« 結局みんなMUST GO ON | トップページ | 木の芽どきだし »

2009/04/03

グリムス/ブルトレ

2 久しぶりにグリムスの話も。しばらく前に13齢になってました。12齢とあまりかわらないので、気づくのにじかんがかかっちゃった。それから下のが14齢。してみると、15齢で大人の木になるんでしょうか。

 グリムスからメールが来て、ぢぶんの3本目の木が4月に内モンゴル自治区に植えられる3000本のポプラの1本に、4本目が5月にモンゴルに植えられる5000本のヨーロッパアカマツの1本になるそうです。これで待機中が1本と育成中が1本になるわけです。

 ただし、ぢぶんは今のグリムスの植林には疑問を持っています。こんな風に同じ樹種を何千本も(一ヶ所にではないのかもしれませんが)植林することがいいことだとはあまり思えない。グリムスというブログパーツがスタッフの当初の思惑を超えて、成長し過ぎたという風に感じています。今度の木が育ったら一度「あがり」にしようと思うのはそういうことです。
1 育成パーツとしてはすごく魅力的なんですけどね。

 さっき、深夜の再放送でブルトレを見てました。ムックなどもずいぶん「最後のブルトレ特集」が出てます。
 ぢぶんにとって、ブルトレは「あさかぜ」と「富士」。祖母の家が山口の瀬戸内側で、しかもブルトレ停車駅だったので、往きはあさかぜ、帰りは富士、なんですね。小さい頃はまだ新幹線が新大阪止まりで(年がバレるなぁ)、そこから特急「はと」。本当に1日がかりでしたよ。東京駅で冷凍みかんと栄太楼の缶入り飴を買ってもらってね(←この頃から抹茶飴)。やがて岡山から「はと」になり(←ここで駅弁が「祭りずし」に)、小学校の高学年の時でしたか、博多まで開通したのは。結構な出費になるので毎年というわけではありませんでしたし、中学に上がった後はもう法事の時くらいにしか行かなくなりましたが、大概往復のどちらかが新幹線、どちらかが寝台車だったように思います。初めて一人で一番上(当時は3段がデフォルト)に寝かせてもらった時は「一人前」扱いされたみたいで嬉しかったなあ。

 中学の修学旅行は東北だったので、青森からの帰りが「ゆうづる」でしたね。で、朝っぱらの上野で解散。「ゆうづる」はその後、ダンナと奥入瀬に行くのにも乗りましたっけか(←ダンナは夜行は乗るけど寝台車はほとんど乗ったことナシだったらしい)。あとは乗ったことはないけれど「さくら」だな。皇帝のいない八月(笑)。
 寝台車は大好きだけど、飛行機が安くて速いから、大人になってからはなかなか乗る機会はなかったなぁ。

 うっかり、DVDつきムックを買ってしまいそうだ(^^)。
 

|

« 結局みんなMUST GO ON | トップページ | 木の芽どきだし »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: グリムス/ブルトレ:

« 結局みんなMUST GO ON | トップページ | 木の芽どきだし »