« 黄梅 | トップページ | ま、疲れてるんで »

2009/01/30

マールイのライモンダ

 というわけで、マールイのライモンダに行ってきました。楽しかったです。マールイらしいというか。迷ってる人はGO!

 とにかくペレンがよかったですよー♪ 1幕1場のヴェールのヴァリエーションは最高でした。キラキラだし、揺らぎがないし、とにかくかわいい♪ 4人の友達は、ミリツェワとマスロボエフ、コシェレワとモロゾフがペア。ジャンとライモンダのお話であると同時に、この4人とライモンダの友情物語のようでもあるのがよいです。5人がつるんで(^^)いるだけで、ああマールイだなー、という気持ちがふつふつと。和むよー♪ 2場の始めの、4人がライモンダをなぐさめようとするところもいいし、2幕でアブデラフマンに迫られるライモンダを助けようとする場面もいい。5人の信頼関係が舞台にそのまま上がってるみたいで。

 プハチョフは踊る場面があまりなかったな。最後のGPDDくらいだけど、ヴァリエーションは大きくて美しいプハチョフらしい踊り。いつもより着地がでかかったり、リフトでちょっとお疲れめな感じはしたけれど。んで、メイクは普通でいいから!(←びっくりした。プハのメイクにクレームつけようとはなぁ)。

 コールドは、1場と3幕がよかった。1場は衣装もすてき。2場は女性のあのかぶり物が……。ローマ風なんだろうか。4人の王子@ペトゥホフさんち、もいたしな(一瞬、ルダコさんが入ってるかと思っちゃったよ)。初日に比べれば雲泥の差ですが、脚の上げる角度がばらんばらんなのはちょっと目にうるさかったかも。サラセンのコールドもちょっと迫力不足だったなぁ。パナデロスはよかったけど。3幕のヴァリを踊ったクリギナもよかった。止めのポーズがぴたっと決まって気持ちがいい。

 3幕のGPDDのコールドに、モロゾフ、コリッパー、ヤフニューク投入(まだいたかも)。マスロボエフがいないと思ったら、ハンガリーのコールドに。モロゾフとマスロボエフ、なにげに働き者だ(ミリツェワ・コシェレワ並だよね)。白鳥のハンガリーでマックスを観られなかったので、今日のハンガリーで観られたのも嬉しい。モストヴァヤも観たかったな。

 とりあえず。

|

« 黄梅 | トップページ | ま、疲れてるんで »

コメント

甲冑軍団、よかったですね。
ほんとうにペトゥホフさんち、でした。
(しかもペトゥホフ・ジュニアもペトゥホフ・嫁出ていたし)
プハチョフのメイクも、3階席の私ですら濃く感じたのですから(ペレンはかえって薄かったですよね?)そうとうだったのですね。
なんだろう、濃いというか、、あの、、、青さは(笑)。
衣装にあわせたかったのか、エリマコワ効果なのか。

投稿: おロシア人 | 2009/01/30 12:05

私は2階だったのですが、「プハチョフの目尻んとこ、なにがついてるんだろうなー」と思ったらメイクでした(大汗)。
はじめ、プハチョフとペレンをずっとオペグラで見ていて、コールドの出るのに気がつかずに、ふっとオペグラを外したらローマ軍団(?)が整列してたので、えらくびっくりしましたよ(^^)。意表をつかれたというか

ペレンもいつも今回くらいだとよいですねー♪

あとは大本命を残すのみです……。

投稿: 綾瀬川 | 2009/01/31 00:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マールイのライモンダ:

« 黄梅 | トップページ | ま、疲れてるんで »