« 三部衆…… | トップページ | ラジャ、キタ━━(゚∀゚)━━!!! »

2009/06/01

第2会場では

090524_19110001 てなわけで今日のシンポの話とか、まだヴェローナ大公が出てきたところまでのR&Jレポとか、いろいろあるんですけど、とりあえず東博の出口まで行こうかと(苦笑)。写真は夜の東博(本館)。

 阿修羅周りというか、えー、「メッカのカアバの周り」を思い出しちゃいました。規模が全然違うけどな。

 一度中央通路に出てから第2会場。みなさん目的を達したからか、疲れちゃったのか、ここまで来ると人は多いが滞留はしてない。いきなりのっけから四天王像(中金堂)で、「い、いらしてたんですかいっ!」と不必要にびびってみたり。こんなに一度にお留守にして、奈良の守りは大丈夫なんかい、って気になりますが、まあまだ山ほどいらっしゃいますからなぁ。興福寺だけでも。
 しかしやっぱり近くで見るとでかいなー。奈良の乾漆仏の繊細さも好きですが、鎌倉系の強さも好き(でもどうせなら南円堂の……ごにょごにょ)。

 突き当たりは薬王・薬上の二人。薬師系の兄弟菩薩です。脇侍として創られたのでややシンメトリー。今回の中でいちばん大きな仏さま。人込みの中でおばあちゃんがじっと拝んでいて、「同志〜♪」と手を握りたい気持ち(^^)。像が大きいので、出口近くから振り返る感じで相対しました。やっぱり大きいです(^^)。いろんな意味で。仏教でいうところの「悲」というのは「悲しい」という意味ではなくてもっと包容力のあることばですが、思い浮かぶのはそうしたことばです。
 飛天や仏頭も来てたけど、結構破損してたなぁ……。

 こういう構成で見せたい、という展示意図は非常に明確でしたが、いかんせん第1会場と第2会場の密度が違い過ぎて、ペース配分を誤った感じ。まあ最後の方の密度が高いと、それはそれで疲れるから多少尻つぼみの方がいいとは言えるんですが。むしろ、トップに阿修羅もってっちゃって、後は安心して回るってのも(展示方法としてはかなり邪道ですが)、いっそひと思いにそうしてくれ、って気もしました。
 本当はやっぱりちゃんと現地のお堂で見たいですけどね。受けとるものが博物館とは段違いなので。

 近代以降のものはともかくとして、仏像というものは、創るもの、依頼するもの、預かるもの(寺にせよ個人にせよ)、それを守るもの、たくさんの想いの積み重ねがあって、長い長い年月の中で、「仏像」として創り上げられてきたのだと、ぢぶんはそんな風に思います。今彼らが美しいとすれば、その想いの積み重ねによるのだと。

******

 さて、日付はかわりましたが、シヴァっちの誕生日でした。20代最後の年が実り多きものでありますように。なんか今年もやきもきしそうなんだけど、その一連が彼にとっての財産にもなりますように。
 1日だけ、彼へのトップイラストです。

|

« 三部衆…… | トップページ | ラジャ、キタ━━(゚∀゚)━━!!! »

コメント

こんにちは!
阿修羅展レポを拝見していると行きたくなって困る。
人の頭越しに見るよりはTVでアップ映像を見ようと決心してたんだけれど・・・。
でも他の皆様は現場でないとお会いできないし・・・。
王義之は頑張って見に行ったんだけれど・・・。
嗚呼、どうしよう・・・。

投稿: ばむ | 2009/06/01 11:48

ぢぶんが行った時は、第一展示室と阿修羅以外は、人の頭越しというほどのことはなくて、それなりに観られましたよー♪
第一展示室は展示物が細かくて(出土物とか工芸品とか)、展示ケースを覗き込む形になるので、ちょっと厳しかった。
阿修羅はまあ、「観る」のレベルではないな……。
ほかの像を見に行くつもりで行くなら、というところですかねぃ。
ただ、7日で終了なので、追い込みでさらに混んでるかも。

http://m.asahi.com/go/ashura
(携帯のみ)で、待ち時間が見られます。便利になったもんだねぃ。

投稿: 綾瀬川 | 2009/06/02 01:14

ああ・・・七日までだったのよねぇ。
ちょっと無理かも。
老後の楽しみに取っておこう。
しかし携帯で待ち時間が見られるとは便利な世の中だ。

投稿: ばむ | 2009/06/02 08:26

ちなみに今日の昼休みに見てみたら120分待ち(爆)。
ランラン・カンカン並みになってましたがな。
6時半ごろは0〜10分待ちだった。
前売りを持ってる人の駆け込みもあるだろうなぁ。
なんか、いい時にぽこっと行ってこれたのかもです。

投稿: 綾瀬川 | 2009/06/03 00:07

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 第2会場では:

« 三部衆…… | トップページ | ラジャ、キタ━━(゚∀゚)━━!!! »