« いろんなものがなくなって | トップページ | マトリョーシカとか役人とか。 »

2009/05/12

感染映画

 「綾瀬川さんは「復活の日」って知ってますよねー」と同僚が言うので、「ロードショーで見にいったけどー?」

 ええ、聞いてきた同僚は「小学生でおぼろげに覚えてて」、もう一人は「知ってはい」て、もう一人はまるで知らなかったんですけどね……orz。ええ、ええ、高校生でロードショーで見ましたよ。新宿のスカラ座で、サウナレインボーのCM見ながらさぁ。オリビアがまだ布施明と結婚する前だったさぁ。そんで、草刈正雄のファンだったんだよ、と言おうとして「草刈たみお」とかわけわかんないこと口走っちゃったさぁ。

   プレミアムBoxなんて出てたんだ……。この手の映画の常連だった千葉ちゃんは南極隊員。原潜の艦長役のチャック・コナーズがかっこよかったなぁ(←この頃既にオヤジ好き)。

 今頃この映画が話題に上ったのは例の新型インフルエンザのせいなんですが(あらすじなどはこちら)、原作は64年です。もう冷戦まっただ中。ARS(いわゆるMADシステム)なんて冷戦の産物以外の何者でもないよなぁ。映画公開の80年というのは、こうした相互報復による滅亡というのが、リアルに感じられる時代でしたよ。出だしが生物兵器だし。ダンサーとも演奏家とも関係ない「MM」ウイルス。
 結局生き残るのはMM-88ウイルスが生きられない南極にいた人々と、蔓延する前に出航した潜水艦乗員だけなんだけど、艦内に感染者を抱えて南極に救助を求めるソ連原潜(もちろん受入れられない)と、その原潜を撃破して「じゃあっ!」と去って行こうとする英雄的米原潜ってとこにも、微妙な冷戦構造を感じるよなぁ。

 ワシントンからの決死の脱出行の途中、壊れた教会の中での草刈正雄の一方的なダイアローグが、通俗的ながら、白眉かと。あのシーン好きなんだよな。原作のちょっと肩透かしなラストも好きなんだが(でもすでに記憶はおぼろ……)。

 まあでも今のこの事態なら、「アウトブレイク」の方を思い出しそうなもんですけどね(^^)。
 ダスティ・ホフマンが好きさっ。

|

« いろんなものがなくなって | トップページ | マトリョーシカとか役人とか。 »

コメント

どうもー、連日お邪魔虫です〜(^o^;
ああ〜もう書きたい事がいっぱい、太陽がいっぱい、思い出がいっぱいで、収拾がつかないくらいです〜!
私が高校二年の時ハマったのが、田村正和で、当時34歳くらいだった時の事です。
田村と言えば三兄弟、父は板妻、まさに今のマチューのようでしたな。
で、田村兄弟三人で父の演じた役を舞台でやる、という公演が当時の東京宝塚劇場である、というので、何が何でも観に行かねば!と気合いを入れて、学校が終わって速攻で家に帰り、母の縫ってくれたウールのアンサンブル(着物ですな)を着込み、中村勘九郎(現勘三郎)ファンの友人が帝劇に観に行く日に合わせてチケットを取って、連れ立って行きました(何せ真面目な高校生だったので、夜遅く帰宅、それも一人でなんて許されない時代でしたからね〜)。
第一部が次男・正和主演のチャンバラ時代劇「雄呂血」、第二部が長男・高広と三男・亮共演の「無法松の一生」。
正和様ももちろん素敵で、着物の裾から覗くお御足にうっとりでしたが(どこ見てたんだよ…)、意外に感動したのが無法松のほうで、もうボロボロ大泣き、大変でした。
一介の車引きと将校の未亡人、所詮叶わぬ恋。ぼんぼんを背負って歌う「おぼろ月夜」ですでに号泣、松五郎が死んだ後、コオリを開けてみたら、もらったお手当てを遣わずに、夫人とぼんぼん名義の預金通帳が出て来て…でまたまた号泣。
さすが高広さん、長男の風格バッチリでした! もう故人なんですよね…、御冥福をお祈りしますm(__)m
このところ芸能界も訃報続き、森光子が89歳で国民栄誉賞なんて明るいニュースもありますが、自分が今置かれている状況からして、どうしてもマイナー志向になりがちです。だからこそこちらでテンションを上げさせて頂き、明日への活力に繋げています(サイモンとガーファンクル、いや☆ンケ★?)
ここで綾瀬川さんに日頃の感謝を込めて、世良公則になって叫んでみます。
燃えろ、いい女!!
失礼しました。続きはまたの機会に(まだありますのよ〜(;^_^A)

投稿: ノリコン | 2009/05/12 19:49

おおっ、いきなり田村正和ですかっ!
(くくりとしてなんとなくわからなくはない……)

>着物の裾から覗くお御足にうっとりでした
高校の頃からそこですかいっ。
34の田村正和、なんだか想像できるようなできないようなですが
(↑さすがに記憶が……)
狂四郎役者ですもん、よかったろうなぁ……。

無法松、映画も見てはいないのですが、
博多で全国合宿をやったときに、地元の人に
「無法松の碑」ってヤツに連れていかれましたよ(^^)。

で、ぢつをいうと、ぢぶんのカラオケ咽慣らしの一発目は
「あんバラ」だったりします(^^)。
声域が世良に近いの…ってどういう声だ、ぢぶん。
もう5年かそこら、カラオケ行ってないですねー。


投稿: 綾瀬川 | 2009/05/13 00:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101065/44985501

この記事へのトラックバック一覧です: 感染映画:

« いろんなものがなくなって | トップページ | マトリョーシカとか役人とか。 »