよね。うがががが。ヒマなところから忙しいところにヘルプに行くのは道理のような気がするけど、自分としては損した気持ち。一応8月半ばまでの予定なんだけど、帰ってこれるか……。帰ってこれないと今度はマラーホフの日程が(苦笑)。うががががが。

 それよりこの売り飛ばされやすい、ドナドナ体質をなんとかしろよ>ぢぶん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/07/18

だから文化会館は……orz

 オーストラリアの白鳥の訂正をいくつか。

●上手側に女王の玉座があったらしい
  → 見えませんでした。
●1幕の最後は、男爵夫人がその玉座に座っていたらしい
  → 見えませんでした。
●3幕1場の最後は、オデットは医者に連れて行かれるのではなく、医者の手を逃れて脱走したらしい。
  → 見えませんでした。

 チャルダッシュのソリストが見えなかったのはレポに書いた通り。
 うーん、何とかして欲しいなぁ。ゆうぽうとのA席でそこまでヒドイ目にあったことはないけど、文化会館のサイド席はやっぱりきついなぁ。芸術監督じゃなくてもいいけど、リハのときにサイドブロックにもスタッフが座って見るべきだっ。

 席とは関係なく、私がすっかり忘れてしまっていた黒鳥の群れですが、e+に動画がありました。そんなこともすっかり忘れていたわたくし。
 こちらです。最初の方はイメージ映像ですが、プロローグの情事と、結婚式のウエディングドレスでの踊り、サナトリウム、2幕の白鳥、3幕2場の黒鳥などが見られます。

 「眠り」も評判いいみたいですねー。見たかったなぁ。眼鏡買っちゃったからなぁ。月曜日に新しい眼鏡をとりに行ったのですが、度は変わっていないのにレンズが新しくなっただけで見え方が違う(笑)。やっぱり古いのは細かい傷なんかがついてるんですね。目と眼鏡の距離が近くなったのか、いつもより物が大きく見えるし(笑)。

 「ラシル」はPDDの手前辺りまで書きました。ほっとくといくらでも書くのではないかと危惧(笑)。1幕は何気にツボどころが多かったよなぁ。2幕はもう踊るばっかりだから、それほど長くはならないと思うのですが……ほんとかよ(^^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/17

のたうつバジル

 朝、地震で目が覚めて、まあ震度3だよなと思って、朝飯を食べつつ録画した「オーラ」と「堂兄」を見て(←相変わらず大笑い)、テレビに回したらえらいことになってました。柏崎市内に友人がいるのでちょっと心配なのですが、こういう時にあれこれするのも迷惑だろうと思って控えています。だいじょぶかー(←いや、ここは見てないだろうけど)。

070717_00260001 で、植物の方のバジルですが(なんのこっちゃ)、調理台を完全に占拠しているので食卓の方に移しました。写真はその一部(後方のでかい葉はエゴマ)。花もかわいいけど、まるきりシソの花ですよね。てんぷらにできるのかなぁ。
 それにしてもN子さあーん!(←産直の生産者の人ね) これで「バジル1本」はちがうよぉ。どう見ても「1株」だよぉ。いや確かに来た時は「根元から丸々1本」だったけどさ(笑)。

 うちで取っている無農薬野菜の産直は、段ボールのサイズだけを決めて中身はすべておまかせ方式なので、時々こういうことになります(笑)。まあバジル(「レンジで乾燥させてもんで保存」との指示あり)はともかく、ほかの野菜は4人家族で毎日夕飯を家で食べる家庭なら足りないくらいの量なのでしょうが、うちみたいに2人で、しかも外食の方が多かったりすると結構な分量です。作っているのは千葉なのですが、中に入っている通信で「今はこれが旬かー」「今年はこれが豊作なのかー」「これは雨が降るとこうなるのかー」とか、いろいろと楽しませてもらっています。中身おまかせだと正直苦手なもの、食べ切れないものもあるのですが、そういうものは友人に押し付け(笑)。「今回は何かな♪」とわくわくするのが大きな楽しみです。

 セロリも小さいながら1株きたから(土に埋めない農法なので全身緑です)、今年は漬物にしてみようかな。セロリの漬物は好きなんですよー♪ ダンナがセロリ食わないけどな(←やたら偏食)。

 ブログのカウンタが7万を超えました。いつもいつもありがとうございます。これからもお気軽にお越しくださいませ。

 そういえば、この間Suicaで改札を出たら、残金が「4444」でした(笑)。「おおっ!」と叫びそうになっちゃいましたよ。なんてことはないんですけどね。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2007/07/15

豪版白鳥の湖、アップしました

 覚えているうちに何とかせねば、というわけで、「舞踊館・BALLET」にオーストラリア・バレエの「白鳥の湖」をアップしました。やればできるじゃないか!

