« タチアーナとオネーギンの魅力(おいおい) | トップページ | ひとだんらく。 »

2010/04/14

ムールでタジン

100411_20370001 毎日毎日、「これなら土曜日は休んでダンチェンコいけるかな?」……「うううううう……orz」……「これなら……」の繰り返し。業量的に「すさまじく多い」というわけではないんだが、どうしたことか人が足りない。

 さて、閑話休題的に。日曜日は休養日。がんがん寝て、洗濯を2回やって、買い物行って、また寝て。土曜に野菜のパックも届いたので、おうちでタジンです。

 ……まああんまりおいしそうな写真じゃないけどな。ひき肉でカレーのつもりでスーパーに行ったらムール貝の安売りが! というわけで、こういうことに。貝と魚卵とキノコは好きでー♪ ムール貝はかさばる割りに量がないけどな(T_T)。

 タジンを焦がさないコツもなんとかわかってきました。要は、底に焦げ付かないもの(もやしとかキャベツとか白菜とか、水分が多く出るもの)を引けばいいんだな。というわけで、今回は写真では見えませんが、サニーレタスとさしみ菜を引いて、ムール貝、ゴボウ(右下の茶色いの)、ハタケシメジ、エリンギで、料理酒とイタリアンソルトミックス(塩とバジルやらなんやらがミックスされてる便利物)を振りかけて、火にかけておしまい。
 ムール貝の塩気で、底に敷いた葉物はちょっとしょっぱくあがってしまったけど、ゴボウやキノコはよい感じでありました。

 左上はサツマイモとレーズンをコンソメ煮に。もらいものの干しイチジクがめちゃ固くて歯にきそうだったので、一緒に煮てみました(茶色のタマネギ型の物体)。これは成功♪ 美味かったですー♪ 干し果物って、ある意味調味料だよなぁ。レーズンやプルーン、ココナツはいうに及ばず。今度カレーもやってみよう。……次のおうちごはんはまた日曜日かな。

|

« タチアーナとオネーギンの魅力(おいおい) | トップページ | ひとだんらく。 »

コメント

( ̄◇ ̄;)それはすごい!
---
昨夜のダンチェンコ、後半からモスクワ~!って感じで噴火しまして、とてもよかったです。
特にレドフスカヤのワルプル(長年の悲願であった正統なモスクワの!)+ コールドどっさり、がもう素晴らしいのなんのって。
これだけで行った甲斐がありました。

投稿: 矢羽 | 2010/04/14 06:17

サツマイモとレーズンをコンソメで!
赤ワインとか砂糖煮はやったことあるけれど・・・。
でも惣菜になりそうで美味しいかもぉ。
今度やってみよっと!プルーンが残ってるし。

投稿: ばむ | 2010/04/14 08:20

>矢羽師匠
テンションあがったようで何よりー♪
レドフスカヤ、エスメで観るので
好調そうなのも何よりです。楽しみ。
ワルプル、ロシア国立のと同じ版?

イチジク、丸ごと入れたので
ほんのりした甘味も中のプチプチ感もばっちり!
……って、「それ」ってのは「どれ」なんだ( ̄▽ ̄)

投稿: 綾瀬川 | 2010/04/14 23:15

>ばむさん
いや、総菜だから(笑)。
サツマイモとレーズンだとバター煮が定番ですが
カロリー上がるし、ナベ洗うの面倒だし。
ぢぶんはあっさり味が好きなので、
顆粒コンソメだけで煮てます(しかも薄め)。
固形ブイヨンで一人分だとからくなっちゃうので。
レーズンから甘味が出るからそれで充分なんだけど
男の子にはあっさりすぎかも(^^)。

……なんでもコンソメで煮れば洋風だと思っているぢぶん( ̄ー ̄)。

投稿: 綾瀬川 | 2010/04/14 23:23

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101065/48082042

この記事へのトラックバック一覧です: ムールでタジン:

« タチアーナとオネーギンの魅力(おいおい) | トップページ | ひとだんらく。 »