« マールイの冬、続き | トップページ | ♪君にかないやしない »

2007/11/08

光藍社DM&靖幸の歌声

 男性ソリスト発表とて、光藍社さんのDMが来ました。キエフとワルシャワの両オペラ総特集、って感じだわな。キエフバレエの方にはコルプのミニインタビュー付き。その中に、3演目ともフィリピエワと踊ることになっている、とあるので、まあそういうことで。

 マールイの方は小町直美さんの現地速報付き。劇場の内装などの様子と、ドンキ初日のレポです。コレゴワ+マトヴィエンコに加え、シュピレフスキーのエスパーダだったんですね。森の女王がシェスタコワ、踊り子がコシェレワ、ドンはマラト。
 ソリスト陣はほぼ以前のまま、とありますが、同時に団員30%が入れ替わったともある。ちょっと心配。ブレグバーゼや、トルマチョフや、ポドショーノフや、フィリモーノフや、モストヴェヤや、シシコワや……(←書ききれない)は、無事に来てくれるのかな? 「バヤデルカ」なんて父っつぁんのために見に行くようなもんだからね(笑)。

 もうひとつ、白黒のペラ「速報!レニングラード国立バレエ情報」(^^)にある「ボヤルチコフ&ガウダシンスキーの演出は、今シーズンで見納めかもしれません!?」というのも気になる。「!?」が付いてる辺りが東スポだけど。ボヤリーの謎多き演出、私は嫌いじゃなかった……というか、結構好きだったんだな。特に「ドンキ」「バヤデルカ」はかなりいいと思うし、「白鳥」はようやく良さを活かした舞台に出会えたところだった。「くるみ」は妙なところも多いけど(笑)、面白いところも結構あったんだよね。そういう「面白いところ」を活かしたままの改訂にはならないだろうからなぁ。まだ見てない「ファウスト」や「竹取」「シンデレラ」だって見たいし。まあまだ新演出になると決まったわけでないし。
 ……いや、自分が悪食だっていう自覚はないわけじゃないんですけどね(^^)。

 さて、某所(笑)で、靖幸出演「金曜深夜便」を見ました。ちょっとリバウンドしていたという話は聞いていましたが、まあちょっとね(^^;)。ファルセットになると不安定だし(でもファルセットが出るんだよ!)。でもそんなことは枝葉であって。なんというか。「年齢相応になった」とでもいうのかなぁ。それは年を取ったということではなくて。「等身大になった」という方が近いのかな。何かギリギリでもがいているような痛みが抜けたような気がする。スタジオで歌ったのは「はっきりもっと……」のピアノ弾き語りだったけど、CDよりも不安定なその歌声も合せて、切ないような、ほっとするような。やり直そうという彼の想いがすんなり入ってくるような、そんな歌声。
 ナレーションで「事件について一切語ってこなかった」ていうのは間違いで、「MUSICA」のインタビューで一通り喋っているのは言っておきたい。

 そんなわけで、明日はライブ。ちゃんと時間までに行けるのか。新譜は買ったけどまだ聞いてないので(だってえ〜、先月の余韻がまだ〜)、明日電車の中で聞く。どうせ再発だしな(苦笑)。つか、絶対浮くぞ、ぢぶん!

|

« マールイの冬、続き | トップページ | ♪君にかないやしない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101065/17009217

この記事へのトラックバック一覧です: 光藍社DM&靖幸の歌声:

« マールイの冬、続き | トップページ | ♪君にかないやしない »