 ボニングの原曲版で構成してあるらしいので、見ながら「あっそうそう、こんな曲でこのつなぎの感じ」ということがたびたび。ボーン版で使っている曲もあるし。私は原曲版はフェドセーエフのしか持っていないので、それを流して書いていったら、舞台のあれこれをぼろぼろと思い出しました。チャルダッシュを始めとして若干の移動もあるし、使わなかった曲もあるけれど、思ったよりも原曲通りでした。おかげでするする書けたよ。具体的な振りを思い出せなくても、この場面で何を感じたか、という印象は残っている。といいつつ、最終幕はほとんど覚えてなかったですね。特に群舞が何をやってるかはさっぱり覚えてない(笑)。ほかにも思い出せないところはいっぱいあるし(そりゃそうだよな)、相変わらずまちがって覚えているところもあると思うんですが、ご勘弁を。
 そんで、自分がいかにはた迷惑なヤツか、ということもちょっと再確認(^^;)。戸川純の「Men's Junan」(「ダイヤルYを廻せ!」収録)の世界ですね。相手があの歌くらい立派な男だったらそれはそれでいいような気もしますが。

 土曜日にきた野菜の産直パックにバジルが山ほど入っていて、いくらなんでも使い切れなさそうな量なので、コップに差してキッチンにおいてあります。邪魔なんだけど(笑)、すごくいい匂い。うまく水があがってくれるといいな。こういうグリーンが部屋の中にあると、それだけで気持ちいいです。植物の緑は私にとって「生きている」ことをいちばん感じさせる色なので、ちょっとばかりナーバスな昨今にはありがたい。いちばん元気づけられる色です。花よりも緑だな。

 パックに別のバジルが山ほど入ってたらすごいですけどね(←どういう妄想だよ)。

 さて、ジェイムズの方をなんとかしなくちゃな。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

オーストラリアの白鳥

 オーストラリア・バレエの白鳥のソワレに行ってきました。
 いやー、面白かった! 朝から頭痛がひどくて、午後に行く予定にしていた講演会はパスしてしまったのですが、行ってよかったよー。脇男萌えの自分が、今日はオデットにシンクロ。狂乱の場ではいわゆる「ヒリヒリする痛み」に思わず泣きそうでした。曲順とか、いつまで覚えてられるかわからないので(笑)、これは早めに書かないとな。

 いくつか、さくっと。

 「公爵の若い婚約者」の無邪気さがいい。最初は柔らかすぎ、華やかすぎ? と思ったけれど、「第一王女」との対比で「王族からの逸脱」ぶりが表現されていてなかなかのもの。「第一王女の夫」に藤野さんを配したのもアタリで、おかげでどっちが「第一王女」なのかがすぐわかったよ(笑)。でなきゃどっちが王女でどっちが婚約者なのかわからないところだった。2幕では2羽の白鳥が男前ですばらしい(笑)。2羽と4羽はキャスト表に載せてほしいなー。

 美術もシンプルなのにゴージャスな感じでとてもいい。あの傾いた円盤の上を走って降りるのは怖そうだけど。
 振付は、1幕はちょっと目まぐるしいところもあるけれど、あのウエディングドレスを活かした振りもよかったし、複雑なサポートが多くて王子が何気に大変そう。2幕のコールドの改訂はやっぱり難しいな、というところか。

 全体に、マシュー・ボーンのネガ(男女反転)版という印象はありますね。題材が題材だし。けれど、ボーンよりもバレエ的。ボーン版が「チャールズの話」というよりも王室体制一般を風刺したものであるのに対し、マーフィ版は「ダイアナの話」に依拠しながら、それ故により普遍的な物語に還元されたような気がします。

 どうでもいいけど、「スーツでブリゼ」があんなに似合わないとわ(^^;)

 とりあえずこんなところで。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/13

「ラ・シルフィード」初日アップしました

 「舞踊館・BALLET」に東京バレエ団の「ラ・シルフィード」の初日をアップしました。斉藤・高岸ペアの日です。木村さんにツッコミ始めるとどんだけ〜♪ 長くなるかわからないので(笑)、分けて見ましたが結局ちょっとは書いてしまう自分であった。

