« モーさま原画展 | トップページ | いろいろたいへん……かも »

2009/12/22

どりみねーしょん

Img_1204

 ある種、お約束的で「ふえー」なものですが、広島は平和大通りでも「ひろしまドリミネーション2009」なるものが行われておりました。
 電球からLEDに変わって樹木への負荷はだいぶ減ったといわれてるんですが、「夜明るい」ということについてのストレスは変わらない、との見方もあり。まあぢぶんとしては、それとは別に企画自体にやや食傷、というところではあるんですが。

Img_1203

 後ろ姿。そんなわけで、ちょっとしか写真は撮らなかったけれども、一応撮る(笑)。こちらの企画では、「今年のお話」を場面分けして、協賛企業が1場面ずつ作る、という方式です。
 これは最初の方、「一羽の白鶴がピース国にピースリーフを届けに現れ、王様がお礼に平和の種を運ぶ折り鶴を幸せのペガサスと正義のドラゴンと共に飛び立たせました」というところ。……おなかいっぱいなシチュエーションだなぁ。もうその「ピースなんとか」ってところで、うへぇ、というか。いかにも「オブジェ作りやすいものてんこもりのお話」みたいなんはなんとかならんのか。

Img_1205_3

 なのでお話から遠く離れて。これが最初の「白鶴」ってヤツです。タイトルは「愛の使い」。見た瞬間に「あ、どーぶつヨーチ」って思っちゃったんですが、写真だと上手く伝わらないかも。こんなヤツですね。小さい頃大好きでした。「ヨーチ」てなんなんだろな……。ちなみに「光のトンネル」という、人が通り抜けられるほどの白いトンネル(バラ園によくあるような)のもあったんですが、こちらは見た瞬間に「白銀?」(かまぼこ)かと。……年の瀬だし。

Img_1198

 おおっ、「火の鳥」ですよ! そもそも平和大通りのはしっこで、「クリスマスなのに火の鳥?!」ってとこから写真を撮り始めたんですけども。えーと、「フェニックスと命の滝」なのだそうです。ちなみに最初の折り鶴は「平和の羽ばたき」。……もう少しなんとかならんかな、ネーミング。

Img_1202

 「火の鳥」があれば「月」もある。なんだかわかりませんが。こちらは「空飛ぶ魔法のほうき」の一部。横(縦?)から見ると、かなり情けなかったです(正面向いた魚みたいなものね)。

 かなりの量と大きさなので壮観なのは確かです。平和大通りだけでなく、県庁あたりや本通りも飛び地の会場になってるみたいで、「お話」とは別個に楽しめるようです……ってか、だれも「お話」は気にしてないんじゃないだろか。そもそも、去年・一昨年と「お話」は違うけど展示物は同じなんじゃないだろか。それはそれで構わんと思うが。
 1月3日まで。
 

|

« モーさま原画展 | トップページ | いろいろたいへん……かも »

コメント

自己ツッコミレス。
ピースリーフを持ってくる動物ヨーチは「白鶴」じゃなくて「白鳩」だろうが……orz。
なに飲んでるんだか、ぢぶん。

投稿: 綾瀬川 | 2009/12/23 02:04

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101065/47083323

この記事へのトラックバック一覧です: どりみねーしょん:

« モーさま原画展 | トップページ | いろいろたいへん……かも »