« マラーホフ降板のびっくり【追記あり】 | トップページ | 検査結果が出た »

2007/08/27

ロシア舞台美術展

 バーミンガムだのマラーホフだの、その前はルグリだの、いろいろ大変なNBSなんだが。
 まあ思いつきだけど、こういう時のためにNBSのサイトの中に「祭典会員用ページ」みたいなのがあると便利なんじゃないかなぁ。「今回はこういう処置をします」とか「なになにのチケットは来週中に順次発送予定です」とか、簡単な事務連絡が載るような場所。もちろん、会員の中にはネット環境のない人もいるわけで、今まで通りの郵送の連絡は前提として、連絡対象じゃない人も「あ、うちはだから連絡来ないのね」とか、「うちは来るはずなのに来ないから、郵便事故じゃないのか」とかわかるようなの。直に問合せする人も減るだろうし、事務局的にも合理的なんじゃないかな。クローズドにして、会員番号を入れて閲覧できるようにしてもいいし。どないでしょう?

 えーっと、そういうわけで頭の中ではいろいろ妄想炸裂中ですが(笑)、土曜日に例のおまけチケットで「舞台芸術の世界」展に行って参りました。面白かったけど、すごく量があって、結構疲れちゃった。体力がいるな、これは。

 5部構成で1部がバレエ・リュス、2部が「ロシアの民族性を求めて」で、「金鶏」を始めとしたオペラ関係のものが多かったかな。3部が道化やキャバレーなど、4部が20〜30年代の舞台美術、5部が舞台人の肖像(大雑把な説明やなー)。タイトルから想像がつくけれど、舞台衣装や舞台デザインのスケッチ・イラストが主流。美術館の(というか朝香宮邸の)構造上、たくさんの小さな部屋に隙あらば、という感じで展示されているので、これが結構疲れる元だったかも。ロシアン・アヴァンギャルドは好きなので、展示自体は面白かったんですけどねー。なんせ量が(笑)。

 特にお気に入りなのは、バルビエの版画集「ワツラフ・ニジンスキー」。図録には12枚が載っているけど、この版画集自体が復刻にならないかなぁ。それともそもそも12枚しかないものなのかな。「カルナヴァル」のアルルカンやピエロがすっごく可愛い。ペトルーシュカや薔薇の精も。関連商品があったら絶対買う! と思ったのに絵はがきもなかったんだよ……orz。モンテネグロの方がちょっと大人向けというか、ビアズリー調というか。あと大好きな「バクストによる牧神」(バレエ・リュスの公式プログラム)を見られたのも嬉しい。初めて(多分)見たものの中では、セルジュ・チェホーニンの衣装デザイン画。本当にこの衣装を着てたら「うひょー」ってなるんだろうけどな(笑)。特に「大きな頭のダンサー」という演目(役名?)の衣装デザインがあるんだけど、どんなんなんだか見たいよ! どういうバレエ(ダンス?)だったんだろ。「金鶏」も一度見てみたいけど、案外つまらなかったりするのかな。

 あとはおなじみホッペによるバレエ・リュス写真集だな。ニジンスキーの写真は見慣れたものばかりだけど、ボルムの写真が結構いいんだ♪ それにやっぱりカルサヴィナ! いいなー♪ 

 図録はずっしり2000円。重い、重い。解説論文はローゼンフェルド、薄井憲二、三浦雅士、鈴木晶というわかりやすいラインナップ(笑)。読みごたえありそうなので、頭がしゃんとしてるときに読みませう。関連商品が絵はがきしかなかったのが不満だなー。本やDVDやマトリューシカはあったけど。
 実は、ところどころにあった「ペトルーシュカつきの展示品解説用紙」がすっごく気に入ってたのさ(笑)。大きな付箋くらいの大きさで、すみっこにペトルーシュカが立ってるの。これが可愛くてー♪ これのメモか付箋があったら欲しかったなぁ。

070825_17100001 その後は少し庭園をぶらぶら。こちらは庭園在住のキリンさん(男性)。のど元が無性に色っぽかったです。「こんな家に住んでるのが当たり前」だっていう人が日本にも存在するんだなぁと、しみじみ不思議な気持ち。
 
 兵庫でも薄井さんのコレクションが見られるはず。楽しみー♪

|

« マラーホフ降板のびっくり【追記あり】 | トップページ | 検査結果が出た »

コメント

綾瀬川さん、こんにちは。行ってこられたんですね。
私は京都展の閉館前30分を走り抜けただけなので、自分のブログに一言も書けなかったです。綾瀬川さんがすっきり振り返って書いてくださってるのを読んで、いろいろ思い出しました。オペラ「ばらの騎士」の立体的なゾフィーの衣装が印象に残ってます。チュホーニンの作品はカードがあったので喜んで買っちゃいました。

兵庫芸文センターでは、オリジナルで薄井さんのコレクション・グッズを販売してます。ペトルーシュカの一筆箋は…あるかな~?
あの、それでお願いです。後日拙ブログで芸文センターの薄井さんのコレクション展を取り上げる予定なのですが、その際、こちらのエントリーをリンクさせてくださいませんか。お願いします。京都展開催の予定を紹介しておきながら、ほったらかしになっているんです(^^;)ゞ

投稿: sweetbrier | 2007/08/29 12:48

sweetbrier さん、毎度ですー♪ 30分じゃ大変でしたでしょう。
私は途中でのベンチ休憩を入れて2時間弱かかったんじゃないかな…。
今回の展示はオペラファンの方たちにも(の方が?)楽しめたかも、ですね。
私はオペラは不調法なんで、もっとわかればもっと面白いだろうなーと思いました。
兵庫には資金を持って臨まねば(笑)。
コレクション見て、プレトークもと、遠足気分でウキウキです。

リンクの件はOKです。というより、sweetbrierさんのところでしたら歓迎ですので
いつでもお好きに使ってください。遊びに伺ってます〜♪
(いろいろとお気遣い、ありがとうございました ^^)。

投稿: 綾瀬川 | 2007/08/29 22:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロシア舞台美術展:

« マラーホフ降板のびっくり【追記あり】 | トップページ | 検査結果が出た »