« ロシア舞台美術展 | トップページ | メンテだそうです。 »

2007/08/30

検査結果が出た

 マラーホフ関係(というか、何というか)で気持ちがわさわさしていたので、あまりチェックしてなかったんですが、例の「ロシア二大バレエ団合同ガラ」(←どう略していいかよくわからん)の方は順調そうですね。久しぶりにブログを見たら、ゲネの様子なども出てましたが、24日にアレクサンドロワの紹介記事があったのが、個人的には嬉しいー。写真もいいし♪

 いや、自分的には今回のガラの目玉は「アレクサンドロワ!」なので(^^)。久しぶりに男性が目玉じゃないんだな(苦笑)。「グラン・パ・クラシック」が「ドンキ」になっちゃったのは残念だけど。それでも23日にアップされている「ファラオ」の動画のフィーリンを見てたら、「あああーー、ラコットだなーー」って、ちょっと笑っちゃいましたよ。しかし、このPDDの最後の決めポーズ。アスピチヤの方がどうしても「あちゃー」に見えるんだよね、私には(^^)。ボリショイ公演の時にはザハロワでしか見られなかったので、アレクサンドロワで見られるのは楽しみです。それにしても「「往年のバレリーナ」の風格」ってさぁ(^^;)。言いたいことはわかるけどさぁ。

 さて、先日の血液検査の結果が出ました。血清鉄10(基準値40〜180)、ヘモグロビン6.5(同11.5〜15.0)、MCV63(同85〜102)とかなんとか、どこから見ても立派な「鉄欠乏性貧血」でした(笑)。もう少し難しく言うと「小球性低色素性貧血」というらしい。いやー、赤血球関係の所にずらーーっと要注意マーク。網状赤血球も普通の赤血球も数は足りてるので、造血能は大丈夫らしい。要するに「赤血球が小さくて薄い」ってことで。ビタミンB12は基準値内でホッ。
 「急激に下がったわけでなく、徐々に下がって今に至っているので、身体が対応できている」という状態だと言われたのですが、こちらのページにも同じことが書いてありました(笑)。「自覚症状に乏しいか、まったく欠けている」ってクダリね。

 そんなわけで、とりあえず一週間分の鉄剤をもらってきました。これで蕁麻疹がでなければ、しばらく投与。実は週明けに産業医の回診もあったんだけど「いや、今検査の結果待ちで……」と言ったら、「医者に行ってくれたんですね! ありがとう!」とえらい笑顔で感謝されてしまいました(苦笑)。すみませんね。

|

« ロシア舞台美術展 | トップページ | メンテだそうです。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 検査結果が出た:

« ロシア舞台美術展 | トップページ | メンテだそうです。 »