« 松山というサンクチュアリ | トップページ | 松山の半分アップ/来年のカブキ »

2009/12/07

卵熱

 つうことで、山海塾「卵を立てることから 卵熱」を観に。2度目の山海塾、初生天児さん。

 やはり天児さんは圧倒的でした。「存在感」などという言葉を使うのもはばかられるくらい。「在る」ということそのものの持つ力、とでもいえばいいのでしょうか。動きのある時はそちらに目を奪われがちですが、動きのない長い間(ま)でこそ、その力は圧倒的で。

 ちょっと飛躍的ですが、それは前日に観た森下さんもそうなんですよね。ポワントで立ってポーズをとって停まる、その時の圧倒的な「在る」という力。天児さんと森下さんとは同年代ですが(ひとつ違いかな)、舞台に立ち続けてきた人の肉体には、同種の力が宿るのだろうかと、ふとそんなことを考えたりしました。

 戻って、やや箇条書き的に。

 コンテンポラリーを含むバレエでは、よく「身体能力」ということばが使われますが、舞踏の場合のそれは、「身体のコントロール力」なんだなあ、というのも改めて。もちろん、バレエ等でいう「身体能力」の中にも抑制する力を含めたコントロール力は含まれているのですが、例えば跳んだり回ったり脚を上げたりという意味での「身体能力」というよりも、いかに力(と動き)を抑制するのか、言い換えれば「身体の中に力を溜めるのか」という面が際立っているなあ、と。

 コンテンポラリーとクラシックを観る場合では、感じる頭の部位を切り替えているんじゃないかと自分では思うんですが(自動スイッチみたいにね)、「これは何を言いたいのかしら?」と言いたがる向きにはやはり向かないものでもあるな、とも。ぢぶんがいちばん言いたがっているような気はするんだけど(笑)、不思議とコンテでは思わないんですよね。イメージや解釈は、向こうから来る時もあるけど、来なくても別に構わないというか。
 今回も、いくつかの場面でいくつかのイメージを感じる、そういう舞台でした。非常に即興的でもあり、しかし綿密に組み立てられた動き。動きの美しさ、肉体の美しさ。

 剃髪・白塗りという「肉体そのもの」を観るだけあって、人の同定は早いんですが、名前と一致しない(T_T)。だってプロフ写真がついてるわけじゃないんだもん。
 多分、市原さんだと思うんですが自信はない(うーむ)。カテコの時に天児さんの下手側隣にいる(蝉丸さんと逆)、背の高い人。「金柑少年」で「豆太郎」だったと思うんですが。彼がとっても好きなんですよ(笑)。身体も、動きも。「金柑少年」の時は、ちょっとぢぶんの精神状態が不安定だったこともあって、いろいろと打ちのめされちゃったりしたんですが(笑)、今回あらためて「好みだー」と。ミーハーだな、結局。カテコの時に、腰の脇ですごく控えめに「ばいばい」するのがカワイイんだ(^^)。

 カテコを含めた天児さんのイメージは「大阿闍梨」というか。此岸と彼岸の間の此岸のはしっこ。羅漢的な、でも決して彼岸ではなく。

 照明や動きの間(ま)の取り方に「Push」を思わせる部分もあったり。もちろん、マリファントの方が後だし、ベクトルも肉体言語も違うものだけど、ちょっと面白いです。

 で、「ひびき」のDVDと、2001年版のパンフ(小さい方)を買っちゃいました。大きい方のパンフは前回買ったし。
 卵ピアス、欲しいなー(←やっぱりミーハー)。

|

« 松山というサンクチュアリ | トップページ | 松山の半分アップ/来年のカブキ »

コメント

はじめまして、こんにちは。通りすがりの山海塾ファンです。

卵熱、すばらしかったですね~。
そうです、その方が市原さんです!豆太郎です!彼、すてきですよね~。
私も卵ピアス、欲しいです!(←私もミーハー)
「ひびき」DVDも、カメラアングル最高ですよね!しばらく山海塾熱がつづきそうです。

投稿: 山海塾ファン | 2009/12/07 06:35

ヤマト見ちった。
ヤマト見ちった。
ヤマト見ちった。にまにまにま・・・
すいません、↑と何にも関係ない意味不明なコメで。
にまにましたかっただけなので、お返事不要です。
おじゃましました。

投稿: ばむ | 2009/12/07 12:49

山海塾ファンさん、
早速に教えてくださってありがとうございます!
市原さんであってたんですね(安堵)。
前回の「豆太郎」の後のあの激しいソロで
すっかりヤられてしまいました(^^)。
DVDはまだ観ていないんですが、DVD用のパフォーマンスということで
正月休みの楽しみです♪
アンケートには、山海塾にもっと日本で公演してほしいと書いておきました。
また見たいですね!

投稿: 綾瀬川 | 2009/12/08 00:17

>ばむさん
ああーーっっ、今週末からだと思ってたのに!
前売り買い損なってますよ。
で、にまにまするくらいの出来なわけだな?

待っていたまえ、ヤマトの諸君。

投稿: 綾瀬川 | 2009/12/08 00:19

訂正
復活編でなくて、TVの奴。
ごめん、紛らわしい書き方して。
旦那が録画してたのよ、伊武さんの声が若かった。

投稿: ばむ | 2009/12/08 09:58

こんばんは~。
実は私も市原さん好きです~(♪)。豆太郎も本当によかったですよね。
「山海塾の何がそんなに私をっっ!!」とか言ってる反面、残りの半分くらいは「かっこえ~」と思いながら、ただただ見てます。舞踏手のプロフィールがないのも、もどかしい反面、なんか潔くて格好良いと思っちゃったりして(私もミーハー)。家に帰ってから、必死になって調べてるんですけど(笑)。
森下さんも、早く見なければといつも思っているんですが、まだ見ていないんですよね、、、。本当に早く見なきゃ~。

投稿: uno | 2009/12/08 22:53

>ばむさん
あ、早とちり(^^)。
公開前の連動企画ってヤツかな。
番組表をこまめにチェックすれば、いろいろやってるんだろうねー。
(↑ 相変わらず無精)

投稿: 綾瀬川 | 2009/12/08 23:55

>unoさん
市原さん、素敵ですよねー♪
今回は最後の、左右に別れて、脇花道っていうんでしょうか、
帰っていく時の滑らかな動きに見惚れてました。
私もなんやかんやいって、「美しー」と「かっちょえー」だったりします(笑)。
「卵熱」の方のDVDは、次のお楽しみにと思って買わなかったんですが
(……って、本当はお財布事情です)、
やっぱり買えばよかったかなーと思ってみたり。

松山も好き嫌いの分かれるカンパニーだとは思うのですが
森下さんのポワントはやはりスゴイです。
清水さんもご自身のソロはちょっとキツイ感じですが
サポートに関してはまったく不安がないのがスゴイです。
ゴールデンウィークはロミジュリだそうですよ。

投稿: 綾瀬川 | 2009/12/09 01:16

また、あそびにきちゃいました

「卵熱」DVDも買いましたが、若々しい天児さんと蝉丸さんが美しすぎてメロメロです
こちらもお正月にぜひ

投稿: 山海塾ファン | 2009/12/09 01:51

山海塾ファンさん、いつでもどうぞ♪
「卵熱」、アマゾンでも買えるんですねー。
86年収録だと、天児さんは30代……美しいだろうなぁ。
そのうちぽちっといっちゃいそうです(^^)。
一度、野外での山海塾を見てみたいです。

投稿: 綾瀬川 | 2009/12/09 03:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 卵熱:

« 松山というサンクチュアリ | トップページ | 松山の半分アップ/来年のカブキ »