« 「パブロワを偲んで」アップしました | トップページ | 冬支度 »

2008/11/24

眠りとか、ベジャールガラ追加とか

 というわけで、シュツットガルトの「眠り」、23日のマチネに行ってきました。

 まずは業務連絡的に。ベジャールガラの会場売りは、10日と11日のみ。ギエムの日はもう手持ちがないってことかな。
 そのかわりというか、追加公演が出ました。NBS公式の方にももう出ています。

 2月7日(土)14:00〜 ゆうぽうと
「ペトルーシュカ」(長瀬、佐伯)/「ドン・ジョバンニ」(水香)/「ボレロ」(ギエム) 12/20発売開始(会場先行予約あり)

 7日はマチソワになるんですね。ペトは、地方公演は長瀬・小出の日があったのですが、東京で長瀬くんのペトデビューが観られるのは嬉しいですねー♪ 小出さんの入っていたところは佐伯さんになるということでしょうか(高村さんの「娘」でもよかったけどな。もちろん佐伯さんでもいいけど)。いや7日はシヴァを見に愛知に行くつもりもあるんだけどさ。
 「エチュード」も小出さんの日があったはずですが、こちらも佐伯さんというのは荷が重い気もします(技術的にも、初役が多いという点でも)。できれば西村さんでいって欲しいと思うんですが、どうなるかなぁ。

 あー、だからペトの「友人」はどういうローテになってるんですかいっ!(←最重要)

 さて、肝心の「眠り」はすっごくすっごく楽しいです! 個人的なツボが1幕に集中しちゃったきらいはありますが、普通に見れば(おいおい)3幕まで十二分に楽しい。
 なんといってもカラボスです! レイリーはジャンプも高くてキレがあるし、もう何もかもが完璧にスゴイとしかいいようがない。演技もスゴイ。なんともいえない色気があって。演出も、大きな黒い布を大胆に使って(しかもあしらいが上手い)、美しくかつファンタジック。2幕の王子と対峙するときなど、布1枚(と人たくさん)でこんなこともできるんだー、とびっくりでした。

 1幕のもう一つのツボは「4人の王子」。いやさ、「東の王子」(多分)だっ! もうツボ入りまくりでしたよー(^^)。王子たちは東西南北なんですが、南(多分)はちょっと乱暴な熱風系(インドっぽいか?)、東(多分)は礼儀正しい中国/モンゴル系。その礼儀正しい東の王子が、ローズアダージョの途中で恋に落ちてですね(^^)、いやもうその変わりっぷりに大笑いです。その後のオーロラのヴァリなんてもう、東の王子が面白すぎで、全然見ちゃいませんでしたよ。どこのカンパニーにもこういう人が一人はいるんだなぁ。オーロラの友人の踊りはなくて、4人の王子が踊りまくりというのもイイ。しかも3幕の結婚式でもちゃんと4人で踊るんですよ。100年つき合わされた揚げ句に放置、という版もあるんですが、ここの王子たちは丁寧に扱われていて、今後重臣として取り立てられるんじゃないかなーと思うと一安心です(笑)。だって帰るおうちはもうないんだろうからねぇ。
 4人の王子のダンサーに関してはプロフ写真もないので、実際はどれが何やらよくわからないんですが。

 フォーゲルはちょっと大人顔になってました。フォーゲルならではのやさしい和み系王子。見るたびに上手くなってる気がします。なんでシェネだけは上達しないかな……orz。だけど、まっすぐで、誠実で、ちょいとぼんやりしたボンボンなところはやっぱり好きだな。

 アイシュヴァルトのオーロラは、大事に育てられてちょっとお高い感じの、ガムザッティぽいオーロラ(ガムザッティだって悪い娘じゃないのよー、ニキヤさえいなけりゃただの恋するオトメなんだから)。バランスもすごかったですが(やりすぎ感はあったけど)、軸の強さが並じゃなかったです。すげぇ。

 残りはレポで。とにかく見て損はないです。マラーホフ版がハイデ版から影響を受けたのでは、というところなども見えて、両方見るときっと面白いと思うし。リピーター券買おうかと思ったけど、理性が勝った(笑)。明日は寝ます。

|

« 「パブロワを偲んで」アップしました | トップページ | 冬支度 »

コメント

綾瀬川さん、こんばんは。
『眠り』、楽しかったですね~♪ 今日(24日)のナチョ・ドゥアトを取っていなければ、私も会場でリピーター券の誘惑と闘ってたと思います。
実は(ってほどのことでもないけど…)、私も中国系の王子に釘付けでした~♪ 黄色の衣裳の王子であってます?私は西だと思い込んでたんですが、そういえばヨーロッパから見たら中国は東ですよね。ソワレの東の王子には釘付けにならなかったので、マチネの彼がよかったんだと思います~。

投稿: uno | 2008/11/24 22:17

unoさん、こんばんはー。
本当に楽しい「眠り」でしたね。今回は「眠り」×1、「オネーギン」×2をとったのですが、眠り1回ではもったいなかったです。席がちょっと前よりだったので、2階か3階でもう一度観たかったです。あの回廊がまた違って見えたでしょうね。

中国系の王子、よかったですよねー♪ 生真面目な律義者がいきなり情熱的になっちゃう感じで。ローズアダージョの間の4人の駆け引きも面白かったし、その後の踊り合戦も見ごたえがあって、しかも結婚式でも踊ってくれるという大盤振る舞いで、嬉しかったですー。

ソワレの王子はそうでもなかったですか…。マチネの人の役作り(と踊り)だったんですね。オネーギンでも観られるといいですねぇ。

投稿: 綾瀬川 | 2008/11/25 01:26

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 眠りとか、ベジャールガラ追加とか:

« 「パブロワを偲んで」アップしました | トップページ | 冬支度 »