« お仕事が忙しい | トップページ | さくらホールのメモ »

2009/01/25

東へ西へ

 東京公演に一区切りつけて、マールイは西へ。横須賀を皮切りに西日本を回った東バは今日から後半戦の東(というより北)へ。毎度のこととはいえ、どっちも半端じゃない日程のツアーですが、いっそ同じ方向に回ってくれれば、両方見られるんだがと思ってみたり(無理だよ、そりゃ)。

 で、ぢぶんはといえば、♪どおしてぼくーはー、こーこにいるのだろー、と歌ってみたりしたのであった。どおしてってそりゃ、アホウだからですよ、ぢぶん。

090124_12420001 北上は思ったよりも寒くなかったですが、ホールまでが不便のなんの。結局往復ともタクシー(900円)のお世話になりました。

 「エチュード」は吉岡+木村+後藤。「ギリシャ」は長瀬くんがソロ。「ボレロ」は水香ちゃん。

 水香ちゃんのボレロは3回目(だったかな?)ですが、今回がいちばんいいです。エチュードで「うーーーん」だった腕の動きや、ハサピコの時の「下半身だけプティ」みたいな部分が気にならない。何より最初の頃の「振付見本」的な空疎感がなくなって、自分が表現したいもの、あるいは自分が表現するということへの気持ち、といったものが彼女の中に育ったんだろうなー、と感じました。だとしたら、それがこの5年間の彼女のいちばんの収穫でしょうね。で、「仔猫ちゃん」なボレロでした。

 エチュード全体の仕上がりは横須賀の方がよかったかも。疲れが見えた、というほどでもありませんが。いつの間にか、木村さんに対する要求レベルがえらく上がっていたことに気づいたりして(^^)。年が明けてから、昨年中の「何か憑いてます?」的なところは落ち着いて、普通に木村さんですな。踊りがおちついた分、かえってらしかったりもします。身体も正月より絞れて美しかったです。登場後すぐのトロワのパートの騎士さまっぷりがですねー(←王子つうよりもナイトなんだよな ^^)♪ 「風格」っつうか。後藤さんは華やかで、祝祭的ではあるんだけど、3人並ぶと、高岸さんの「有無をもいわせぬ」強さが欲しくなっちゃうんだなぁ。

 美佳姫は、シルフのパートが本当に素敵。ほかのパートもキラキラではありましたが、オーロラの時の方が調子よさげだったか。そのシルフのパートがですね、全体で言うと「シルフィードの練習風景」なんでしょうが、この二人にかかると完全に劇中劇でした。北上まで行った甲斐があったよー 。・゚・(ノд`)・゚・。  漂う妖精と詩人の恋。戯れる妖精と、求める詩人。最後にふっと木村さんの肩に手を乗せてもたれる美佳さんと、それを肩越しに見下ろす木村さんがですねー、いやもうまったく。
 ……なんで相手が美佳姫だと、あっという間に「世界」作っちゃうんだか(^^)。エチュードというのはアブストラクトなはずなんだけど、この人の胸の中には、すべてを通したドラマがありそうですよ(^^)。

 すっとばして「ギリシャ」。ひと足お先に長瀬くんのソロを見るのも楽しみでした。すごくよかったー! なんというか、ちょっとピーター・パンのような、といえばいいのかな。彼はとても華奢に見えるんだけど、「無垢な少年だけが持っている官能性」(それ自体はフィクションなんだが)とでもいうようなものを感じさせるんですよね。それはハルサイの生贄の裏返しでもあるんだなーと。

 男性PDDは高橋+小笠原のやんちゃな少年二人。小笠原くんは身体のキレなどがまだ本調子ではなさそうでしたが、踊りの雰囲気がやさしくなりました。。ジゼルのペザントの時にも、ずいぶんやさしい表情をするようになったなと思ったのですが、それが表情だけではなくて、踊りもやさしさと甘味が出てきたような。裸足のPDDは佐伯+平野。高村さんは間に合わなかったのでしょうか。ちょっと心配。

 ハサピコは井脇+木村。木村さん、タフだなと思ったら、案の定PDDのみで群舞はお休みでした。東京では踊ってくれるといいな。
 この取り合せでは何度も観ていて、「しっとりした大人のPDD」というイメージだったのですが、今日は木村さんがすごく男くさいというか。ちょっと荒々しいくらいに男っぽかったなー。踊りが荒いということは決してないんですが、なんというか「海の男」って感じで。井脇さんはその腕の中で、すっかり安心して委ねきってるというか。イメージ的には「長いこと留守にしていた男が妻のところに帰ってきた夜」とでも。うーん。こういう風にも踊れるんだなぁ。……熟成?

 日曜は函館。エチュードが高岸+木村+上野。タフだなぁ……。

|

« お仕事が忙しい | トップページ | さくらホールのメモ »

コメント

それはそれは(笑)、シヴァコフに会えないわけですね。
作り込んだ・入り込んだ 踊りや演技もいいのですが、そうじゃないものも、また、いいんですよね。木村さんを堪能できて良かったですね。

投稿: おロシア人 | 2009/01/25 08:20

あはははは、ですだよ(自嘲)。
公平に(?)両方行かないつもりだったんですが、美佳姫との並びを観ておきたいという誘惑に負けてしまいました。

ジゼルがイリーナのどっちかかスーシャだったら、一も二もなく飛んで行ったというのはあったりするんですけども(^^)。


投稿: 綾瀬川 | 2009/01/25 19:04

こんばんは~。
うわー♪ 北上に行かれたんですね! レポ感謝です~。美佳さんとの「エチュード」と井脇さんとのハサピコとは、北上はなかなか美味しい公演ですね~。東京はハサピコと役人が重なっていないので、群舞にも出てくれることを祈りたいですー。
長瀬さんのギリシャもすごく楽しみになってきました。小笠原さんがパ・ド・ドゥでも復活したようでよかったですね♪ 東京公演が楽しみです~。

投稿: uno | 2009/01/26 23:20

行ってきちゃいましたー♪ 決心してチケット取ったのがもう前々日の木曜日だったので、かなりサイドの席になってしまいましたが、見られてよかったです。
群舞のハサピコ担当部分は柄本兄くんでした。東京ではぜひ、木村さんにもサボらず(^^)踊って欲しいですー。
ホールのサイトではエチュードを踊ることになってるし、井脇さんが北上で踊るとおっしゃってるし、どうなるんだ? とちょっと心配だったんですが、本当に両方踊ってくれるとは。エチュードの最後はバンバン跳んでました。元気だ……。

長瀬くん、東京までにどこまで進化してくるか、楽しみですよー♪ 小笠原さん、東京で娘役にも復帰できるとよいですね。

投稿: 綾瀬川 | 2009/01/27 02:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 東へ西へ:

« お仕事が忙しい | トップページ | さくらホールのメモ »