« 「花と兵隊」アップしました | トップページ | フォースとともにだらだらしよう »

2009/08/22

今月の産直

 夏休みとて、パートさんも休みがち。しかもいきなりとか。というわけで、月末に向けてやや残業気味。レポは書いたり消したり。それ以上に寝たり(←今、例に寄って寝起き)。

 さて。頭が動いてないので、あまり考えずにすむこと。

090808_11370002 以前から何人かの友人から「産直で取ってる野菜って、どんな?」という質問を受けていたのでちょっとご紹介。
 
 ぢぶんが取ってる野菜というのは「三里塚ワンパック」という、「完全無農薬有機栽培」の野菜のセットです(詳しくはこちら)。初期(1976年〜)は生協のような共同購入のみでしたが、現在は宅配パックも。ぢぶんは、最初に所帯をもった(笑)16年前に、友人から「ギフトパック」をお祝いにもらい、それ以来(ちょっと間が抜けたこともありましたが)、今に至るまで宅配パックのお世話になってます。

 上の写真は8月8日着の便。本来は「毎週便」と「隔週便」なのですが、ぢぶんはわがままをいって「月1便」にしてもらっています。
 中身は、じゃがいも(レッドムーン・400g)、タマネギ(400g)、赤タマネギ(100g)、ゴーヤ(1)、ピーマン(4)、小松菜(200g)、つる菜(210g)、モロヘイヤ(100g)、なす(3)、ミニトマト(200g)、ししとう(少々)、きゅうり(1)、ニンニク(1)、バジル(2)
 マエストロは「大きさ指標」なので、セットに含まれません(^^)。

 これが「SS」で、送料込み2030円(夏はクール便代が+210円)。確かに安くはないです。でもぢぶんのような生活をしていると、だいたいこれで1月分、足りない野菜(キノコ類とか、入らなかったものとか)を買い足してちょうど、の分量。冬みたいに残業が続く上に、白菜・大根とくると食べ切れなくなるので、ダンナに半分持ってってもらったりしてます。
 なにより、強制的に送られてくるから食べざるを得ないってんで、自炊率と野菜摂取率のキープに役立ってます(^^)。これ取ってなかったら、野菜摂取率はぐんと下がったろうな。

 虫に関する逸話には事欠きませんが(笑)、16年前に比べれば少なくなりましたー。ははは。先月は「防虫ネット、突破されましたっ!」ってことでキャベツが集合住宅状態でしたが(←最近はちょっと見ただけでどれくらいいるかがわかるように ^^)、いるかいないかぐらいの月の方が多いです。ぢぶんは大概キッチンタオルでつまんでつぶしてます(←毛がはえてないのは平気)。

 味がいちばんちがうと思うのは、ニンジンと大根(特に三浦)と里芋。これはもう、全然違います。三浦と聖護院は、スが入ってしまっても味もやわらかさも段違いです。トマトは昔のトマトのような青味がかった味。同じニンジンやじゃがいも、ほうれん草でも、その時期に見合った品種がくるので、それぞれの品種の味が楽しめます。大根なんて、年間で6〜7種類来るんじゃないかな。

 でもまあ、ぢぶんがここをごひいきにしているいちばんの理由は「おまかせパック」だから、というところ。何が来るかは箱を開けてみるまでわからない。このワクワク感がたまらないんですよねー(^^)。今月は何かなー、そろそろアレ来るかなー、という。初めて見る野菜もずいぶんありました。もちろん苦手なものも入ってくるので、そう言うときはダンナか会社の人に回したり(単品売りもあります)。

 もう一つの楽しみは「間引き野菜」。これがうまいんだなー♪ とうもろこしの間引きはもちろん「ヤングコーン」ですが、カブの間引き菜がまたシャキシャキでうまい♪ 小松菜のトウとか、ネギ坊主のちっこいのとか、意外なものがうまかったりするんだよな。これも実はパックをやめられない理由のひとつだったりします。

 スーパーや八百屋の野菜と比べて、食べるまでにそれなりの手間がかかるんですが(土が奥まで入ってるので)、それが当たり前になると特にどうということもなく。ひとりもんなので逆に気楽にできるのかもしれないなぁ。

