« ヨハネ受難曲 | トップページ | ヨハネ受難曲、アップしました。 »

2009/07/06

クルベリふたつ

 今日は夕方から谷桃子バレエ団の「ロミオとジュリエット/令嬢ジュリー」。いやー、てっきりゆうぽうとだと思っていたら、新国立の中劇場でした。あぶない、あぶない。しかも新宿で乗り換えて、降りたらなぜか伊勢丹前だし(汗)。なにやってんだ、ぢぶん。「令嬢ジュリー」は話には聞いていたけれど、見る機会があまりないので、この機に見てみようかと。谷さんちは初めてなので、知っているダンサーといえば、佐多さんのところで見た永橋あゆみさんと高部尚子さんくらい。ということで、お二人の主演の日を選びました。

 「ロミジュリ」はクルベリ版。これも見る機会があまりあるような気がしない。音楽はプロコですが、1幕物に凝縮してあるので、使われている音楽が通常の場面ではなかったりします(例えば幕開けはキャピュレット家の情景で、いきなりクッションダンスの音楽)。なので、「これはどこの場面だっけなー」みたいな余計な事にちょっと気をとられたり。
 セットはなし。照明もシンプルで、人数も少なく(神父、ヴェンボーリオ、乳母などがいない)、ダイジェストというよりも「エッセンス」という感じ。

 とにかく「永橋さんのジュリエットがかーわーいーーいーー♪」でした。無防備で、無分別な子ども(若者というより)の恋。一直線に駆け抜けて行くジュリエットでした。ロミオの斎藤拓さんも、ロミオだけのことはあるなー、と。あとジュリエットパパの桝竹さん(ゲスト)がかっちょよかったよー♪ あとはまあ、いろいろと。振付・演出自体も微妙だな。初演年度がわからないけど(プログラムにない)、クルベリのいつごろの作品なんだろう。振り自体は難しくはないけれど、これを「魅せる」ように踊るのはたいへんだろうなー、という感じ。

 まあ演出でいうとですね、「おまえ、今その薬瓶、どこから出したよ、ジュリエットーーーぉっ!!」、っていう(^^)。一瞬、「ヤマトタケルの冒険」(BYゆうきまさみ)を思い出しちまったよ。ロレンスがいないもんだからねぇ。んで、ロミオはジュリエットの握りしめてる薬瓶の毒薬を飲むんです。二人とも、生き返るんじゃねぇか、それ。いや、ロレンスがいないから、本当に毒薬だったみたいですけども。なんだかな。

 「令嬢ジュリー」の方が、作品としても舞台としてもよかったです。こちらもクルベリ作品。
 高部さんは、男をなめきった「ヤな令嬢」から、男に踏みしだかれて打ちのめされたラストまで、まさに「女優」のようでした。下男のジャンを踊ったのは三木雄馬さん。名前はよく眼にしていたものの、見るのは初めて。ジャンプは高く、脚は鋭く、回転は速く、顔はよく、で、言うとこなしだな。難を言うと、立派過ぎて下男に見えない(笑)。今流行りの「イケメン執事」ってヤツだな。衣装も「下男」じゃないと思いますけどねー。男の荒っぽさはあったんですが。いや、素敵でしたよ、実際。
 群舞は「使用人」たちの野卑な奔放さがよかったです。こちらの方がロミジュリよりも自由なのかもしれない。

 「ヨハネ」の方は早書きしたので、早々にアップできると思います。「ジゼル」はヒラリオンがポイされたところまで。

|

« ヨハネ受難曲 | トップページ | ヨハネ受難曲、アップしました。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: クルベリふたつ:

« ヨハネ受難曲 | トップページ | ヨハネ受難曲、アップしました。 »