« ジゼル開幕前夜… | トップページ | ジゼル、2日め »

2008/09/12

小出ジゼル、デビュー!

 いやもう、素晴らしかったです。デビューとは思えないのが難点というくらいか。難点じゃねぇよ、それ。

 とにかく2幕が圧巻でした。クラシカルというか、オーソドックスというか、「ジゼルだー」というジゼルだというか。なんかもう「すごい」っていう言葉しか思いつかないかも。腕づかいもすごいんですけど、ホップもいいし。復活のソロの壊れ加減もいいし。やっぱりPDDの最初のアダージョかな。ちょっと幼さが残る感じがまたいいんですよ。今まで見た小出さんの中でも、今日はずば抜けてよかったように思います。

 そこにはマラーホフの万全のサポートもあったわけで。そのPDDのアダージョで、ジゼルを上まで上げないリフトで支えて、ジゼルが空中をたゆたうように踊るところ(←これでわかるのか?)。小出さんの動きも美しいけど、マラーホフのびくともしないサポートってのがまたすごいんですよ。最後のブリゼはもう、「完全復活!」って感じでしたしね。「マラーホフのブリゼ」を久しぶりに見たなぁ。

 2幕ついでに。井脇さんのミルタは盤石。今日のドゥ・ウィリは西村+乾ペアで、こちらも盤石。今日の西村さんは本当に美しかったなぁ。あの冷たい世界にふうっと入っていて、動かずにいるときでも目を奪われることがありました。乾さんが前の人の頭の影になりがちだったのが残念(←ぢぶんの前に座った男の人が大きかったのさ……orz)。

 1幕は見どころ満載というか、ツッコミどころが満載というか(笑)。初役尽くしのような1幕でしたが、後藤さんのヒラリオンは帽子なし。歩き方とか立ち居振る舞いが時々公爵さま(^^;)。武骨者らしい感じにはしてたかな。それと微妙な笑顔(←ちょっとコワイ)と泣きそうな感じがごたまぜになってました。ところどころ動きの固いところはあったけれど、初役なのでそのうちこなれてくるかと。バチルドの川島さんはなかなかによかったです。威厳がありすぎず、庶民的でもなく。

 えーと、公爵さまですな(笑)。「衣装、デカイかっ?」……て、出るなりそれかい>ぢぶん。後藤さんよりワンサイズ小さいのが妥当なのでしょうか。衣装も帽子もデカイような……。えーと、なかなか気配りの多い公爵さまでした(で、妙にトッポイ)。えーと、プログラムを読むと公爵さまはバチルドじゃなくてアルブレヒトの父親なんでしたな。なので、息子の婚約者の接待中。自分の恋人かと思いましたよ。(^^)。ジゼルにあげる首飾りをはずしてあげたり、狂乱の場ではジゼルがそばに来るたびにかばったり、「おまえは見てはいけない」と促しつつジゼルの方にも気を配ったり。例によって手があれこれたくさん語ってましたが、ジゼルが事切れた直後の「引き上げるぞ!」という怒りがかっちょよかったです。アルブレヒト、城に入れてもらえなさそうだなぁ。

 1幕のマラーホフがとにかく可愛くて(笑)。今さらのようだけど、マラーホフのアルブレヒトは好きだなぁ、としみじみ思っちゃった。小出ジゼルとのやりとり含めて、1幕全体が妙に70年代の少女マンガみたいだったな(誉め言葉。昨日「BSマンガ夜話」なんか見てたせいか?)。この二人、ミスマッチどころか、ばっちりでしたよー。

 ペザントも初役多しでしたが、もう長瀬くんから目が離せませんでしたよ。「ルダコとコリパエフを足して二で割った」ようなペザント。なんだそりゃ。ルダコもコリッパーも、だいたいどこにも1人はいたりするもんだが、1人で両方というのは滅多にないだろう(^^)。いやー。よくわかんないけど、逸材にはちがいない……だろう。多分。

 そんなわけで、16日の小出+ルグリ組も楽しみ。迷ってる人はGo!

|

« ジゼル開幕前夜… | トップページ | ジゼル、2日め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 小出ジゼル、デビュー!:

« ジゼル開幕前夜… | トップページ | ジゼル、2日め »