« 葵上・卒塔婆小町 | トップページ | 舞台映像に録られるもの »

2010/05/04

郷愁の調布グリーンホール

100429_14410001 4月29日、調布の空。

 調布駅は実のところ、23で家を出るまでの最寄り駅(といっても3キロ近くあるけどー)。中学から電車通学/通勤だったので、13の年から10年以上、毎日毎日自転車こいで通った駅。ちなみに「妊婦たらい回し事件」で記者会見を行った駅前の飯野病院(妊婦の受け入れ先を探し続けた方の病院)の2階で、ぢぶんは生まれた。母の病院到着から15分後。生まれる前からせっかちだったらしい。

 南口に降りて、かつては左に公民館があった。小学校経由での「推薦映画」枠があり、「時計は生きている」のような「空襲映画」や「赤い風船」などの名作短編を、学校から割引券をもらって見に行った。ほかにも定期的に映画の上映会をやっていて、「トランザム7000」だの「未知との遭遇」だの「トラック野郎」だのジャッキー・チェンだの、いくらだったかは忘れたが安かったので、中学生の頃には散々通った。

 右側に児童公園。これができた時、大ダコの形をした遊具(いわゆるタコ山)に「すげぇ!」とびっくりしたものだ。今でもそれはそのままそこにあり(塗り替えられてたけど)、子どもたちがたくさん登っていた。嬉しかった。その公園の裏側が、グリーンホール。南口から徒歩1分。
 
 調布グリーンホールのこけら落としの時は小学校の高学年で、学校からの割引券で「はだしのゲン」の実写版第1作を見た。以後、シンポジウムなどで使ったことはあるが、大ホールに入るのはそれ以来、実に……年ぶりというわけで、多分その頃からはリフォームされていることだろう。多分。椅子の張り替えくらいのことは。

 今回は松山とて、2階席3列目サブセンター(A席)。そういえば「はだしのゲン」の時もこの辺に座ったような(笑)。大ホールの定員は1307人で、2階式。座席の列番号が1階から2階へと通し番号になっているので、23列が2階の1列め。2階と舞台の距離はゆうぽうとの2階くらいかと。感覚としてはかつての新宿ピカデリーの2階、かも。2階前列でも傾斜角はかなりあります(ゆうぽうとの2階後列くらいかな)。ぢぶんの前は中学生かな? まだかな? くらいのお子さんでしたが、かなり前のめりになってもそれほど邪魔というわけではなかったです。

 ホール1階が建物2階(階段は外)になっていますが、建物1階のエレベータで上がることもできます。ホワイエは売店なし、飲み物の自動販売機あり。トイレは2階はほぼ中央部。数はそれなりにあり、「20分でダイジョブか?」と思うほどの列でしたが、ちゃんと余裕を持って捌けてました。1階は上手側に長蛇の列。下手側にもあったかどうかは未確認。喫煙は1階ベランダ(というか外)で可(←最近は場所の変更が多くてうろうろしちゃうよー)。

 ホールそのものがかなり古いですが、新しくできた「たづくり」のくすのきホールが500席オケピなしなので、リフォームしつつがんばって欲しいです。なくなると淋しいしなー(←出身者の郷愁)。

 余談。ロイヤルプラザでトイレをすませて行こうと思ったら、建物はあるものの、まるっきり形が変わっていてびっくらこ。トイレどこだよ! 仕方ないので、東急ストアで用足し。駅前なので飲食店もテイクアウトもそれなりにある。北口に回ればパルコの中にもある。調布銀座(これ)もがんばってるが、ぢぶんがインコを買った鳥屋(鳥専門のペットショップ)もまだ健在なようだ。そして北口といえば鬼太郎オブジェの「天神通り商店街」(←ここにあった黎紅堂だかYou&Iだかにもずいぶんお世話に)。そういえば、土曜に見た「ゲゲゲの女房」は、うちの近所でロケしてたな(←見ながら爆笑)。

|

« 葵上・卒塔婆小町 | トップページ | 舞台映像に録られるもの »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/101065/48261937

この記事へのトラックバック一覧です: 郷愁の調布グリーンホール:

« 葵上・卒塔婆小町 | トップページ | 舞台映像に録られるもの »