 台風はえらいことになってますね。選挙ポスター用看板なんて撤去しておいて正解だな。九州も、ついこの間まで雨不足だったのに。なんだか年々、天気が極端になっているような気がします。やだねぇ。

 自衛隊まで出して設置した辺野古の観測機器も、台風に備えて撤去された模様です(全部かどうかはわからないけど)。ジュゴンネットに、昨日の海の様子が出ています。

 オーストラリアの白鳥はなかなかいいみたいです♪(←友人からの一報によれば)。明日のソワレなので楽しみ。その前に吉田敏浩さんの講演を一本聞いてから行くつもり。吉田さんは話はうまくないんだけど(ごめんねー)、すごく真面目に調べ物をして講演に臨む人だし、題材も面白そうなのでこちらも楽しみ。早稲田まで行くついでにwamも見てこようかと思ったけど、午前中は開いてないそうだ。
 雨、どうかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

さすらう……!

 いまさら私が書くまでもなく、話題沸騰ですが、「ルグリと輝ける仲間たち」の二転三転だったキャストはついに……!

 ルグリ&イレールの「さすらう若者の歌」!!!

 ああ、チケット取っておいてよかった……(溜息)。「ソナチネ」が見られなくなったのは残念だし、オーレリが来れないのも残念だし、「扉」はオーレリで見たかったけれども、この1本で自分的にはすべて帳消し。ありがとうルグリ、ありがとうイレール(涙)。前回これを見損なった時にはどれほど悔やんだことか。

 ほかにアニエスとジョゼが参加。ジョゼの「三角帽子」も見損なって哀しかったので、これもとても嬉しい。「輝ける生徒たち」から一気に「輝ける仲間」って感じになったのは、ちょっと皮肉な感じだな。

 ラシルのレポの方は、初日がだいたい終りました。踊りの順番を確認するのに、マチュー&オーレリのDVD(NHKでやったヤツ)を見てたらいろいろと思い出しちゃって、ちょっと胸に「くぅっ」と来たりして。この1年近く、自分でもかなりナーバスだなあと思ってはいるのですが。それにしてもこのオンブルの曲はすごく切ない。ブルノンヴィル版のCDは出てるようだけど、ラコット版のはないだろうなぁ。2幕の音楽なんて、寝る前に聞くとα波が出てよさそうだけどな(笑)。

 さて、参議院選挙も始まりました。沖縄では台風に備えて、一度立てたポスター用の看板を撤去してました。大変なこってす。選挙区も比例区ももちろん支持候補はいるのですが、とりあえずここでは(笑)。ただ東京選挙区の方では、今日でほとんどポスター貼りも終えたそうなので、やれやれといったところです。
 私の回りでも誤解している人がいたので、一応念のためのアテンション。比例区の方は、政党名か個人名かのどちらかを記入することになります。比例区の名簿に載っている個人名に投票ができるということです。つまり、選挙区・比例区ともに政党名をかかずに個人に投票することができますのでご注意を。

 話があちこちだけど、「真夏」のチケットが無事到着しました。次のバレエはオーストラリアの「白鳥」で、土曜のソワレ。それまでにはラシルも半分書き終わっているであろう(笑)。「眠り」の方は見られないのでちょっと残念。あれも面白そうだったのにね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/12

爆笑とグレゴリ

 最近読んだ本というと
「爆笑問題の戦争論―日本史原論」
 まあ、漫才の台本みたいなものなので、読んでそう面白いものではないです(苦笑)。1年でネタが古くなっちゃってるところもあるし、あれはやっぱり話芸なんだな。内容的には日清戦争からアジア太平洋戦争までを、時系列を追って総ざらいしたもので、「うまくまとめたなー」というところと全然面白くないだろう(教科書……というより山川用語集的すぎ)とが混在。ま、仕方ないです。そういうもんです。
 なんだけど。その合間合間に挿入されている図表(特に地図類)がかなりうまく作ってあって、これは便利(笑)。どうせ古本で買ったものだし、このために持っていてもいいかな、ってところですね。

