« マールイ夏のプログラムしょにょ2 | トップページ | この週末は »

2007/07/21

東バ「ラ・シル」2日目、ついにアップ

 「舞踊館・BALLET」に東京バレエ団の「ラ・シルフィード」2日目をアップしました。木村・吉岡組の日です。例によってファンモード全開ツッコミ版です(←ファンモードもツッコミも同じなんだな、ぢぶん)。

休憩時間。一緒にいった友人との会話。
「恋敵の人、太腿すごいよね」
  ……中島君の脚は木村さんより細いくらいだが。もしや、古川さんのことか(太腿といえば)。
「あ、青くて帽子のない人」
  ……古川さんですね、それは。
「すごくうまいのに、かわいそうだよね」
  ……かわいそう呼ばわりですよ……orz。がんばれ、古川さんの太腿。
「あの椅子はどうなってるの?」
  ……あれは後ろ側が人間椅子になっててね…
「あー!」 
  ……わかるなよ(苦笑)。
「で、話は「牡丹灯籠」でオッケー?」
  ……ま、そんな感じかいね?

終演後。
「結局、二兎を追ってはイケナイって話だった?」
  ……「お年寄りは大切にしましょう」かと。

 とても楽しんでいただけたようで、嬉しかったです(笑)。また行こうね♪

 年末・正月はベジャールだったのであまり感じなかったけれど、ジークフリートをやってから変わったような気がします。踊り、というよりマイムというか芝居というか立ち居振る舞いというか。もう少し根本的なニュアンスというか。……おっさんぽくなったという言い方もできそうだけどな(^^;)。次はいつ観られるのかなぁ。


 イラストを参院選仕様にしてみました。あと1週間か。

来週のマールイ公演
【華麗なるクラシックバレエ・ハイライト】

7/22(日)15:00開演 呉市文化ホール(民代さんゲスト)
7/23(月)18:30開演 ふくやま芸術文化ホール(民代さんゲスト)
7/27(金)18:30開演 豊岡市民会館
【親子で楽しむ夏休みバレエまつり】
7月22日(日) 14:00 ギャラクシティ西新井文化ホール
7月24日(火) 13:30 習志野文化ホール
7月25日(水) 14:00 かつしかシンフォニーヒルズ

|

« マールイ夏のプログラムしょにょ2 | トップページ | この週末は »

コメント

ラ・シルのレポ、読ませて頂きました。
一言、面白過ぎっ!(爆) これだけ読んでるとコメディかと思うほど。
一緒に行ったお友達も、ユーモアセンス溢れる方ですねー。
牡丹灯篭ではないですが、二度の手術を経験した私は、もしやジゼルになるのでは…?
という体なのでした(苦笑)

投稿: ノリコン | 2007/07/22 05:48

毎度ありがとうございます〜♪
>これだけ読んでるとコメディかと思うほど。
去年の「白鳥」の時も別の人にそう言われたんだよな……orz。
かっこよければかっこいいほど、ツッコミたくなるんですよ、この人は。
ので、レポがおかしくなってる時は、すごく素敵な舞台だったということで(^^)。
ちなみに最後は「ヴェールをかける隙を窺っているうちにマジになってしまった」
→「とりゃっ!」 という流れかな、とも思ったんですが、
うがった方でいってみました。普通「とりゃっ!」もないけどな……orz。

同行の友人とは30年来のつきあいなので、
どんなに久しぶりでも間合いはぴったり(笑)。
事前情報が「主役の脚が最高」だけなのに話の流れをつかんでくれていたので
彼女のセンスも舞台のセンスもよかったのではないかと自画自賛(?)

でもちゃんと寝て食べてくださいよー。
まだ夏は長い。暑さもバレエもまだまだこれからっすよ!

投稿: 綾瀬川 | 2007/07/22 14:31

綾瀬川さん、こんばんは~。
読みました!いや~、面白かったです~。ほぼ木村さんの感想で埋め尽くされていましたね♪読みながら終始ニヤニヤしてしまいました。おそらく自分、見ているときもずっとニヤニヤしてたかも、、、。
胸元で始まり、仰向けで終わりましたね。幕開きと幕切れに眩暈がしましたよ~(♪)。

投稿: uno | 2007/07/22 23:47

unoさん、毎度ですー♪ 
ようやくあちこち読んで回っています(笑)。
幕開けにやられてしまったのが私だけじゃなくてほっとしました(おいおい)。
幕切れは……(^^;)。いやはや。
今回やたら「反則技」が多かったような気がしますよ。
おかげで私も見ている時はきっと、すごくだらしない顔だったと思います(苦笑)。
次があるとしたら課題は「キルト捌き」ですね。いろんな意味で。

投稿: 綾瀬川 | 2007/07/23 01:24

読ませていただきましたー。
そうそう!と肯きつつ、綾瀬川さんの木村さんへの「愛の深さ」に触れるのが気持ちいい、って変でしょうか。
拒絶のマイムが強い、というのは私も感じてました。
「エッ?コワ。何もそこまで強くなくても」ってドキッとします。
「キルト捌き」の向上(?)は私も希望です。
あんなに度々ひらっと全開にされると心臓に悪いですもん。
カーテンコールで充実した笑顔を見せながら、パートナーをこの上もなく優しく見つめる木村さんも大好き。
スプリングアンドフォール(ギエムツアーの方)のとき、長谷川さんを見つめるまなざしにこっちがどぎまぎしちゃったことがあります。

投稿: ほみ | 2007/07/24 00:56

ほみさん、どうもですー♪
そうそう、あの「コワっ」なとこがまたいいんですよ(^^)。
元々演技は濃い目、メリハリきっぱりな人ですが、
ここのところで「濃い」から「強い」になったような気がします。
冬はどんなホセになっちゃうのか、今から不安と期待が……(笑)。

>パートナーをこの上もなく優しく
なんやかんや言って、むちゃくちゃやさしいんですよね
(↑ 日本語の用法が間違ってますなー)。
それが視線や仕草の端々に出るので、ついつい細かいところまで目が行っちゃう。
見てて幸せなのはそれがあるからなんだと思うんですよ。
単純にツッコミどころが多いってのもありますけど(^^)。うーむ。

次のジェイムズ、あるといいですねー。

投稿: 綾瀬川 | 2007/07/24 02:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東バ「ラ・シル」2日目、ついにアップ:

« マールイ夏のプログラムしょにょ2 | トップページ | この週末は »