« 沼津文化センター&駅弁 | トップページ | 閑話休題 »

2009/08/12

Bプロ最終日

 というわけで、朝方地震にたたき起こされました。うちの辺りは震度4でしたが、スチール本棚がゆっさんゆっさん揺れるのを「なかなか中身までは落ちないもんだなー」と半ば感心して眺めておりました。詰め込んどくもんだな(←微妙にのんき)。 
 それでもやはり通勤時間帯でなかったのは幸いではなかったかと。例えば日暮里駅辺りで震度5くらいで通勤時間帯だったら、ホームから人が落ちても不思議はないですよ(というか、以前は地震がなくても人が落ちないのが不思議なくらいだったんだが)。日本の防災意識も防災技術もたいしたもんだと思いますが、地下鉄についてるような転落防止壁(大人の胸までくらいのヤツ)を、山手線や中央線やターミナル駅には早急につけるべきだと思うな、やっぱり。

 それはさておき。

 フェスBプロ最終日です。電車に遅れや運休が出ていた事もあって、5分押し始まりながらも間に合わなかった人も結構いたようです(ただでさえ平日だしね)。地震慣れしてないダンサーの人はびっくりしたろうな……。

 今日はぢぶんとしては、フォーゲルでポリーナでカレーニョでルシンダでギエム&ニコラでヴィシでマラーホフでアイシュバルトでした♪

 そして何よりも何よりも、ロスとジルでした (ノ_-。)。バランシンが「目で見るチャイコフスキー」だとしたら、ベジャールは「目で見るシャンソン」なんだ。「シャンソンは人生そのもの」といったのはピアフだったろうか、と二人のソロを見ながらぼんやりと思い、そして3曲目、二人のデュオになったらもう涙が溢れてきて。ちゃんと見なきゃ、と思いながらもダメでした。ベジャールはなんと素晴らしい贈り物を遺してくれたんだろう、二人を遺してくれてありがとう、たくさんの作品をありがとう、ともう胸がいっぱいで。

 カテコでは、カレーニョ・ジル・フォーゲル・マラーホフと、なんともオイシイ並び(笑)。ジルはAとBでパートナーがちがったので、入る場所がちがうんですね(女性のアルファベット順だから)。下手側では、ルグリ、ニコラ、ジョゼと何気にオペラ座組が固まってたり。恒例、最終日の手ぬぐい投げでは、カレーニョとマラーホフの二人のオチャメが炸裂。ジルも、普段の舞台では見ることのできないような満面の笑顔(だいぶオケピに投げ込んじゃってたけどな ^^)。最終日らしい盛り上がりで終りました。

 とはいえ、あとガラ、全幕+特別プロ×2と、ぢぶん的にはまだやっと半分終ったところ(笑)。13日、会社休めるかなぁ……orz。

|

« 沼津文化センター&駅弁 | トップページ | 閑話休題 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: Bプロ最終日:

« 沼津文化センター&駅弁 | トップページ | 閑話休題 »