« オーストラリアの白鳥 | トップページ | のたうつバジル »

2007/07/15

豪版白鳥の湖、アップしました

 覚えているうちに何とかせねば、というわけで、「舞踊館・BALLET」にオーストラリア・バレエの「白鳥の湖」をアップしました。やればできるじゃないか!

 ボニングの原曲版で構成してあるらしいので、見ながら「あっそうそう、こんな曲でこのつなぎの感じ」ということがたびたび。ボーン版で使っている曲もあるし。私は原曲版はフェドセーエフのしか持っていないので、それを流して書いていったら、舞台のあれこれをぼろぼろと思い出しました。チャルダッシュを始めとして若干の移動もあるし、使わなかった曲もあるけれど、思ったよりも原曲通りでした。おかげでするする書けたよ。具体的な振りを思い出せなくても、この場面で何を感じたか、という印象は残っている。といいつつ、最終幕はほとんど覚えてなかったですね。特に群舞が何をやってるかはさっぱり覚えてない(笑)。ほかにも思い出せないところはいっぱいあるし(そりゃそうだよな)、相変わらずまちがって覚えているところもあると思うんですが、ご勘弁を。
 そんで、自分がいかにはた迷惑なヤツか、ということもちょっと再確認(^^;)。戸川純の「Men's Junan」(「ダイヤルYを廻せ!」収録)の世界ですね。相手があの歌くらい立派な男だったらそれはそれでいいような気もしますが。

 土曜日にきた野菜の産直パックにバジルが山ほど入っていて、いくらなんでも使い切れなさそうな量なので、コップに差してキッチンにおいてあります。邪魔なんだけど(笑)、すごくいい匂い。うまく水があがってくれるといいな。こういうグリーンが部屋の中にあると、それだけで気持ちいいです。植物の緑は私にとって「生きている」ことをいちばん感じさせる色なので、ちょっとばかりナーバスな昨今にはありがたい。いちばん元気づけられる色です。花よりも緑だな。

 パックに別のバジルが山ほど入ってたらすごいですけどね(←どういう妄想だよ)。

 さて、ジェイムズの方をなんとかしなくちゃな。
 

|

« オーストラリアの白鳥 | トップページ | のたうつバジル »

コメント

オーストラリア白鳥、同じ回を見ていたんですね。自分の方がまだなので後ほど読ませていただきます。
で、「パックに別のバジルが山ほど」に反応しちゃいました。
綾瀬川さんおっしゃるところの「子犬系木村バジル」のミニチュアがパックからゾロゾロ出てくるところを想像しちゃいましたよー。

投稿: ほみ | 2007/07/16 14:57

段ボールを開けると、シヴァコフとかカレーニョとかミーシャとか、もちろん高岸さんとか木村さんとか、よりどりみどりに詰まってるんですよ……って、最初に想像したのはUFOキャッチャーの景品みたいなものだったんですけどね(笑)。でも「ゾロゾロ」で、ヤッターマンのゾロメカを想像しちゃいました(←またわかりづらいものを…)。
さすがにもう「子犬系」は無理でしょうねー(^^;)。今だったらどんなになるやら。髪形はあの頃のがいちばん好きなんですけど。

白鳥のレポ、のちほどゆっくり読ませていただきますね♪

投稿: 綾瀬川 | 2007/07/16 23:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 豪版白鳥の湖、アップしました:

« オーストラリアの白鳥 | トップページ | のたうつバジル »