« 日曜日は公爵♪ | トップページ | ここにもマラーホフの余波が? »

2007/09/09

マラーホフの上映会

 本題の前に、歌舞伎の師匠のサイトにとても大切な写真があったので、ご覧くださいまし。

前傾姿勢、観劇中の会話はご遠慮ください

 新橋演舞場のポスターだそうです。ピクトくんでないのがちょっと残念ですが、文化会館やゆうぽうとに足りないのはこのセンスだっ! ……憧れのあの人にも……(^^;)。

 今日はマラーホフの上映会。その前に「魔笛」を見に行こうと思っていたのだけど、上映会に間に合うようにと思ったら午前の回に行くしかなく、しかももはや高島屋しか上映館がなく、高島屋はすっげーイヤだな、午前中に野菜が届くんだよな、というわけで、家で記事抜きしながらビデオ録りしてあった「スシ王子!」を3本見る(笑)。
 そのうちツッコミ大会をやりたいくらいツッコミどころが多いのだけど、とりあえず一つだけ。先週の「勝浦編2」で銀座一柳から送り込まれた刺客(寿司屋で刺客 ^^;)、「スペイン無敵艦隊軍艦巻」をひっさげて現れたマドリード店の巻周吾郎(伊藤明賢)。目を剥いて「セニョ〜ル」を連発し、真っ赤な巻き簀を手に「オーレ!」なその姿は

 どこから見ても高岸さん。

 今度こそ、本題の上映会です。記録ビデオからだとそんなに大きくは伸ばせないだろうと思ったら、やはり小さな画面でした。でも画質は思ったほど悪くない。いくつか「経年劣化?」と思うものもあったし、マラーホフ版「眠り」は最近のものなのに色が悪かったけど(照明との関係なのかな)、「無料上映会」用としては十分かと。フレーミングがよかったので見やすかったですしね。もちろん「記録」ですからアップもないし、角度も正面1本。だけど、全身が画面の中にいいバランスで納められている。私は普通の売られているDVDでも、構図や効果に凝ったりせずに「舞台記録」っぽく作られているものの方が好きなので(昔のキーロフのみたいなの)、気持ちよく見られました。

 ものは「贈り物」第1回(1996)から前回までの、マラーホフが踊った部分。演目的には「ほとんど」とのことですが、女性ヴァリを始めあちこちカットしてあって、演目によってはほんとにちょっとだけで、全体を75分程度にまとめてありました。フェスや「ゲスト出演」からはなし。全幕プロはマラーホフ版眠りのみ(←アポテオーズでちっちゃくフォーチュン王子が〜♪)。96年の「ヴォヤージュ」で始まり、06年の「ヴォヤージュ」で終る(厳密には全幕「ジゼル」で終わりでしたが)、なかなかいい作りでした。長くなりそうなんで、詳細はのちほどアップします〜。

 見始めてそう長くない私などにとっては、レッスン見学より面白かったかもなあ。前説によると、手術は8月9日だったそうです。無理に来日なんてしないで、ゆっくり治して欲しいです。

|

« 日曜日は公爵♪ | トップページ | ここにもマラーホフの余波が? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マラーホフの上映会:

« 日曜日は公爵♪ | トップページ | ここにもマラーホフの余波が? »