 もう一冊。「ブンブン堂のグレちゃん―大阪古本屋バイト日記」
 文字通り、専門学校生のグレちゃんが古本屋でバイトした話(笑)。いわゆる「コミックエッセイ」ってヤツでしょうか。グレゴリ青山はこの「コミックエッセイ」作家の中ではかなり好き。「平凡」からの外れ具合に共通項が多くて(笑)。世代も一緒だし。身近に古本屋の親父と、そこでバイトしていた友人たちがいるので、話も身近。しかも自分書店系の仕事だしな。実際にグレちゃんがバイトしているのは80年代ですが、古本屋業界はそれほど変わっていないみたいです。商売的には新古書店の影響はかなり大きいですが、仕組みそのものは一緒ですね。市の話とか。実は、神戸にシヴァコフの「ドンキ」を見に行った時に、この漫画の舞台になった古本街で「マノン」の文庫を買ったんですよ(笑)。どの店だったんだろう。ラタラタじゃないことだけは確かなんだが(笑)。
 古本屋・書店・幻想文学(乱歩や横溝まで入れて)・レトロ系が好きな人にはオススメです。

 特に更新履歴は作ってませんが、新読書館の方も、時々更新しています。といっても、ブログの記事からの移植ですけど(^^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/10

マールイ公式サイト、オープン

 というわけで、マールイことレニングラード国立バレエの(←結局こういうことらしい)のオフィシャルサイトができました!

 いやあ、立派なものだよ。正直びっくりしました。がんばったねぇ。本拠地のサイトよりよっぽど立派だもんなぁ(^^;)。いきなり充実しすぎだよ。ツッコミどころも多過ぎて、どこからツッコめばいいのかわからないくらいだ(笑)。

 あんまりいっぺんに眺めてしまうと楽しみがなくなってしまうので(笑)、ちょっとずつ見ていくことにしますー♪

 でもまあ最初にこれだけはツッコませてくれ。

 ドミトリー・ルダチェンコ 「人目を引く恵まれた容姿に端正な演技が魅力」

 ……「ダンサーを知る」のところね。まあ、端正ってのは……。クリギンの写真がかっこいいです。まだソリストのところにあるのがちょっと嬉しいやね。ソリストそれぞれのプロフが増えるといいなぁ。……これだけたくさんのキャッチをつくるのは大変だろうけどな。シヴァコフの海賊の写真がいいよー♪ うんうん、これくらいに絞ろうね(笑)。フェブ隊長の写真はリハーサル室みたいだけど、こちらも舞台で見たいです。夏ガラの「エスメラルダ」でやるのかな?まだ準備中の「コラム」も楽しみ。

 あっ、そういえば「公演予定」のページがなかったような。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

眼鏡屋に行った。

 ……5万円かかりました……orz。イタイ。ボーナスが出たとはいえイタイ。

 目の悪さは半端じゃないんで、「玉に35000円」は想定してたんですが、フレームにそんなにとられるとわ。しかも好みとはいいがたい。つうよりも、丸め・大きめのドロップ型が好きなので、もはや好みのフレームは日本国内に存在しないんじゃないかと。かつ、レンズが厚くなるので、全部を囲うタイプじゃないとだめなんですよね。そんでなるべく目立たない色……となると、もう「好みのもの」なんかありませんのです。それで前回玉をダメにした時にはフレームはそのままで玉だけ入れ替えてもらったのだけど、今回はもうフレームの塗料が落ちてきちゃってるんでそれもままならず(涙)。それでも店員さんに、いちばん大きいくてラインが丸いのを選んでもらったんだけどねぇ。「結構、丸いのがいいとおっしゃるお客さんはいらっしゃるんですよ」って、だったら置いとけよ! くすん。

 前回も今回も玉自損(涙)。検索と本読みが仕事だから、結構涙目になったりしてどうしても眼鏡が汚れるんですよね。で、ついつい力をいれて拭いてしまって、表面のコーティングをぱきっと(笑)。気にしなければ気になんないんですけどね。所詮表面コートだから。とはいえ、店員さんの「もう1ランク上げると、コートが格段に壊れにくいですよ?」とのセールストークについ乗っちゃったのさー。ただでさえ分厚くならないように超薄型にせざるを得ないので、値が張るんですよ。

 でも、たかだか10分も出番がないようなスペインのために10000円以上するようなチケットを買うことを考えたら、何年も使う眼鏡にこれくらいかけるのは当然なんだよねぇ……orz。自分の金銭感覚に疑いをもつ梅雨の夜。

 ちなみに老眼は入ってませんでした(^^)。

 さあ、今日からマールイの公式サイトが始まります。今シーズンからはツアーが始まっても「今週のマールイ(予定)」をやらなくてよいのか。ちょっとさびしいかな?(←勝手にやればいいんですけどね)。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/07/09

