« 長谷川和彦特集 | トップページ | モバイルの動画 »

2007/10/08

買うだけ買って……

 3連休の中日だけど、明日は会議のダブルヘッダーなので、実質休みはあと半日。今日は新聞の整理と、先週書いた原稿の校正読みとでほぼ終わり。まあ新聞はだいぶ片づいてきたけれど、まだ道が遠い(笑)。あとはこの間録ったロシアガラのDVDが1時間ほど余っているので、うしろに「プロフェッショナル」の都さんの回を入れてちょうどいい具合にしてみたり(←まだ見てなかったんだな ^^)。その合間に洗濯機を3回回してみたり。夏物をしまったりしなくちゃいけないんだけどねぇ。そうそう、9月の「ジゼル」もだらだら書いてます。ははは。ちょっと幸せ♪

 昨日、映画を見る前に高田馬場でブック某2軒をはしごした成果。

・高木徹「ドキュメント 戦争広告代理店」講談社文庫 619円→300円
  持ってると思ったら持ってなかった。

・斎藤貴男「機会不平等 」文春文庫 638円→300円
  単行本で持っているけれど、文庫に買い直し。本棚リストラの一環ですね。単行本の方はブック某に持ち込む予定。解説は森永卓郎。

「香山リカのきょうの不健康」河出文庫 540円→252円
  これも同じく単行本から文庫に買い直し。「文庫版あとがき」つき。ちなみにこれは鈴木慶一、高橋幸宏、大槻ケンヂとの対談集。3人の神経症話ですが、まったくビートニクスってやつぁ……(^^)。

・森達也「世界が完全に思考停止する前に」角川文庫 514円→262円
  これは初買い。解説は姜尚中。

・ピーコ+糸井重里「ピーコ伝」文春文庫plus 562円→105円。

・山中恒「戦争のための愛国心―ボクラ少国民の作り方」辺境社 2300円→1200円

 まあこんなところ。初版で買ってまだ読んでない本がオンデマンド版で出た時はちょっと悲しかったので、なるべくすぐ読めない本は買わないようにしようとは思っているのだけど、結局買っちゃうんだよね。昔は今ほど文庫になる本が多くなかったから、「とりあえず買っとかないとなくなっちゃう」という強迫観念があって(笑)。ま、それよりも快楽なんですけどね、本を買うということは(笑)。服だの靴だの化粧品だのというものにまるで興味がないので、買い物欲をこんなところで満たしているわけで。だからこんな年収でも、これだけ舞台が観られるんだけどね(^^)。
 
 そうそう、今月の「ダ・ビンチ」は、山岸涼子の「首藤さんのバレエスタジオのレッスン見学」でした。首藤さんのレッスンは以前、東バ学校の男子サマークラスの様子がテレビ放映されてましたねー。スタジオレッスンもなんだか首藤さんらしい感じです。どこが、と言われると困るんだけど。井脇さんのスタジオもそのうち描いて欲しかったりして(^^)。

|

« 長谷川和彦特集 | トップページ | モバイルの動画 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 買うだけ買って……:

« 長谷川和彦特集 | トップページ | モバイルの動画 »