« ペトゥホフさんち | トップページ | ロミジュリ2日め »

2009/05/23

うっかり者たちのヴェローナ

 やや業務連絡的に。東バのバヤの主演日程が出ました。バヤ制作日誌でも、公式サイトのスケジュールでも見られます。
 木村・吉岡組に田中ガムキタ━━(゚∀゚)━━!!!  ……ですが、1回きり。くすん。追加公演はないだろうなぁ。やっぱり九州公演がないとダメ?
 それから、祭典追加枠で取ったフェス関連のチケットが届きました。まあ席はもうわかってるからな。

 さて、今日のデンマーク・ロイヤルのロミオとジュリエット(ノイマイヤー版)。すんごく面白かったです。泣いたり笑ったり人大杉だったりして忙しい(笑)。

 考えて見たら、R&Jの全幕って、マクミランとクランコとラブロフスキーしか見てないんですね。ワシリーエフ版はダイジェストをテレビで観た。あとは抜粋しか見てないんですよ。なので大きなことはいえないんですが、なかなかに「ええっ」な演出もあり。

 まだあと2日あるので、ネタバレ的なことは慎みつつ。

 ノイマイヤーなので当然ですが、照明やセットの使い方が、凝ってはいないけどセンスがいい、という印象。キャスト表を見ると、使用人から旅芸人から、全員に名前がついています。それだけ各自の役作りをきちんとしているということでしょうか。広場では、子役も含めてすごい人数がひしめき合うように踊ってますが、それぞれが生き生きしていて、見ていて楽しい。目は疲れるけどな。乱闘シーンのモンタギューとキャピュレットは、タイツの色合いが微妙に違うような。チャンバラの後ろの取っ組み合い、女性同士が壮絶で大笑い(^^)。

 クロボーのロミオがいいですねー♪ 全体に、踊りと演技は地続きではありますが完全に一体というものでもなく、ふとした瞬間のそのアンバランスさがロミオらしい感じ(どういう感じだ)がします。グリンデルのジュリエットは活きがよく(入浴シーンからだよ!)、重厚長大なお貴族様の一族の中で浮きっ放しのお荷物扱いなんだろうなー、というイメージ。溢れんばかりの生命力が若々しい。

 パリスはクピンスキーの弟かな? イメージが似てたような。クロボーともども、ラインがきれいです。いかにも若造なんですが、誠実そう。リフトはちょっといっぱいいっぱいなところも(ノイマイヤーのリフトだもんなぁ)。技術的にはともかく、将来的にはロミオも似合いそうだなぁ。ベンヴォーリオのステーゲルは笑顔が誰かに似てるような気がする……。マキューシオは、ナポリで海王を踊ったエガト。あの海王の冠は、プハチョフにおけるコンラッドのバンダナの機能を果たしてたんだな……(何の機能だ)。ジュリエットママはポワントで踊りまくり。キャピュレット家の三人娘の一人がロザラインだったのかな? ナポリで修道士さまだったエリアソンは、今日はヴェローナ大公。出番が1度しかなくてもったいない〜。迫力のあるいいオヤジだったよー♪ このカンパニーは50代から60代のダンサーも何人かいて、それがカンパニーの厚みを出してる気がします。日本ではなかなかないからなぁ。

 ぢぶん的には、今日は神父様萌え(笑)。ロレンスのベケルは、ロレンスのイメージを裏切る若さで、どう見てもロミオの「物静かな同級生かつ幼なじみ」ですな。ギムナジウム物に一人は出てきそうなヤツ(笑)。通常のR&Jより出番が多くて面白いキャラですが、ひどくうっかり者でもあるような。

 後は畳んでみる。

******

 出てくる主要人物全員が「うっかり者」です。もともとR&Jというのは「うっかりの悲劇」でもあるわけですが、ここまでうっかり者でどうするよ(笑)。

 2大うっかりキングは、マキューシオとロレンス神父。こんなにうっかりなマキューシオは初めてだよ! (・_・)エッ....? と目を疑うような彼の死の場面をお楽しみに。

 そしてさらにうっかり者のロレンス神父。冒頭場面からそうですが、「こいつの策略は絶対に成功しねぇ」としか思えねぇ(笑)。カテコで出てきた時に、「おまえがそんなにニコニコしてどうするよ!」ってツッコんじゃったよ……。

 R&Jでいちばん割をくってるのは大概パリスですが(笑)、今回パリスは死なずにすんだことだし、いちばん可哀想なのはティボルトだよなぁ。つか、ティボルトに「おまえ、悪くないじゃん……」と思ってしまったのは初めてかも。どういうR&Jなんだ。

 というわけで、すっげぇ楽しかったです。

|

« ペトゥホフさんち | トップページ | ロミジュリ2日め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: うっかり者たちのヴェローナ:

« ペトゥホフさんち | トップページ | ロミジュリ2日め »