ギエムとかピグリンの続きとか

 明け方まで仕事して、そんでも根性で9時過ぎに起きて、川口ギエムのチケット取り。10分足らずでぴあとつながって、S席をゲットしました。前だけど上手ブロックか、かなり後ろのセンターの択一。ちょっと迷ってサイドブロックを取る。でもここって、NBSだったら間違いなくA席だよなー。ぷんぷん。まあ「Push」はほかの会場でも観るわけだし、「白鳥」もロットバルトが出るわけじゃないから上手でもいいかー、ということで。「テーマ」のために川口を取ったわけだけど、誰が出るかはわからないしねぇ……orz。出てくださいねっ、ととりあえず目黒の方を向いて拝んでみる。ぱんぱん。まあムッルが出るのは首都圏ではここだけなので、一度くらいは彼の王子も観とかなくちゃね、というのもあるのでその限りではよいのだが。e+の方がつながったのは11時近くで、その時点ではかなり後ろのセンターだったもよう。やっぱりこういう時は主催者(今回はホール)に直接電話する方がいいような気がしますね。で、祭典の方は木村ホセの日で申し込み、Aプロを追加で。木村さんの日は水香ちゃんの日だから混むかもしらんもんなぁ。今までそんな心配は必要なかったのになー(こらこら)。
 ジョルダンで調べてみたら、会社から川口の方が上野よりはるかに近かったよ(笑)。確かバス路線があったような気もするしな……。

  070708_18560003 さて、このところカウンターの回りがいいなーと思っていたら「ピグリン」でしたわ(笑)。ということで、その後増えた「アチチュード」と「ピルエット」に冷蔵庫とDAKARAを足してみました。後ろにあるのはリアルDAKARAです。これらは回り物なんだけど、「白鳥のポーズ」と「タンデュ」は回らないだろうと……まあどうでもいいか。この撮影で何が難しいって、フィギュア同士の磁石が反発したりくっついたりで、距離や向きの制限があったという(汗)。シェスを動かすとお願いの手つきのアチチュードが回りながら逃げていったりとか、それなりにドラマが楽しめ……ないか。

070708_19270001 というわけで、フィギュア同士の磁石で、こんなこともできます。アクロバチック・ピグリン。ただしこれ以上やると自重で落下します。つか、これだって結構危ないギリギリですけどね。というより指が汚ねぇ……orz。しっぽは可愛いんだけど(…って、自分のしっぽじゃないやろ)。
 ピグリンの新しいCMもやってましたね。減塩編? 飲み切ってしまったスープ皿(だっけ?)の裏がちゃんとブタさんになっているのがキュートです。

 小心者の私はついつい「このワードで来た人は多少なりとも面白いと思ってくれたろうか?」ということを考えてしまうのですが、「細野さん」で来てくれた人はどうだったんだろ。つか、もう半年以上前だけど、「木村さん」で来てくれた人は望む記事が読めたんだろうか。木村なにさんの記事が読みたかったのか? いやそれ以前にそんなキーワードで何件ヒットしたんだろうか? 気になるー。

 ついでに。今日は帰りが遅くて見られなかったけど、昨日の再放送の大河で「Gacktの謙信」を見たのであった。お公卿さんだよ! あんなに「麿」と「おじゃる」の似合いそうな謙信は初めて見た。あのまんま信玄を呪い殺せそうな気がする(笑)。謙信のイメージって「タコ坊主」だもんなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/07/07

必殺……

 というわけで、仕事しながら「必殺仕事人2007」を見る。
 いやー、ヒガシってば40には見えないなぁ(笑)。「この年になると涙もろくなって」って、一体「どの年」が設定されてたんだろ。新婚さんとはいかないまでも、結構「若夫婦」な設定のようだったが。野際陽子がコワイ、コワイ(笑)。あれは「甘やかし」というより「善意に見せかけたイジメ」だな。菅井きんのは「あからさまなイジメ」だけど。
 で、「松岡、ごっつーーー」「大倉、細ーーっ」と。松岡、うっかりするとヒガシより年上に見えるぞ。いや、そういう役回りなんだけど、10歳も年が違うのに(笑)。で、ヒガシってば……と話が循環すると。

 松岡の「画龍点睛!」や大倉のカタカタヘビ(と、うちの方では呼んでいた)も笑えたけど、やっぱりひかる一平の投石機には今一歩及ばず(まああれで殺しをやっていたわけじゃなかったとは思うが)。BGMで「想い出の糸車」が流れたのは、往年の秀ファンにとっては嬉しいね〜♪ で、やっぱりヒガシはまげものが異様に似合うな、と。久しぶりにレギュラー番組にしてくれないですかね?