 さ、週末レポがんばろ。

|

« 「花と兵隊」アップしました | トップページ | フォースとともにだらだらしよう »

コメント

野菜なので、出てきちゃいました(出てくるだろうと思ったでしょ・笑)
ねぎ坊主ですよ、あなた!
春の好物3大野菜のひとつ。
天ぷらにして、お塩で食べると、お酒が進みますー。
最多で15個くらい食べた過去有り←どんだけ大食いなんだ

大根は品種が多く、それぞれに適した調理方法があるので
うちではいつも5種類くらい作っています。
(できるとそんなことは言ってられないのだけど^-^)
おろしに最適なもの、沢庵に最適なもの、煮物に最適なもの、それぞれ違うので、
例えば漬物に適している大根をおろしにすると
辛さが足りなく感じたり、煮物にするといつまでもしっかりした食感になります。
大根はおもしろいですよ!奥が深いお野菜です。
地方によっても品種が全然違うので、旅行の時は種がお土産の我が家です。

投稿: 矢羽 | 2009/08/22 08:45

やっぱりですね、虫も食わぬお野菜というのは、それなりにそれなりなので、うむむむむ、はい、虫さんこんにちわー、はしかたないな、と思います。
ま、できれば遭遇したくはないですけど(笑)
わたしはトマトは生で食べるなら昔の青臭い方が好きですね。(苺も女蜂ぐらいの酸味があるほうが好き。基本的にすっぱいものが好き)

転職を考えたとき、まったく見知らぬ土地で農家、、、というのもあったんですが、、、、免許がなくて却下、でした。(あとは犬から離れられないっつーのもあり)

投稿: おロシア人 | 2009/08/22 09:43

矢羽さん、
ネギ坊主15個は生産者の強み! だっちゃよ。
ネギ1本につき1個だから、うちじゃせいぜい3〜4個。
余熱でゆでる、くらいな感じで味噌汁ってのもイけます。

大根はパックで目覚めましたねー(笑)。
大根サラダというよりも「スライスしておかかと醤油」ですが、
中や下までがっつり緑の中国大根がお気に入りです。
煮物系大根は面倒な時は、「茹でて練り味噌」(←とてもふろ吹きとは呼べない)。
1人で三浦1本食い切りは、正直大変ですが(笑)。
同梱されてくるチラシに「これは何だから何に使え」という案内があるのですが、
スーパーや八百屋の表示はせいぜい「三浦」と「青首」ですもんねぇ。
あとオカヒジキもパックで目覚めたです(^^)。

投稿: 綾瀬川 | 2009/08/22 23:47

おロシア人さん、
冷蔵庫の中で尺を計ってらっしゃる方がいらした時には、
「うちの冷蔵庫はダイジョブなのか!」と心配でしたよ(T_T)。
ま、慣れですよね、大部分は。
ここのグループは研修生を積極的に受入れているので、
時々「失敗」もしてますけれど、
そうした研修生たちが成長して、農業グループを作って、
今度は生産者として出荷して……というのもまた楽しみのひとつです。

(そしてココちゃんのそばにはいてあげて…… ^^)

投稿: 綾瀬川 | 2009/08/22 23:54

中国はすごいよ。→大根
日本の大根に比べてタフで、あまり環境を選びません。
緑のは、おろしにしても綺麗だよね。
中が紅のもあって、こちらもとっても綺麗です。(冬にあげる☆)
昨日は茗荷を収穫しました。おかかとツナと刻んだ山盛り茗荷で炒飯に。
新しいお野菜の1番お勧めは南米の小さなお芋、アピオス。
素揚げにして、むかご感覚で食べてます。おいしいす。

投稿: 矢羽 | 2009/08/23 19:57

中が赤いの、この冬(去年つーか、今年っつーか)初めて食べました!
ニンジンなしで紅白なますができる(笑)。
緑のおろしは「翡翠なんとか」って感じですよね(点心風料理名)。
アピオスはまだ食べたことがない。
南米産だと、ヤーコンはちょっとはまりました。かたやきそばに入れるのが好き(くわい感覚)。

「ツナ缶は神」って時々思う(笑)。

投稿: 綾瀬川 | 2009/08/24 00:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今月の産直:

« 「花と兵隊」アップしました | トップページ | フォースとともにだらだらしよう »