« 毛皮のマリー | トップページ | ぱんだぱぱんだ »

2009/05/07

写真展ふたつ

4 グリムス7代目プレミアム、4齢、端午の節句(笑)。やっと新聞の切り抜きが終ったよー(T_T)。

 さて連休もおしまい。なのですが、うちはダンナ(前)が土日休は出勤が原則なので、このGWは6日だけが共通の休日。で、どっか行くかー→ダンナが見たい写真展2つ→つきあう、ということに。

 1本目はこちら。野町和嘉の「聖地巡礼」。野町さんは「DAYS JAPAN」の常連さんではなかったろうか。見覚えのある写真もいくつかありました。ベナレスやメッカの写真が有名だけど、今回はエチオピアやアンデスなどを含めた150点(!)。かなり大きく焼いたものもあり、見ごたえがありました。順路がちょっとわかりにくかったけどなー。個人的には、アンデスとエチオピアという、どちらも独自発展を遂げたキリスト教の儀式が面白かったです。ちょっと考えたこともあるけど、もしまとめることができればそのうち(←こんなんばっか)。

 2本目は日本新聞博物館の沖縄タイムス創刊60周年企画展(こちら)。沖タイで昨年連載された「あんやたん」(あんなんだった)のまとめ展示だったみたいです。創刊前の10.10空襲の写真から始まり、沖縄戦後史写真展みたいな感じでしたね。当然ながら、見慣れた写真あり、初めて見るものあり。見慣れたものも大きく伸ばしてあるとまた違ったり。ナイキの発射訓練の写真などは、やはり大きいと違います。自分自身の記憶としてあるのは、海洋博と、そこから飛んで「自動車左側通行」キャンペーンからだな。
 ところどころに挟んである当時の記者のコラム(裏話)も面白かったですが、時制が入り組んでいるところが少しあって、ちょっと注意が必要でした。常設展も駆け足で見たけれど、昭和天皇の即位の礼の頃から写真電送機が使われてたんですねー。びっくし。
 こちらの展覧会は10日まで。新聞博物館は、神奈川県民ホールのすぐ近くでした。入ったことなかったな。

 さて、あしたはざんぎょ。そういえば琴欧州、婚約したんですねー。がんばれー♪

|

« 毛皮のマリー | トップページ | ぱんだぱぱんだ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 写真展ふたつ:

« 毛皮のマリー | トップページ | ぱんだぱぱんだ »