« 感染映画 | トップページ | 場内アナウンスなど »

2009/05/13

マトリョーシカとか役人とか。

1 グリムス7代目プレミアム6齢。早いなー。
 ようやく仕事の方のメドがたって、来週は1日くらい休みがとれそうな案配。ふう。そして多分、2週間後にはパートさんの手空きを心配しないとならなくなるんかな……。案外と季節労働なんだよな、書店って。

 でまあ、相変わらず売るほど出てくる(売ってるんだよ)「直江兼続」本ですが、変換するたびに「加熱具」となって、あーつーくるしーーいーー(大汗)。単語登録すりゃいいだけのことなんだがな。

 さて。うちの方の新聞販売店では、毎月抽選で明治座から東京タワー水族館まで、いろんなチケットをくれるサービスがあるんですが、今回四季の「アンデルセン」があったんで応募してみました。……見事にハズレでしたけども。で、当たったのは第3希望の東京都写真美術館の企画展(定価500円)だったんですが、第2希望で出したのはこちら。東京おもちゃ美術館の「マトリョーシカがやってきた!ロシアのおもちゃ展」。なんたって、マトリョーシカがやってくるんですよ(^^)。えっちらおっちら。サイトがちょっとみづらいですけど、「マトリョーシカ絵付け教室」とか「マトリョーシカポーチをつくろう」だの、ワークショップ(というか体験教室というか)もあるようです。なんとはなしに楽しそうでしょ? 7月末まで、四谷三丁目だそうです。 ……こっちがはずれるとは思わなかったんですけどねぃ。

 「毛皮のマリー」の東京公演は無事終ったようですが、プロデュース元のパルコ劇場によると、9月から10月にかけて、同じく寺山修司作の「中国の不思議な役人」をやるそうです(こちら)。キャストなどはまだ出てませんが、どんななるんだろうなー。2007年に池の下がやった時はこんなだったそうです。ベジャールの「役人」もバルトーク「まんま」ではないわけですが、寺山ももちろん似て非なるものになってるんだろうし。忘れなかったら見に行こうかなー。

 

|

« 感染映画 | トップページ | 場内アナウンスなど »

コメント

ママ〜ドュユリメンバー〜♪ やっと下の記事へのコメントが書けそうです。
当時は終末思想みたいなのが広がっていて(犯人=ノストラダムス)、「日本沈没」とかありましたよね。私はまだ中学生だったので、映画館には行けず、専らテレビ鑑賞でしたが、三つ上の兄は、東京の私立高に通っていたので、よく観ていたようです。千葉さんは、「戦国自衛隊」にも出てましたね〜。冒頭の歌は、「人間の証明」の主題歌なんだけど、クィーンの「ボヘミアン・ラプソディー」によく似ていましたな。
「野性の証明」では、細目の高倉健さんが、結構大きめの薬師丸ひろ子をおんぶして走る姿が印象的だした。まだ「セーラー服と機関銃」で、快感デビューする前のひろ子ちゃん、可愛かったな〜。他にも「砂の器」とか(おじいさん俳優の加藤嘉さんのファンだった♪)、テレビドラマでは「白い巨塔」とか、映画もテレビも結構日本物が健闘してましたね〜。横溝正史シリーズも、恐かったけど面白かったな〜(祟りじゃ!とか(^^)v)。
今まで挙げた作品は、近年SMAPの面々でリメイクされていますが、当時オリジナルを観ていた兄によれば、迫力不足で全然ダメ!だそうです。私も「忠臣蔵」や「新撰組」は絶対オリジナル!のクチだす(先のほうは、正確には「元禄太平記」)。あ〜昔はテレビも面白かったな〜。年寄り臭いですが、今の若い芸能人には、全然魅力を感じないんだな〜。顔がイケてるだけで、味が無いんだよな〜役者としての。ヅカにも言える事ですが…。
ああ、また収拾がつかなくなって来た!取りあえずこれにて〜(^_^)/~

投稿: ノリコン | 2009/05/13 09:36

マトリョーシカ、楽しそう!
おもちゃ美術館ってまだ行った事ない。
興味はあるんだけれど・・・。
もしかするとこれって「アンデルセン」より倍率高いかもョ。
小学生以下の子を持つ親は全員応募するもん。
私も行きたい!
夏休みになったら行こうかなぁ。

投稿: ばむ | 2009/05/13 12:30

え〜本日二回目の登場です(;^_^A
今更ながらでアレですが、昨年の今頃やっていた朝の連ドラ「瞳」の出演者に、ジーパンの母役だった菅井きんさんが出ていて、お〜っ懐かしい!まだお元気なのね、嬉しいっ!と思った訳ですが、その息子役が、前田の吟さんだったんですよね〜。金と銀、親子で百歳!(は、ゆうに越えてただろうな)。いや〜NHKに、一本取られたっ!
すみません、タイトルに関係ないコメントで(^o^;
でも、気付いてしまった以上誰かに言わないと、今夜眠れなくなりそうで…。
ではお休みなさい(よい子はもう寝る時間)。
PS:ひゃくさいを一発変換しようと思ったら、「ひゃ臭い」と出ましただよ、うちの携帯。これでしばらく牛のように笑っていられるな(^^)v

投稿: ノリコン | 2009/05/13 20:20

ノリコンさん、どうもですー♪
当時の角川映画は有無をもいわせん!っていう気合いというか、迫力がありましたよねー。
ぢぶんなんざいまだに、探し物のたびに「かあさん、ぼくのあの……」ってつぶやいちゃったりしますよ(三つ子の魂……)。風邪で咽がつぶれたら「おかあさん、すけきよです……」もやっちゃうし。
ちょうど犬神家が小学生の高学年でしたから(←夏休みのプールは逆立ちの群れ)もっぱらテレビに落ちてきたのを見てたクチですねー。

でも沖田総司は草刈正雄じゃなくて島田順司がデフォだったりして(^^)。

きんさん、ぎんさんといえば、初めてお二人がテレビに出た時(通販生活でしたよね)、「あ、八つ墓村」って思いませんでした?(←会社の若い子に「何ですかそれ」っていわれちゃってー T_T)。

投稿: 綾瀬川 | 2009/05/14 01:07

ばむさん、どうもですー♪
マトリョーシカ自体がもう少しマイナーなものかと思ったんだけど、あまかっただよ……orz。

おもちゃ美術館の催しって、テレビのニュースの「地域のニュースです」ってところで時々出てますよねー。
体験コースもいろいろあるから、夏休みの自由研究とか工作とかにはいいみたい。
手作りキットのところにある指人形が妙に可愛いんだよ。

というわけで、地味に写真美術館の「プレスカメラマンストーリー」に行きますだ(^^)。

投稿: 綾瀬川 | 2009/05/14 01:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マトリョーシカとか役人とか。:

« 感染映画 | トップページ | 場内アナウンスなど »