« キタ━━(゚∀゚)━━!!! | トップページ | まだルダコまつり »

2008/07/23

ルダコまつりin立川(後)

 第2部に行く前に、第1部のキャストを書いてなかっただすな。いつもの速レポだと主催者サイトで確認できるので書くのをさぼるんですが、今回は主催者サイトにも出てないんだったよ(出して……)。

 「人形の精」バディナ、クリバエフ、モトゾフ
 「スパルタクス」アダージョ(ヤコプソン版)
   リュボムドロワ、パルハチョフ
 「白鳥の湖」4羽の白鳥
   ダヴィドワ、ホメンコ、小池沙織、シマコワ
 「眠りの森の美女」ローズアダージョ
   イサエワ、クリバエフ、ルダチェンコ、パルハチョフ、シャニン
 「ラ・シルフィード」(ブルノンヴィル版)
   バディナ、モトゾフ
 「ドン・キホーテ」ステパノワ、プハチョフ

 そして、休憩をはさんで「くるみ割り人形」(ペトゥホフ版)のハイライトですー♪ わーい。

 ペトゥホフ版は初めて見ました。この版の特徴(ハイライトだから全幕だとまた違うのかもしれませんが)は、マーシャとくるみ割り人形が両方子役だということ。マーシャはペトゥホフの娘さんなんですね。もうすっごーーーく可愛くて、可愛くて。まだ小学生でしょうか。そしてドロッセルマイヤーが連れてきた小さな男の子(フリッツかと思っちゃった)が、実はくるみ割り人形なんです。演出としてはちょっとわかりづらいんですが、この男の子もまた可愛くてさー♪ 男の子がくるみ割りの仮面(というよりお面だが)をつけてマーシャと踊るのがまた可愛いの二乗でねぇ。この二人は人形の国でもずっと二人で一緒に人形たちの踊りを見ているので(一部マーシャが留守)、ステパノワとプハチョフは「マーシャと王子」というよりも「金平糖とコクリューシュ王子」だと思った方が分かりやすいと思います。

 さてそのドロッセルマイヤーが、ルダコさんですよー♪ 黒の上下にグレイのヅラ、そしてなんと眼帯です! 似合うんだよこれがー(^^)。背がひょろっと高いのもドロッセルマイヤーらしいけど、とにかくラインがきれいです。ルダコのラインってこんなにきれいだったかなーと、見直しちゃったよ(ちょっと細過ぎるけどな)。踊る場面も結構あります。なかなかに妖しくていい感じです。

 細かいところはレポで書くとして(←書くんだろうな、ちゃんと)。ネズミは王様だけで部下なし(T_T)。多勢に無勢。でもちょっとシャープでかっこよかったです。
 
 スペイン(ダヴィドワ、パルハチョフ)は今一つ。東洋(リュボムドロワ、クリバエフ)がすばらしかったですー。女性はシェヘラザード風の青パンツ、男性はヒゲとターバンつき。リュボムドロワは正直スリムな人ではないのですが、それが逆に肉感的で、ベリーダンスの色気がむんむん。それでもいやらしくないのが流石です。クリバエフも表情豊か。中国(小池、モトゾフ)は、二人とも大きな扇を両手にもって。モトゾフが出だしから飛ばす、飛ばす(笑)。勢いあまって扇も飛ばしてましたが。ジャンプも高いし、心底楽しそうでしたねー。

 そしてトレパックがまたしてもルダコさんです! お相手はシマコワ。ルダコさん、コサックダンスは大丈夫なのかとの心配をよそに、ちゃんと踊ってましたよー♪ でも最後はちょっとスタミナ切れ。レベランスがややうつろでした(T_T)。踊り終わった後に後ろで座ってるときは前傾になっちゃってるしな(座席での前のめりは禁止ですよ)。
 パストラルは女性のソロなんですが、途中から、座席を抜け出して羊(だよね?)に着替えた小さいマーシャが一緒に踊ります。カワイイー♪ コンセプトは「メリーさんと羊」なんでしょうか。

