« ガザの医療従事者から | トップページ | ちょこっと横須賀 »

2009/01/13

ちょこっとマールイ

2 何はともあれ、脇芽が出ていたりする。いつもよりちょっと控えめな、六代目の脇芽(笑)。

 メールボックスに次々飛び込んでくるガザの状況と、東バとマールイの二つの舞台と。この三つを行ったり来たりしている間に、ぢぶんがどうにかなりそうになる。

 ヤフニュークの具合を聞いた感じでは、正直ボルチェンコとヤフニュークでは、舞台そのものが成立するのだろうかと思う。技術的にはもちろん成立するし、脇が濃いからなんとかなるかもしれないが、余計になんだかわからなくなるかもしれないし。ヤパーロワとヤフニュークは上手いこと、マールイの中になじんでいると思うが、真ん中を取るためには、まだ相手役を選ぶだろう。ボルチェンコも、相手がプハチョフだからなんとかなったと思うし。

 それでも、12日のキャストはすでにプハチョフで発表済みだったのだから、プハチョフで行くべきだったんだ(ケガや病気でないのなら)。11日のソワレのキャストは未発表だったのだし、ローテーションではコリッパーかヤフニュークだったのだから、どちらもが力不足だったとしても、そうすべきだった。それで満足のいく舞台にならなかったとしても、それは来日前にわかっていたはずなんだから。ボルチェンコも、コリッパーも、ヤフニュークも、一月前に入団したわけじゃないんだもの。彼らの力量をわかった上でのキャスト変更だったんでしょう?
 あるいは、シャドルーヒンが来日してるなら、キャストされていなくても彼が出るとか(まだ若いんだからさ!)。

 今シーズンは、日程が短くなった分よりタイトになって、団員もオケも負担が大きいんじゃないだろうか。来日日程からして無茶過ぎる。

 とりあえず次は海賊だけれども。父っつぁんのために有休とるだよ! 

 ミーシャについてはもう、「来て」じゃなくて「帰ってきて」っていう気持ち。ぢぶんでも、そりゃヘンだろ、って思うけども。

|

« ガザの医療従事者から | トップページ | ちょこっと横須賀 »

コメント

御家芸かどうかは知りませんが、いきなり海外公演白鳥全幕をやらせるのは無謀だと思います。そういうのが許されるのはヴィシやロパートキナクラスでしょう。
「くるみ」・「眠り」(テクニック大前提ですが)やガラコンサートでスタートさせるべき、或いは凖ヒロインなどをやらせて「誰?あの子の主役を観たいわ」という感じで育てなくては。
どんどん経験を積ませるのは大切です。だったら他の日に「大きなな白鳥」に入れて舞台でのほかのプリマと共演させるとかありますよね。コレゴワみたいなゲストじゃないんだから!

投稿: おロシア人 | 2009/01/13 10:17

今、プログラムを見て確認したんですが、カーチャって、エフセーエワの1年先輩なんですね。いやー、エフセーエワってスゴイ。

移籍組ということで、今回来られなかったメンバーへの思いをぶつけてしまうのは申し訳ないとは思うのですが、ピーテルでもそれなりに踊ってるはずなんですよね。それを思うとむむむむ……と。でも、監督のお目にかなったダンサーなんですよねぇ。……多分。
新春ガラでのオデットで日本デビュー、くらいがちょうどよかったかもですね。

全幕を観られるのは年に1度なので、やっぱり観たい人がたくさんいるんですよ。要求水準があがってしまうのもしょうがないですよねぇ。

マールイガラでは何を踊るんでしょう。白鳥ではああ言ったけど、今度はいいじゃん!っていう風に言わせてくれるといいんですが。

投稿: 綾瀬川 | 2009/01/14 01:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ちょこっとマールイ:

« ガザの医療従事者から | トップページ | ちょこっと横須賀 »