 さ、今日はこれから徹夜だー(涙)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/06

夏とか冬とか

つうわけで、下のエントリにも追記しておきましたが、ちゃんとボトムのキャストが戻りました。すみませんー、騒ぎだてして。
 その「真夏」もアッサンブレ分のチケット確認書が届きました。……悲喜こもごも。デメトリアスの日が遠いなぁ。祭典分の席はどこらになるんだろう。

 マリインスキーとボリショイの合同ガラのキャストも、全部発表になりましたね。……どれくらい変更があるかは別にして。コルプの「イン・ザ・ミドル」は楽しみだ。ロパートキナはコルプとではなくコズロフと。両プロとも「瀕死の白鳥」あり。Bプロは「演目調整中」だ。結局1回ずつしか取ってないけれど、両方見ないわけにいかないって感じです。
 夏もムチャクチャな日程だけど、冬は冬でキエフ/マールイ/ダンチェンコ/ギエムでわけわからん状態だし。どこかでダブり買いとかやりそうな気がする……orz。

 洗濯物を干してたらYMO特番を忘れてて、頭のところ5分欠けで録画になってしまった(涙)。細野さんが「太った武藤一羊」みたいになっていてちょっとショック(笑)。いや、武藤さんって誰? ていう人の方が多いだろうけども。ライブなのかと思ったら、ライブの合間にリリー・フランキーとの対談。リリー・フランキーも私も「YMO世代」でひとくくりなんだなあと思ったら、本当にほとんど年が違わなかった(笑)。もっと年上だと思ってた。過去映像の三人が懐かしいよー。男の子がみんなあの頭してた時代があったもんね(笑)。ライブまるまるの放映はしてくれないのかなぁ。……どうせBSだろうけどな。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007/07/05

サプライズなのか、それは!?

そろそろ「ギエム」の申し込みをしなくちゃなー、まだ「ステッピング」のキャストは出ないよなー、と軽い気持ちで東バ公式サイトのスケジュールページに行ったのですが。

 ボトムに木村さんの名前が!!!!

 まさか、いくらなんでも、いやいや今は何がきてもおかしくない、だったらなんで最初の発表の時に気がつかないんだ、しかも後藤さんとダブルキャストかいっーーーーーとあれこれ思いまして、NBSの方の「真夏」キャストページを見に行ったら

 ………ちゃんと該当日は高橋さんと氷室くんになってました(笑)。ううむ、木村/後藤というキャストに一瞬リアリティを感じてしまったが、よく見たら同じ回のオベロンとボトムの両方に後藤さんがキャストされてることになってるよ(笑)。この並びということは、ヒラリオンと貼りまちがえたのか? 

 単純なミスだと思うのでわざわざどうこういう話じゃないでしょうが(←いぢわるだよねー)、ちょっと夢を見させてもらいましたわ(^^;) ……ってポワントで立ってロバかぶったら2メートル超しますがな(笑)。

 ああ、びっくりした。「サプライズ」がシリーズ化しちゃったじゃないかぃ。心臓に悪いから早く直しておいてくださいましね。こういうおっちょこちょいもいることだし(^^;)。
 
 【追記】という話を書いたのですが、6日の22時現在、きちんと「高橋/氷室」に直されています。よかった、よかった。これがほんとの「幻のキャスト」かしらん。いぢわるしてすみません。

 そうそう、ダンチェンコの来日公演サイトに、十市さんのコメントが載ってます。ご本人のブログのまんまでした。大丈夫かなぁ(^^)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/04

辺野古と高江

 職場でスターウォーズの2万なにがしだかする豪華本を観ながら、十市さんなら買っちゃうんだろうか、とつい余計なことを思う。最近、頭の中でSW=11、なんだな。

 アッサンブレの方からもギエムの申込書が来ました。AプロのS席は第2希望にとれなくなってます(つまり第1=8日S、第2=9日Sという取り方はできない)。これで取り方は決まったな(笑)。Aプロは松(8日)に山を張るとして、9日をどうするか……。ううむ。初役と経験者をきっちり分けるなら松、按配するなら竹。まだキャストは出ないよなー。