 そしてステパノワとプハチョフによるGPDDです。ステパノワは腕や上半身が本当に「優美」というにふさわしかったですー♪ きらきらでした。プハチョフも王子は流石に得意科目。いつもどおりのエレガントな王子でホッとしました。プハはこうじゃなくっちゃな。
 それから総踊りがあって幕。ハイライトだけに、マーシャが目覚めるところはなかったような気がする。

 プログラムに乗っている写真とは、衣装もディベルティスマンの人数も違うようなので、ハイライト用というか、ツアー用にいろいろと変えているのかもしれません。でも版としてはとても面白かったので、ぜひぜひ全幕で見たいですー♪

 さて、フィナーレはポップス調の「白鳥の湖」に乗って、ちょっとずつさわりを踊ったり、レヴェランスしたり。ここでもモトゾフが大活躍で、「大技担当、盛り上げ役、サービス精神満点のオレ様」でした。あれね、ガラだと必ず「ゴパック」が回ってくるようなタイプね。いやー、気持ちのいいヤツだなぁ。

 というわけで、とっても楽しいガラでしたよー♪ もちろん、お子さまがたの各種攻撃はたいへんなものがありましたが(苦笑)。
 お姉さんが最後に「また来年の親子まつりでお会いしましょう!」と言っていたので、来年もあるようです。またルダコさんが来てくれるといいなー。

 というわけで、今のうちにルダコに会っとけ! 万難を排してGO!
 ぢぶんはあと新宿で見ます。4人の王子とジェームズがルダコさんとモトゾフの入れ替えキャストなので、どっちに当たるか賭けですが。ルダコの兜、もう一度見たいな…。

|

« キタ━━(゚∀゚)━━!!! | トップページ | まだルダコまつり »

コメント

ややうつろなレベランス&前傾座り・・・・なんとなく見たかったような(←こら)。
チケット、ここへきて、ルダコさん効果で売れているといいな~。
次回のアンケートには「来年もルダコさんをゲストに呼んでください」と書こうかな。(千葉の時点では、マールイのルダコさんと思っていたから、自動的に祭り班かクラシック班についてくると信じていたので)

投稿: おロシア人 | 2008/07/23 07:59

どうもです~。
前編、後編と楽しいレポをありがとうございました。
新宿ががぜん楽しみになってきました。
これでオーリャとプハチョフもそのまま残ってくれれば
いう事ないですが、その後クラシック班じゃ疲れちゃいますね。

ルダコが今になってたくさんの引き出しを開けているような気がしますが(笑)、楽しそうに踊っている様子がわかってとても嬉しいです。 
私もアンケートで「またルダコさんを呼んで!」と書きますわ♪

投稿: M | 2008/07/23 20:38

ルダコさんてば、両手を膝(正確には腿)に肘開きで乗せて、そのまま前にのめって次の人の踊りを見てましたよ(^^;)。それで胸を反れば戦国武将だったのに…(←ちがう)。

ルダコさん効果、局地的にでもあるはずっ。
てか、もっと早くに出演の告知出してくださいよ>光藍社さんーっ!
みんなルダコさんの心配してたんだからー。

投稿: 綾瀬川 | 2008/07/24 01:25

Mさん、どうもですー。
この夏のルダコさんはですね、今までよりもぐんとお兄さんらしくなって(というのもナニですが)、ついつい「さん」づけで呼んでしまいますよ。
もっとも、4人の王子とドロッセルマイヤーとトレパックでは、あまり夢見る暇もないんですが。
ドロッセルマイヤーが思いの外はまっているのでお楽しみにー♪

立川、アンケート用紙なかったんです……orz。
たくさん書こうと楽しみにしてたのに。
ルダコさんじゃなくてルダチェンコさんって書かないといけないんだな。
ルダコさんでもわかるだろうけどな(笑)。

投稿: 綾瀬川 | 2008/07/24 01:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルダコまつりin立川(後):

« キタ━━(゚∀゚)━━!!! | トップページ | まだルダコまつり »