« 東バくるみ割り人形初日 | トップページ | ああああ、な最終日 »

2008/11/09

携帯メアド/能初体験

081108_12530001 業務連絡というか。携帯のスパムメールがあまりにひどいので、メアドを変えました。負けたみたいですっげぇ悔しい(←負けず嫌い)。使ってみた感じで固定するかどうかを決めて、新しいメアドの通知を出しますんで、しばらく届かない状態になるかもしれません。すみません。パソコンのメアドでも携帯から読めるので、そちらにお願いいたします。

 さて、今日お邪魔したのは←の能楽堂。サイトで見た時には、まあ能舞台のサイズは決まっているにせよ、ロビー周りがもう少し広いのかと思っていたのですが、コンパクトにまとまっておりました(^^)。普通のビルの中に、ぼこっと能舞台が収まってる感じ。

 演目は素謡と舞囃子と能とが組み合わさったもので、ぢぶんの友人は11時からの素謡と4時からの能に出たのですが、野菜のパックが届くのを待っていたりとかで、間に合わず(^^)。舞囃子は見たいと思っていたので1時に能楽堂に行き、「羽衣」「富士太鼓」を見、続いて能の「西王母」。その後仕舞がいくつかあったのですが、身体を伸ばしがてら、見に来ていた友人たちと中抜けでコーヒーを飲み、戻ってきて舞囃子の「松風」を見て、トリの能の「小督」を見ました。結構お尻が痛い(^^)。一緒に見た友人は長唄をやっているので、いろいろ解説してもらったり(中抜けの時とかね)。

 「羽衣」と「富士太鼓」は女性が、「松風」は男性が舞いました。「松風」が断然よかったですよー。例に寄って後に行くほど格が上がるそうなので、一応納得。ぢぶん、もうオヤジにしか興味が持てないのかと思ったよ(←本当はそうなのか?)。振り自体がどう違うかなんてのはわからないので(^^)、純粋に踊りのよさ(好み)しか見分けられないからなぁ。ぢぶん的には、やはり足捌きの方に眼がいきます(^^)。力強さというか、風格というか、一回りも二回りも違う感じ。

 なんというか、「タメ」なんだなぁ、というのが第一印象。身体のなかに「タメ」があるかどうか。もちろん、バレエを初めとした洋舞でも、「タメ」のきれいな人がきれいだとぢぶんは思うのですが、身体そのものが「タメ」といか。ぢぶんで書いててよくわからない書き方だとは思うのですが。

 男性低音好きのぢぶんには、地謡も気持ち良かったですー♪ 時々α波に負けたりもしないわけでもなかったですが(ちょっとトランス)。一応歌詞はぢぶんの耳でも聞き取れるのですが、意味として入ってくるまではいかなかったなぁ。あらかじめ読んでおけばまた違った楽しみになったでしょうが。囃子は二組でしたが、どちらとも小鼓の男性の声がとっても素敵でしたー♪

 「西王母」は女性シテ。衣装がすごかったです。子方のお子がとってもかわいくてねー♪ 髪型もあるのでしょうが、こんなに見事な下膨れの女の子を久しぶりに見た(^^)。あのゆっくりした動きにしっかりとついていってました。舞台の真ん中で花かごをもってじっと立っているだけでも(←かなりの時間)、子どもには大変だろうなぁ。最初と真ん中で口上をする男性(「間」?)が比較的若く、この衣装ならK村さんでも似合うだろうなーと、昨日の今日なのでつい邪念(^^)。どう説明すればいいのかさっぱりわからないんですが、金襴緞子な南京玉すだれ師みたいなの、といえばいいのか?

 「小督」はあらかじめ筋をいただいていたのですが、わかっててもわかってなくてもあまり変わらなかったかも(^^)。友人は小督の侍女の役でしたが、面をつけていたのでよくわからなかったっす(^^)。あれはどれくらい外が見えてるんだろうなあ。シテの男性の舞いがすばらしかったです。見入ってしまったなぁ。

 というわけで、ベジャールの谷間にこういうものを見るというのは不思議な気分ですが、なかなかに楽しかったですよ。バレエを見てなかったら見えなかっただろうなあというものも確実にあるし。逆にバレエダンサーが見たら見えるものって、もっとたくさんあるんだろうな。そういえば、プリセツカヤと能のコラボってのもありましたね。

 東バのブログもまだちゃんとさくさく更新されてます。通常更新にもどっちゃったら淋しいだろうなあ。初日の「1枚」がスタッフさんの仕事風景というのがとてもよいなぁと思いました。

  

|

« 東バくるみ割り人形初日 | トップページ | ああああ、な最終日 »

コメント

お能もバレエもリアルで観た事はない(バレエはトロカデロが一回ありますがw)ので、マンガからの知識しかありませんが、成田美奈子さんの「花よりも花の如く」があの人らしく取材たっぷりで、舞台裏とかがよくわかって楽しいです。
面はつけるとやっぱり殆ど見えないらしいですね。
特撮の面もアクション用はまだしもスチール用はそうらしいし、中の人ってほんとに凄いと思います。

投稿: TAMA | 2008/11/09 14:42

能面って、本当に眼の穴(というか)が小さいですものね。
あれで舞うのは大変だろうなーと思います。
なんにせよ、かぶり物は大変ですよね。

しかし、「いわゆるバレエは見てないけどトロカデロ/グランディーバなら」という人は案外多いですね。毎年あれだけツアー組むはずだなぁといつも感心します。
……機会があったら普通のバレエもぜひ♪

投稿: 綾瀬川 | 2008/11/10 01:39

トロカデロは当時(20年近く前?)メインで呼んでいたプロモーターが倒産したかなんだかで、「これが最後!」な煽りに引っかかって行ったんですよ。
いい席なんぞ買えなくてとった席が二階席だったんですが、二階席の前のほうが空いているというなんか悔しい思いをした記憶があります。自分の前5~6列すっかすっかなのに移動できなくて悶々とした覚えが…

投稿: TAMA | 2008/11/10 14:53

あー、時々ありますよね。ここしかあいてなかったはずなのに、
前の方がずらっと空席になってる時。
席のランクの変わり目だったら納得いくというか
逆に「ラッキー」と思わなくもないんですが
そうじゃないと納得いかんですよねー。

投稿: 綾瀬川 | 2008/11/11 01:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 携帯メアド/能初体験:

« 東バくるみ割り人形初日 | トップページ | ああああ、な最終日 »