« うっかり者たちのヴェローナ | トップページ | とりあえず、行った »

2009/05/24

ロミジュリ2日め

 なんやかんやでデンマーク・ロイヤルのR&J、2日めにいってきました〜♪ キャスト替わりで、昨日は1階前方、今日は2階。1階前方だと見えなかった部分がよく見えて、話全体も2度目となるとわかりやすい。その分、新鮮な驚きとかは半減しちゃうけども。演出が違うところもあったけど、ダンサー裁量の範囲なのか、ダンサーの資質でそうなっちゃうのか、ぢぶんの記憶違いなのかはよくわからないところも。最終日をもう一度見ればそこいらもわかるんだろうけどなぁ。

 全体に今日の方が「普通のR&J」だったような。……って、昨日はなんだって言う気なんだよ(笑)。舞台のエネルギーそのものは初日の方があったような気がします。今日は席が遠めだったせいかもしれないけどな……。ロミオの好みは今日のビヤケャーよりも断然クロボーですが、好みの範疇かと。技術的に遜色はないんじゃないかな。ジュリエットは甲乙つけがたい。

 ロザラインのヤオ・ウェイがとてもよかったですー。昨日はよくわからなかったロザラインの位置がやっとわかった(笑)。幕開け、ロミオがロザラインに会おうとしてジュリエットの家の側で待っているのはマクミラン版もそうだったと思うんですが、あのロザラインのイメージってもっと年上だったんですよ。この版では、ジュリエットと同世代。お祭り+ジュリエットの社交界デビュー+ジュリエットとパリスの婚約のために、ジュリエットの従姉妹の三人娘がキャピュレット本家に呼ばれてくるって話だったんですね。三人娘(ロザライン、ヘレナ、エミーリア)がみんな同じような衣装なので、初日は今一つ見分けがつかなかった(^^)。

 近くで見ていたらわからなかった群舞の構造もすっきり見えた。最初のチャンバラの元になるキャピュレット家の下働き?の少年(これがピーターらしい)とモンタギュー家の男性との諍いも今日はちゃんと見た。昨日はロミオたちのいる群舞の方に気を取られていて見損なっちゃってたのさー。2幕の広場でも、大道芸の方に集中していて、バルコニーの上のジュリエット達の芝居はほとんど見てなかった(というのに今日気がついた)しなー。

 でもまあ、近かった分、初日の方が感情移入はできたかも(^^)。初日はロミオたちのトリオがどこから見ても「ただのバカ」だったけれど、今日の方が多少分別があるったような。なんつうか、初日の3人って、3人で踊り始めた途端に「♪ぼーくたっち、わーんぱくトーリオだっぞー♪」というあのテーマソングが脳裏に流れてくるようなバカどもだったからなぁ(名家のトリオが「とんちんかん」かよ……orz)。いや基本的にあの3人はそういう役だし、今日も普通の基準でいけば普通にうつけ者だけどな。

 ロレンスはプログラムによると「ロミオの親友」とあるので、そもそも若い人の役なんですね。なんというか、初日は「ロレンスだからブレグバーゼだろうと思って劇場に行ったら、コリッパーだった」くらいのインパクトだったんですが(笑)、今日はシャドルーヒンくらいだな(←どういう喩えだよ……)。あのあわあわした感じは初日のベケルの個性だったようです(笑)。

 マキューシオは今日はマティアキス。ぢぶんが見た「ナポリ」のジェンナロ(主役)ですね。踊りのキレもよくて、やっぱり主役張るだけのことはあるなーと思いました。割と普通にマキューシオだったなぁ(初日がうっかり過ぎっていうか、「こいつ、いつか絶対刺される」ってキャラだったし)。
 エリアソンは今日はロミオパパ。やっぱりかっちょよかったけど、ちょっとしか出てこないのがもったいないなぁ。パリスも今日の方が頼りがいがありそう。というか大人。

 というわけで、今日も今日なりに面白かったんですが、ぢぶんのテンションは昨日が高すぎだったかな、と(^^)。ブルノンヴィルの本山だけあって、脚のラインのきれいな男性が多いし、アントルシャの連続はみごとだし。こういう、ちょっとぬるくてツッコミどころも多いんだけど「一丸となった」感じの舞台はいいな。カンパニーとしてはすっかり気に入ってしまったので、また来日してほしいっす。

|

« うっかり者たちのヴェローナ | トップページ | とりあえず、行った »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロミジュリ2日め:

« うっかり者たちのヴェローナ | トップページ | とりあえず、行った »