« 拾ったチラシから | トップページ | 両手に花 »

2010/01/14

♪きんこんかんこんけんこー

 ガラのレポは途中だけど、例の「トンボ」について「アールヌーボーのようだ」と書こうとし、「あーるぬーぼー」と入力したのを(変換前ってことね)、ついつい「あーる田中一郎」と「ぬーぼー」に脳内分割し、しかも「ぬーぼー」は「地獄先生」ではなく、ジャミラがゆるキャラになったみたいな方(全然似てないだろ)だと思ったら、「地獄先生」は「ぬーぼー」じゃなくて「ぬーべー」だったり、もう、何がなんだか。

 でも「あーる」の妹は通称「アール・デコ」(本名は「R高峰秀子」か?)だから、そんなに離れてないよね。……とかとか。だってさぁ、いまだにリンドバーグの飛行機はインド洋まで飛んでっちゃうし、シューベルトのコンツェルトはシュールリアルに鳴り響くわけですよ、ぢぶんの頭ん中は。

  (両方試聴できます)

 さういうわけで(だういうわけだ)。年末にe-book某でほかのものを買って、送料無料にするために捕獲(あーるは「捕獲」だよなぁ)。2枚合わせて1200円ほどだったかと。
 ゆうきまさみと山本正之のコラボCD……といってもいいんだろうなぁ。「あーる」の連載当時、リアル高校生(←大学生でした。サバよんじゃったよ)だった上に、ほとんどああいう(どういう?)学生生活だったので、これがぢぶん的「正しい青春」。

 冒頭に揚げた「やあ。」であれ「あーるの歌」であれ、山本正之のあの節回し、そのすべての音符に無理なく歌詞を詰め込んだ、息をもつかせぬ(どこで息継ぎするんだ)たたみかけがたまりません♪
 そこに絶妙なぶっこわれ加減の塩沢兼人・神谷明・青野武の各氏のからみがね。「はっぴいぱらだいす」シリーズは、各曲よりもむしろブリッジ部分のアレンジが楽しかったりしますが、それでも青野さん@成原博士の「我は科学なり」の宣言はコワイ ( ̄ー ̄)ニヤリ vol.1の「でぃすいずなりはら」以降はアドリブなのかなぁ。

 ……それにしても、塩沢さんは若かったよ……(ノ_-。)。

 このアルバム、vol3はCD化されなかったのか、廃盤になったのか、これだけは未だに見つからず。「飯田線のバラード」が好きだったんだけどなぁ。

 あ、まだ「ヤマト」見にいってませんよ。真田さんの「世界征服、セーラー服!」を聞かなくちゃ(←ゆいませんよ)。

|

« 拾ったチラシから | トップページ | 両手に花 »

コメント

私は私を追放した学会に復讐してやるんだ!
世界征服の基礎はまず練馬から!!

投稿: ya-ya88 | 2010/01/14 22:05

途中で投げだしたりしたら、承知しませんことよ!!

 ……って、おじゃうさん、おじゃうさん ( ̄▽ ̄)

投稿: 綾瀬川 | 2010/01/14 23:27

明けまして…。冬休み&残務処理(?)がやっと終りました。
ワタクシは「清く正しい女子高生ライフ」を送っていたのであーるなんって知らなぁい。
って、サバを読んでたのね!
でも真田さんは好きだったなあ。他にもいろいろと・・・。
青野さんは御健在でうれしいです。早くヤマト見に行かなきゃ!

投稿: ばむ | 2010/01/15 08:51

お子の学校ライフもそろそろ軌道に乗ったところですかな。

サバねぇ。てっきり女子高ライフとかぶってたと思ったんだけどねぇ。
おっかしいなーー。

塩沢さんはなんぼなんでも早すぎでしたが、
あの頃トップ声優だった方が何人も鬼籍に入られてしまったので
青野さん健在はほんとに嬉しいですよね。

……って、今日、田の中さんも……orz。

投稿: 綾瀬川 | 2010/01/16 01:34

なつかしいですねー。
あと、ちょっと同時期?かどうかわかりませんが、
宇宙家族カールビンソンも思い出しちゃいました。
おとうさん(ゼブラマークみたいな)が大好きなんですよ。

塩沢さん。

ほんとに、塩沢さんには、もっともっと、、、という思いがいっぱいです。

投稿: おロシア人 | 2010/01/17 00:43

あー、カールビンソン観てないんです(T_T)。
サスライガーとオーガスで「あがり」というか
(サークルが忙しくなったのが主要な原因です)。

塩沢さんは、本当に。
酒飲みは階段には近づかないようにして欲しいくらいです。
あきらめがつかないですものね。

投稿: 綾瀬川 | 2010/01/17 02:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101065/47289256

この記事へのトラックバック一覧です: ♪きんこんかんこんけんこー:

« 拾ったチラシから | トップページ | 両手に花 »