« 土曜も出かな…… | トップページ | 読書館、更新しました »

2008/03/15

ホワイトデーの想い出

 世間的にはホワイトデーでしたな。

 バレンタインというと10代半ばの頃から、もらうチョコ>あげるチョコ、だったのが、今年初めて逆転しました(^^)。もらう=0、あげる=1、ですけども。なんだか自分がとても清らかな人になった気がする(←なんだそれは)。まあ今までも職場や事務所の義理チョコがほとんどでしたけどね(←「義理」とはいえもらう方かい……)。

 もう20年近く前の話ですけれども。
 当時というか、自分の最初の師匠のY氏がガンで入院していたのがちょうどバレンタインの頃でしてな。その時分、大変にY氏に憧れていたこともあって(←当時還暦前くらいだったと記憶)、見舞いに行くのに、小さいけどちょっとお高めのチョコを買って行ったんですよ。それで病室でですね、「季節ものなので、買ってみました」と言って渡しましたら、

 「なんでチョコレートが季節ものなんだ?」

 まさかそうくるとは思っていなかったので、ちょっとあわあわしちゃいまして。そしたら、お連れ合いが「ほら、バレンタインですよ」とフォローを入れてくれたのですが、ご本人は「ふーん」と言った、顔に「納得いかん」と大書き状態。それでも「ちょっと待ってね」といって、ゆかたの前のところをはだけて、「ここからこういう風にメスを入れてね……」と、手術の経過を一通りご教授くださいましたけれども(T_T)ミセテクレトイッタオボエワ……。

 まあそんなこんなで無事に退院なさいまして。3月に入って定例会議で事務所に行きましたら、師匠が「この間のお礼に」と行ってチョコレートを下さったんですよ。ええ、お連れ合いがちゃんとフォローしてくださったんですね。「あなたっ、ホワイトデーよ」とかなんとか。「何がいいのかよくわからなかったから、下の菓子屋でいろいろ買ってみた」とおっしゃいまして。その事務所のあるマンションは1階が店舗になっているのですが、その中に◎マザキパンの系列のパン屋兼菓子屋が入ってたんです。今でいう、デイリー◎マザキみたいな感じの。袋を押し頂いて中をのぞいたら、確かに◎ックチョコレートだの、ガーナだの明治だのの板チョコの類(◎ックは板じゃないけど)がざくざくと入ってまして。時価で1500円分くらいはあったんじゃないかな。それが◎マザキの、白地に赤で女の子の絵のついた紙袋にざくっと。でね、つい口から出ちゃったんです。

 「パチンコの景品みたいですね」

 その日は口きいてもらえませんでしたよ。ああ、なんで思ったことをつるっと言っちゃうのかな>ぢぶん。つか、なんでそんなことを思いつくんだ。

 というのが、私のいちばん鮮烈なホワイトデーの想い出です。もう少しロマンチックなこともいろいろやったような気もするんですが、覚えているのは結局こんなことばっかりだ。

 そんな師匠も、今週めでたく喜寿を迎えました(^^)。断固ぢぢい、健在。

|

« 土曜も出かな…… | トップページ | 読書館、更新しました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ホワイトデーの想い出:

« 土曜も出かな…… | トップページ | 読書館、更新しました »