« ダメダメな今日 | トップページ | 植林されます »

2008/11/17

土曜の講座

 週末に天気が悪いと、シーツもテーブルクロスもキッチン/バスマットも洗えなくてヤな感じだ。

 昨日のK兄の、ジョージ・ワシントンと海自と神奈川の報告から断片的に。K兄はうちのミニコミのメンバーでもあるけれど、地元の神奈川が忙しいのと、親の介護とであまり会う機会がない。でもぢぶんにとっては業界随一の「兄貴」なんだよな。色っぽい経緯はひとつもないんだけど、なんかこう、「兄貴」なんです(^^)。父親と体型が似てるからだろうか。

 さてと。ジョージくんの基本情報。
全長332.9m(東京タワー横倒しくらい)。満載排水量104178t。原子炉2基。船体のみの建造費が4500億円(艦載機除く)。乗組員4923名(本艦3163名、司令部60名、航空要員1700名)。

 ちなみに、人件費・糧食費などを併せた1日あたりの稼働費用が1億5000万円だそうです。いやー、こんなもん造ったら大変だわなぁ。建造費用だけで勘定しちゃいけないなぁ。

 原子力艦船というのは原子力で推進しますから、基本的に自艦用の燃料搭載スペースがいらなくなります。ジョージくんの場合(多分他の艦も)、そのスペースを弾薬と艦載機用航空燃料の搭載に充てました。その結果、弾薬搭載量3000t(キティホークの倍)、航空燃料9000t(同2.6倍)となり、キティの倍の攻撃力を持つことになりました。補給なしで、キティの倍の航空機による地上攻撃ができる、ということですね。うんと単純化していえば、ですが。艦船の原子力化というのは、そういう意味もあるわけです。
 居住性は悪く、兵士は3段ベッド。3段ベッドと2段とのいちばんの違いは「ベッドに座れるか」だそうですよ。確かにそうだよね。寝台車でも2段と3段とじゃ大違い(←3段寝台車の上段に慣れているぢぶん)。「座って休憩できるか、寝るしかないか」では身体の負担が違うよなぁ。ぢぶんなどは、広く使えるなら居住性もよくなっただろうと思うのですが、そういうことはないんだな。居住性<攻撃力。わかりやすいなぁ。
 横須賀基地に関しては、今後放射性廃棄物の貯蔵所を要求される可能性があるとのこと(サンディエゴにはある)。

 ま、ほかにもいろいろありますが。海自のインド洋での給油に関して結構間違っている人がいるようなんですが、この給油は「対テロ特措法」に基づく「アフガン戦争のため」のものであって、イラク戦争については「イラク特措法」による支援。根拠法が違うので注意。

 この2法によって海外派遣された隊員の在職中の死亡者が、昨年(07)10月末現在で35人(陸14、海20、空1)。うち自殺が最も多く16人(陸7、海8、空1)、病死7(陸1、海6)、事故または不明が12人(陸6、海6)。退職後については不明ですが、自殺がいちばん多いというのがびっくり。K兄の話では、海自は派兵が始まってから年間の2/3程度が乗艦勤務になっているので、相当ストレスがあるのではないかとのこと。

 そのストレスと例えば江田島の事件のようなことは無縁ではないような気がします。その後「たちかぜ」「さわぎり」の裁判報告などもありましたが、ほんにまあ、中はぐちゃぐちゃだなぁ。この間も陸自で「訓練にいきたくない」で空包で腹を撃っちゃったヤツとかいたけれども(除隊するという選択肢はないんかねぇ)。

 ちなみに自衛隊というのは、日本最大の国家公務員集団だそうですよ。郵政が民営化されたからだけど。
 

|

« ダメダメな今日 | トップページ | 植林されます »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 土曜の講座:

« ダメダメな今日 | トップページ | 植林されます »