« ドンキ東京最終日 | トップページ | 寝過ごす »

2008/08/25

ドンキ雑感……かな

 結局、仕事ぜんぜん終わんないよ……orz。いや、ぢぶんが悪いんだけどさ。
 グリムス対策に1エントリ。グリムスってのは、1日1エントリで成長するので、1日何エントリしても関係ないんだよね。とにかく、1日1エントリ。んなわけで、東バ東京最終日の話はもうひとつ下のエントリにも。

 とにかくこんな怒濤の公演最中にも、高橋さんのバックパッカーズが更新されているのがスゴイ。
 ttp://backpackers2008.blog.shinobi.jp/

 ちなみにぢぶんは今日初めて、最初にサンチョが出てくるときに持って(盗んで)いるのがドン・サンチョ3世(コブタ)だと気づきました。ずっと水筒だと思ってました。ごめんなさい、ドン・サンチョ。

 公演が終わった後は、ただの観客のぢぶんもちょっとナーバス。いろんなことに思いをめぐらせたり、ちょっとロスったり。
 書いておきたいことはいろいろあるんだな。メモというか記録というか。源蔵くんがどんくらい壊れてたかとか(←佐々木くんというべきなんだろうが)、宮本くんとのからみがどうだったかとか(今日はガマーシュの顔面にスマッシュ)、長瀬くんはジプシーでもおすましだったとか、氷室ックは柄つきタワシで何がしたかったんだとか(←えらく気になって、もうちょっとでウヴァのソロを見忘れるところだったよ)、あとはいわずもがなの木村さんの「美しい日本のバレエ」とか。「美しい体操」というと「うんうん」と思うのに、「美しいバレエ」ってなんか笑えるのはなぜだ。

 でも今日のところは、バックパッカーズで高橋さんが書いてらっしゃることがとてもぢぶんのキモチに響いてきたのだ。だから、直リンにはしなかったけど、めずらしくURLなど貼ってみた。
 人生にまで一般化することはないとは思うけど(それこそいわずもがなだからね……)、「舞台の上にいる」ということ。ワシリーエフ版のドンキ(特に広場や居酒屋)もそうだし、フォーキン版のペトルーシュカもそうだけど、舞台に乗ってる一人ひとりが「群舞」ではなくて、舞台の上の時間を走っている。多分、そういう舞台を経験することがこれから舞台に立つ上で本当に重要なんだろうと思う。もちろん、演目によっては「舞台の上にいる」のはただひたすらに主役を引き立てるため、ってこともあるけど、それでも「なぜいるか」を考えるかどうかは多分、決定的。そのためにもこのプロダクションは財産なんだろうな、と思った次第です。

 だからね。時々真ん中を見忘れて、「何見にきてんだ、ぢぶん」と思うこともあるけれど、「そりゃ東バ見にきてんだよ」って一人ツッコミしてみたりするわけよ(笑)。好きなところを見て、愉しけりゃそれでいいんだから。

 来週はようやくシヴァっちに会えて、その次の週末にはヒラリオンに会えるわけですが……、……今はもうちょっと美脚エスパーダが見たいな、と(←20日は席が後ろブロックだったのさ……orz)。
 

|

« ドンキ東京最終日 | トップページ | 寝過ごす »

コメント

なんか、シヴァコフさんが2月8日に名古屋INみたいっす!http://ent.pia.jp/pia/event.do?eventCd=0834053

投稿: おロシア人 | 2008/08/25 22:26

おロシア人さん、ありがとうございますー♪
何を踊るんでしょうね。ドキドキ……。

なのですが、その日はもうベジャールガラのチケットをとっちゃったんですよー(T_T)。「中国の役人」が最初に上演されれば、なんとかかけもちも可能かなーと思いつつ、多分あんなものを最初には上演しないだろうな……orz。と。ううっ。
シヴァのカチューシャも見られないのに……(T_T)。くすん。

投稿: 綾瀬川 | 2008/08/26 00:19

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドンキ雑感……かな:

« ドンキ東京最終日 | トップページ | 寝過ごす »