 先週末から自分が色ボケこいている間にも、世間は目まぐるしく動いていると。週末下版だし。まあよくいうわなーと、最近はむしろ感嘆の目で見ていた久間氏だけども、こちらの記事によると、いわゆる「失言」で閣僚が辞任するのは7年ぶりなんだとよ。そりゃ言いたい放題だよねぇ。10年前なら柳沢氏なんて即クビだもんね。「国民」がなめられるのも無理ないわ。長崎前市長暗殺の話はその後どうなったのかいね? 
 で、代わりに防衛大臣となった小池氏ですが、言うまでもなく、この間まで環境大臣だった人ですわな。ジュゴンとヤンバルを守る立場だった人が、今度は壊す立場です。いい加減なもんだよ、大臣なんて。

 というわけで、先週末から沖縄は大変なことになってるわけです。辺野古では再開された「事前調査」(アセスじゃないところに注目)をなんとか止めているようです。ヤンバルのヘリパッドは地元の座り込みにもかかわらず着工(沖タイの記事)。辺野古と高江の同時着工に、現地からは悲鳴が届いています(たとえばこちらこちらこちら)。
 高江の問題についてはこちら、現状についてはこちらがわかりやすいかと。パンダマークで有名なWWFJ(世界自然保護基金ジャパン)の反対声明はこちら

 忘れてはいけないんですが、高江も辺野古ももう「基地のあるところ」なんですよね。高江にはもともと北部訓練場が、辺野古にはキャンプ・シュワブが。そこへさらなる負担、ということでもあるわけです。

 結局、あちこちリンクでご紹介、以上の余裕がないのですが、とにかく週末下版に向けて仕事中ー。合間合間にちょっと理系だったジェイムズと戯れてみますわー(←不謹慎なヤツ)。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007/07/02

ルジマトフのすべて、アップしました

「舞踊館・BALLET」「ルジマトフのすべて」をアップしました。今日はどうだったのかなー♪ シヴァの出演が第2部だったら、遅刻でいこうかと思わなくはなかったのだけど(マハリナをもう一度観たかったよー)、さすがに理性で踏みとどまり。半端にボレロを聞いてしまったら、ほんとに半端な気持ちになってしまった(笑)。「超有名なものを題材に使う」というのは大変なんだなー、と、あれこれ思った今回のガラ。

 くそう、ボレロ観てぇなぁ(←お下品)。

 無事にボーナスというものが出たので、とにかく眼鏡を作り直しに行かなくては。それからコンポを買わなきゃなんだけど、コンポが入るように部屋を片づけなくては、なんだよ、まずは(←暮のボーナスで見送ったのはそういう理由なのに、相変わらず「のだめの部屋」なんだよー)。コンポ、今まではダブルデッキの部分だけが壊れてたのですが、ついにCDも聞けなくなってきた。盤面を認識しないことが多くなってきてねー。本体の上に物を(といってもCDなんだが)乗せすぎなのがいけないんでしょうけどねー。

 来年は引っ越したいな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ピグリン

 ルジさんのガラの方は大体書き終わって、あとは版組+αなので、月曜深夜かその後にはアップできると思います。ラシルはその後。いつになるんだか。でもどうせ、早くて8月、下手すりゃ9月まではお預けだから、じっくりスルメのごとく味わったるわ(笑)。半年に一度しか来ないシヴァに比べりゃ、はるかに見る機会は多いんだけどねぇ。シヴァにしたって、半年に一度ってのは、来日ペースとしちゃムチャクチャ早いんだけどね(笑)。ま、そのシヴァにも8月頭には会えるわけで。

 070702_01560001すでにご存知の……というよりもお買い求めの方も多いかと思いますが、サントリーの「DAKARA」に「回るピグリン」がついてます(^^)。早速、アラベスクとシェスを購入。中に磁石が入っていて、同梱のDAKARAや冷蔵庫を近づけると回るしかけ。近づけるタイミングがなかなか難しいですが、結構可愛く回ります。説明書の「うまく回らない場合」の「ピグリンの脚が曲がっている場合」てのがシビアだ(笑)。ほかにアチチュード、ピルエット、白鳥のポーズ、タンデュの合せて6種類。子どもの頃、クリスマスに買ってもらったオルゴールの小物入れを思い出すな。「白鳥の湖」に合せて、バレリーナがくるくる回るの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »